ahamoとpovoはどっちがおすすめ?何が違うか比較解説

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「ahamoとpovoの違いは?」
「ahamoとpovoはどっちが安い?」
「自分にはahamoとpovoどちらが合っている?」

ahamoとpovoはどちらもコスパが高いオンライン専用プランですが、どちらが自分に合っているのか悩んでいませんか?

ahamoはシンプルなワンプランでわかりやすく、一方povoは好きなオプションをトッピングとして追加できるのが特徴です。

ふじもん
ふじもん

できるだけ手間をかけずに使いたいならahamo、トッピングを追加して自分に最適なプランを使いたいならpovoを選びましょう。

なお多くの人はシンプルにコスパが高いahamoを選んでいますよ。

この記事ではahamoとpovoをデータ容量や料金で比較して、どちらがおすすめなのかを詳しく解説します。

ahamoとpovoを実際に使っているユーザーの口コミも紹介しているので、どちらのプランが良いか迷っている人はぜひ参考にしてください。

\おすすめの格安SIM/

ahamoとpovoはどっちがおすすめ?

ahamoとpovoはどっちがおすすめ?

ahamoとpovoがおすすめな人を解説します。

ahamoはシンプルな1プランで、月2,970円でデータ20GBと5分かけ放題がセットになっています。

一方povoは基本料金0円で、データ容量やかけ放題オプションを自由に選んで追加でき、自分に最適なプランにカスタマイズできます。

また基本料金が0円のpovoは、サブ回線として非常に優秀です。

ゆかり
ゆかり

どちらが良いのか迷っている人には、シンプルに使いやすいahamoがおすすめよ。

実際にahamoの方が契約者数も多く、多くの人はahamoを選んでいるわ。

それぞれのプランにおすすめの人を詳しく解説してくので、ご自身に最適なプランはどちらなのか比較してみましょう。

手間をかけずにシンプルに使いたいならahamoがおすすめ

手間をかけずにシンプルに使いたいならahamoがおすすめ

手間をかけずにシンプルにスマホを使いたい人には、ahamoがおすすめです。

povoはデータ容量や通話オプションを自分で選んで追加する必要がありますが、ahamoはプランにデータ20GBと5分かけ放題が含まれています。

データが20GBで足りない人や、24時間かけ放題を使いたい場合は、任意で追加できるオプションも用意されています。

ahamo月額料金
大盛り
オプション
1,980円
(+80GB)
1GB追加550円
24時間かけ放題1,100円
ポイ活
オプション
2,200円
smart
あんしん補償
330円〜1,100円

必要なオプションがあれば申し込みが必要ですが、povoのように毎回データ容量を追加するような手間はahamoではかかりません。

ゆかり
ゆかり

povoはデータ容量に有効期限があったり、使い切ったら都度トッピングが必要など、うまく使うにはコツが必要な格安SIMのマニア向け回線ね。

格安SIMの初心者の人には、シンプルでわかりやすいahamoがおすすめよ。

またサポート面についても、ahamoはオンライン専用プランでありながら契約時に有料(3,300円/1回)で店頭サポートしてくれます。

一方でpovoは契約時だけでなく全てのサポートがオンライン限定です。

格安SIM初心者で契約を自分で手続きするのが不安だという人も、ahamoを選びましょう。

ahamo
ahamoプラン
月額料金2,970円/20GB
4,950円/100GB
最低利用期間なし
キャンペーンdポイント
10,000円分
ahamo音声
通話料金30秒 / 22円
無料通話5分以内
無料
キャンペーンdポイント
10,000円分

ahamoは5分以内の国内通話は何度かけても無料なので、短時間の通話が多い人にもおすすめです。

また月1,100円でタブレットやサブスマホとデータ容量をシェアできるなど、幅広い使い方も可能です。

メリット

  • 通信速度制限時も1Mbpsで使用可能
  • 5G通信にも対応
  • 通信速度が遅くなりにくい

デメリット

  • 他の格安SIMと比べて料金が少し高め
  • 小容量に対応したプランがない

ahamoはドコモのサブブランドで、ドコモと同等の高品質な通信回線を、月2,970円の非常にコスパが高い料金で利用できます。

また月1,980円の「大盛りオプション」を追加すれば月100GBまでデータが使えるようになり、大容量プランをできるだけ安く使いたい人にもおすすめの格安SIMです。

