LINEMOのミニプランとスマホプランの違いを解説!どっちがおすすめ?

LINEMOミニプラン

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「LINEMOの料金プランの違いは?」
「ミニプランとスマホプランはどっちがおすすめ?」
「他社と比較して安い?」

LINEMOには、3GB 990円のミニプランと20GB 2,728円のスマホプランがあります。

どちらのプランが自分に合っているのか知っておきたいですよね。

ふじもん
ふじもん

ミニプランはライトユーザー向け、スマホプランは動画視聴やゲームも日常的に使う人向けです。

ただし、2024年7月下旬以降の申し込みでは新プランのLINEMOベストプランが適用されます。

本記事ではLINEMOのプランの違いについて解説します。

他社の料金プランとの比較や、2024年7月下旬から提供されるLINEMOベストプランの紹介もしているのでプラン選びの参考にしてください。

2024年6月27日 最新情報

2024年7月下旬からLINEMOの新料金プラン「LINEMOベストプラン」が提供開始されます。

新プラン提供開始に伴い、現行のミニプラン・スマホプランは7月下旬で新規受付終了します。詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。

最大1万ポイント進呈

LINEMOのミニプランとスマホプランの違い

LINEMOのミニプランとスマホプランの違い

LINEMOのミニプランとスマホプランは、容量や月額料金以外にも違いがあります。

ミニプランスマホプラン
データ容量3GB20GB
月額料金990円2,728円
キャンペーンPayPayポイント
5,940円
PayPayポイント
10,000円
速度制限300kbps1Mbps
LINEスタンプ
プレミアム
対象外対象

プラン選びの際は基本的にはデータ容量と月額料金を重視しておいて問題ありませんが、ミニプランとスマホプランでは適用されるキャンペーンやデータ容量を使い切った後の制限速度に違いがあります。

プランによる違いを知って、失敗なくLINEMOに申し込みましょう。

データ容量と月額料金が違う

LINEMOのミニプランとスマホプランでは、1カ月で使えるデータ容量と月額料金が異なります。

ミニプランスマホプラン
データ容量3GB20GB
月額料金990円2,728円

現在利用中のスマホキャリアで使っているデータ容量を事前に確認しておきましょう。

使えるキャンペーンが違う

使えるキャンペーンが違う

LINEMOはキャンペーンが豊富にありますが、プランによって使えるキャンペーンが違います。

キャンペーンミニプランスマホプラン
PayPayポイント
プレゼントキャンペーン
5,940ポイント10,000ポイント
LINEMOおかえりだモン
キャンペーン
2,000ポイント4,000ポイント

PayPayポイントがもらえるキャンペーンでは付与される金額が異なり、月額料金が高い分スマホプランの方がキャッシュバックが多いです。

ただし、PayPayポイントの受け取り前にプランを変更すると、付与される金額が減ったりキャッシュバックの対象外になるので注意しましょう。

けんた
けんた

PayPayポイントの受け取り時期は5~7カ月後