トッピングで自由にオプションを追加したいならpovo

トッピングで自由にオプションを追加したいならpovo

多種多様なトッピングを自分の好きなようにカスタマイズして、最適なプランを作りたい人はpovoを選びましょう。

povoの基本料は0円で、データ容量や通話サービスなど自分に必要なものを選択して自由に追加できます。

なおpovoのトッピングには有効期限があるので、必要最低限のものだけをその都度選んで追加しましょう。

トッピング料金有効期限
データ
使い放題
330円24時間
1GB390円7日間
3GB990円30日間
20GB2,700円30日間
60GB6,490円90日間
150GB12,980円180日間
300GB9,834円90日間
5分かけ放題550円月単位
通話かけ放題1,650円月単位

povoは何もトッピングしていない状態でも、最大128kbpsでデータ通信が可能です。

また通話オプションをつけていなくても着信はできますし、30秒あたり22円で電話をかけることも可能です。

こうじ
こうじ

データ通信はWi-Fiを利用してトッピングはせず、かけ放題だけを追加して音声通話専用としても利用できるよ。

povoをうまく使えば、必要な機能だけが使える理想のプランを作れるんだ。

なお180日間何もトッピングを購入しない場合、強制解約される可能性もあるので注意してください。

回線だけを維持したい場合であっても、半年に1回はトッピングを追加するようにしましょう。

povoはサブ回線としての利用にもおすすめ

povoはサブ回線としての利用にもおすすめ

基本料が0円であるpovoは、サブ回線としての利用にもピッタリです。

キャリアの通信障害や災害時のいざという時に、電波が繋がらなくて困ったという経験をしたことがある人も多いでしょう。

そんな時にサブ回線としてpovoを持っていれば、困った時だけ必要なトッピングを購入すればいいのでとても便利です。

ふじもん
ふじもん

実際に私もデュアルSIMでサブ回線にpovoを利用しています。

メイン回線のデータが足りなくなった時や、電波が繋がりにくい時にトッピングを追加して、とても便利に使っていますよ。

なおpovoをサブ回線として使う場合は、メインの回線はauやUQモバイル以外の回線がおすすめです。

povoはau回線なので、同じau回線のサービスを使うと通信障害が起こった際に、メインとサブ両方の回線が使えなくなるので注意しましょう。

ahamoとpovoを8つのポイントで比較

ahamoとpovoを8つのポイントで比較

ahamoとpovoの違いを、料金やデータ容量など8つのポイントで比較します。

項目ahamopovo
月額料金2,970円0円~
データ容量20GB/100GB1GB
速度制限後の
通信速度
最大1Mbps最大128kbps
通話OP
月額料金
5分かけ放題:無料
24時間かけ放題:1,100円
5分かけ放題:550円
24時間かけ放題:1,650円
サポートオンラインのみ
(契約時のみ店頭でサポート)
オンラインのみ
キャンペーンdポイント
アーティストコラボ
auPAY残高
トッピング割引
支払い方法クレジットカード
口座振替
dポイント
クレジットカード
口座振替
銀行振込
コンビニ払い
海外利用91の国や地域で
そのまま利用可能
160以上の国や地域で
有料でトッピング

ahamoとpovoの違いをポイント別に詳しく解説するので、どちらにしようか迷っている人はぜひ参考にしてください。

月額料金で比較

安く使いたいならpovo

とにかく料金の安さを重視する人は、povoを選びましょう。

povoは基本料0円なので使わない時はトッピングせず、0円のまま電話番号を維持することができます。

またahamoはあまりデータを使わない人でも月2,970円ですが、povoは1GBを390円で利用できるため、データ消費量が少ない人にもおすすめです。

データ容量ahamopovo
1GB390円
(7日間)
3GB990円
(30日間)
20GB2,970円2,700円
(30日間)
100GB4,950円
(オプション追加)
データ
使い放題
330円
(24時間)
5分かけ放題無料550円/月
24時間かけ放題1,100円/月1,650円/月

データ20GBの料金もahamoが2,970円、povoが2,700円なのでpovoの方が安いです。

ただしpovoでahamoと同じデータ20GB、5分かけ放題を加えると3,250円と、ahamoより高くなるので、セットで利用するならahamoを選びましょう。

料金内訳ahamopovo
20GB2,970円2,700円
5分かけ放題無料550円
合計2,970円3,250円

とはいえデータ通信が少ない人はpovoの方が断然安く使えるので、とことん料金を重視するならahamoよりもpovoを選んで間違いありません。

データ容量で比較

povoはデータ容量の選択肢が豊富

データ容量の選択肢が多いのはpovoです。

povoはデータ容量1GBから24時間限定の使い放題まで、さまざまなトッピングが用意されています。

一方でahamoは標準で20GB、大盛りオプション追加で100GBまでの2種類のみで、単純にデータ20GBの料金を比較してもpovoの方が安いです。

データ容量ahamopovo
1GB390円
(7日間)
3GB990円
(30日間)
20GB2,970円2,700円
(30日間)
60GB6,490円
(90日間)
100GB4,950円
150GB12,980円
(180日間)
データ使い放題330円
(24時間)
データ使い放題
7日間×12回分
9,834円

なお選べるデータ容量が豊富でahamoよりも安いのがpovoのメリットですが、データの購入手続きが必要なことや、購入したデータに有効期限があるデメリットもあります。

こうじ
こうじ

povoを使うなら無駄がないように使うデータ容量を把握したり、有効期限をしっかりと覚えておく必要があるるよ。

安く使えるのはpovoだけど、データ量や有効期限の管理が面倒だと感じた人はahamoを選ぼうね!

制限後の速度で比較

ahamoなら速度制限後も最大1Mbpsで通信可能

使えるデータ容量を使い切った後の、制限後の速度はahamoの方が速いです。

ahamoは制限後も最大1Mbpsでデータ通信が可能ですが、povoは最大128kbpsです。

たかし
たかし

最大1Mbpsならネット検索やメールはもちろん、YouTubeの標準画質もストレスなく視聴できるよ。

一方でpovoの最大128kbpsはかなり遅く、メールやLINEでのテキストのやり取りが精一杯だよ。

データを使い切った後も快適にオンラインに繋ぎたいなら、povoよりもahamoを選びましょう。

なお通信速度が制限された後でも、標準通話アプリでの通話は問題なく使えるので安心してください。

通話サービスで比較

ahamoは通話オプションが安い

通話サービスを重視する人にはahamoがおすすめです。

ahamoは5分かけ放題がプランに含まれていますし、24時間かけ放題も月1,100円で追加できます。

一方povoは5分かけ放題は追加トッピングが必要で、24時間かけ放題の料金もahamoより高いです。

通話OP
月額料金
ahamopovo
5分かけ放題無料550円
24時間かけ放題1,100円1,650円

データ通信に加えて、できるだけ通話料金を安くしたい人はpovoよりもahamoを選択しましょう。

ひろみ
ひろみ

ただしpovoは通話トッピングのみで利用して、データを購入せず通話専用機として使うこともできるわ。

デュアルSIMや複数端末でデータと通話を上手に使い分けることができる人は、povoの方が合っているかもしれないわね。

なおpovoには「留守番電話」や「着信転送サービス」がありますが、ahamoにはありません。

仕事などでどうしても留守番電話や着信転送サービスが必要な人はpovoを選びましょう。

サポートで比較

ahamoは契約時のみ有料で店頭サポートあり

サポートについてはahamoとpovoどちらも基本的にオンラインでのチャット対応ですが、ahamoは契約時のみ店頭でサポートしてくれます。

ただしahamoは契約時に限り、ドコモショップ店頭で有料サポートが可能です。

またどちらのサービスも電話でのサポートは行なっていません。

サポートahamopovo
ショップ店頭契約サポートのみ
(3,300円/1回)
オンライン
チャット
オペレーター/
チャットボット
オペレーター/
チャットボット
電話

ahamoであっても契約後のアフターサポートは店頭で受け付けていません。

そのためどうしてもトラブルのサポートやスマホの操作案内が必要な人は、楽天モバイルやUQモバイルなど、ショップでサポート可能な格安SIMを選択しましょう。

けんた
けんた

今はほとんどのキャリアや格安SIMで、オンラインサポートが主流だよ。

チャットもAIではなくオペレーターが対応してくれるサービスも多いし、オンラインマニュアルも充実しているから、店頭でのサポートがなくてもそれほど困ることはないから安心してね!

キャンペーンで比較

どちらもお得なキャンペーンを実施中

ahamoとpovoでは、キャンペーンでもらえるポイントの種類が異なります。

dポイントで還元されたいならahamo、auPAY残高が欲しいならpovoを選びましょう。

またahamoではアーティストやVtuberとのコラボ特典、povoではトッピングを安く購入できるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンahamopovo
進呈ポイントdポイントauPAY残高
その他有名アーティストとの
コラボ特典

ahamoポイ活
トッピング割引

auスマートパス
加入特典

なお開催されるキャンペーンは随時変わるので、ahamoやpovoの契約を検討している人は、最新の情報をしっかりとチェックしておきましょう。

支払い方法で比較

支払い方法で比較

支払い方法が豊富なのはpovoです。

ahamoもpovoも基本的にはクレジットカードでの支払いがメインですが、povoは「ペイディ後払い」を使うことで、口座振替やコンビニ払いを利用できます。

povoを契約したいけどクレジットカードを持っていない人は、ペイディで料金を支払いましょう。

支払い方法ahamopovo
クレジット
カード
口座振替
(ペイディ)
銀行振込
(ペイディ)
コンビニ払い
(ペイディ)
ポイント充当dポイント
その他ドコモ回線と
一括請求
(既存のみ)
ペイディ後払い

なおahamoはクレジットカードと口座振替で支払いができ、貯まっているdポイントを充当することもできます。

またドコモですでに一括請求サービスを利用している人のみ、ahamoに変えた後もそのままドコモ回線と一括で支払うことも可能です。

なおペイディを利用する際は、コンビニ払いに最大390円の手数料がかかることに注意しましょう。

海外での利用で比較

海外利用ならahamoが便利

海外で利用することが多いなら、ahamoを選びましょう。

ahamoは追加料金なしで、海外91の国や地域でデータ通信(ローミング)を利用できます。

こうじ
こうじ

ahamoの海外利用は申し込みの必要もなく、国内でのデータ20GBをそのまま使うことができるよ。

ただし大盛りオプションを追加していても使えるのは20GBまでだから注意しよう!

なおpovoも160以上の国や地域でデータを利用できますが、都度トッピングの購入が必要です。

主な海外
トッピング
データ容量料金有効期限
90以上の
国や地域
3GB4,280円7日間
韓国3GB2,000円7日間
アメリカ3GB2,260円7日間
ヨーロッパ3GB2,430円7日間
台湾3GB1,980円7日間

povoの海外データトッピングは渡航先の国や地域によって料金が変わりますが、料金はかなり高いです。

ahamoなら申し込みなし、追加料金なしで利用できるので、海外に行くことが多い人にはahamoがおすすめです。

ahamoの口コミや評判

ahamoの口コミや評判

ここでは実際にahamoを利用しているユーザーの口コミや評判を紹介します。

ahamo大盛りオプションにしててよかった。(データ67GB利用)

引用元:X(旧Twitter)

はーい、ahamoだけど、SIMもWi-Fiも借りたりしなくても普通にそのまま海外で使えますよ!釜山、ソウルどちらもサクサクです!

引用元:X(旧Twitter)

ahamoはパリ、ルマン、トゥール、アンボワーズ、ルーアン、アブダビどこでも問題なく使えた。役立つ。 だがなぜ千葉ニュータウン中央でつまる…

引用元:X(旧Twitter)

ahamoの口コミでは、大盛りオプションで100GBまで使えることや、面倒な手続き不要でそのまま海外で利用できる点が人気です。

一方で、繋がりづらさを指摘する声もありました。

人の多いエキスポシティで povoの基本0円プランに負けるahamoちゃん プランは最高やけど繋がりづらすぎる

引用元:X(旧Twitter)

最近ドコモ回線は繋がりづらいと言われることもありますが、ドコモの設備投資の結果、かなり改善されてきています。

ただしまだまだ繋がりにくい地域も残っているので、ご自身が住む地域でahamoを快適に使えるのかは、口コミや評判をチェックしてしっかりと確認しておきましょう。

povoの口コミや評判

povoの口コミや評判

続いて実際にpovoを利用している人の口コミや評判を紹介します。

地下で急にahamoが圏外になって焦った povoに切り替えて何とかなった 副回線入れてて良かった

引用元:X(旧Twitter)

自宅ではwifiを使ってるので気づかなかったけど、最近自宅が5Gのエリアになってた。povo2.0だけど下りは127Mbpsとまあまあ速い。上りはちょっと遅いな。

引用元:X(旧Twitter)

メインUQモバイル、ギガ足りなくなった時ようにpovo回線もいれてるんだけど、 povoの今やってる1年間1テラのやつめちゃくちゃ安いよね? 1ヵ月85ギガ計算で月々3200円くらいでしょ? ギガオーバーしやすい私、切り替えようかな。。

引用元:X(旧Twitter)

基本料0円のpovoは、やはりサブ回線としてかなり人気です。

念のためメインの回線とは別に契約しておいて、電波が繋がりづらい時やデータ容量が足りなくなった時に利用して助かったという意見が多く見られました。

あるあるなやつですw 常設のだと20GB30日2700円などですが、よく色々なトッピングがセール価格になったりしてますねー うまく活用すれば安い。 それらが面倒くさい人には向かないけど

引用元:X(旧Twitter)

ただしトッピングの種類が多いことに加え、期間限定のトッピングや急なセール価格など、料金体系が複雑な点が人を選ぶといった意見もありました。

こまめにチェックできる性格の人にはpovoが向いていますが、ほったらかしで楽に使いたいという人にはpovoよりahamoの方がおすすめです。

ahamoとpovoの違いによくある質問

よくある質問

ahamoとpovoによくある質問をまとめました。

ahamoがおすすめなのはどんな人ですか?
ahamoはわかりやすいワンプランのみで20GB使えます。
大盛りオプションを追加すれば100GBまで使えるので自分のライフスタイルに合う方を選びましょう。
5分通話定額が含まれているので、問い合わせや予約などちょっとした通話が多い人にぴったりです。
ahamoはシンプルさが最大のメリットなので、手間をかけずに使いたい人におすすめです。
>> ahamoがおすすめの人を見る
povoが向いているのはどのような人ですか?
povoは豊富なトッピングを自分で選んでプランをカスタマイズできる人に向いています。
自分に必要なものだけを購入するので無駄がなく、うまく利用すればかなり安く利用できます。
ただしトッピングの追加購入や有効期限の管理が面倒な人には向いていません。
>> povoがおすすめの人を見る
ahamoとpovoでキャンペーンの違いはありますか?
ahamoは乗り換えキャンペーンでdポイント、povoはauPAY残高が進呈されます。どちらのポイントを利用するかで、サービスを選びましょう。
またahamoはアイドルやアーティストとのコラボ特典、povoには期間限定のトッピング割引もあります。
キャンペーンは随時変わるので、最新の情報をチェックしましょう。
>> キャンペーンの違いを詳しく見る
ahamoとpovoのサポートの違いは?
ahamoもpovoも有人チャットとチャットボットでオンラインサポートに対応しています。
なおahamoのみ契約時のみ有料で店頭サポートも受けられます。
自分で契約手続きをするのが不安な人はahamoを選びましょう。
>> サポートの違いを詳しく見る
海外で使うならどちらが良いですか?
海外で使うなら断然ahamoがおすすめです。
ahamoなら申し込みや追加料金不要で、データ20GBをそのまま海外でも利用できます。一方でpovoの海外データトッピングは高額なので、海外で使うならahamoを選びましょう。
>> 海外での利用の違いを詳しく見る
ahamoとpovoは併用して使えますか?
ahamoとpovoは併用可能です。
ahamoはドコモ回線、povoはau回線なので異なる回線を持つことは通信障害対策としておすすめです。
また、povoは基本料0円なのでサブ回線に最適の格安SImです。
普段はahamoをメイン回線として使い、ahamoのデータ容量を使い切った時や電波が繋がらない時にpovoにトッピングすれば料金を抑えつつ、便利にデュアルSIMを使えます。

まとめ

最後にahamoとpovoについておさらいします。

  • 手間をかけずにシンプルに使うならahamo
  • トッピングでプランを自由にカスタマイズしたいならpovo
  • 多くの人は手間がかからずそのままでコスパが高いahamoを選んでいる

基本料が0円のpovoはトッピングをうまく使うことで、自分に最適なプランをカスタマイズできます。

ただし都度トッピングを購入する手間がかかったり、トッピングの有効期限を管理する必要があるため、少しでも面倒だと感じたらahamoを選びましょう。

ahamoはシンプルな1プランで、月2,970円でデータ20GBと5分かけ放題の必要最低限の機能が備わっています。

ふじもん
ふじもん

実際povoよりもahamoの方が契約者も多く、ほとんどの人はそのままでコスパが高いahamoを選んでいます。

迷ったらahamoを選んで間違いありませんよ。

今ならahamoへの乗り換えで大量のdポイントがもらえるキャンペーンを実施しているので、この機会を逃さずにお得に乗り換えをしましょう。

本記事を参考にしていただき、ご自身に最適なサービスを選んでくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。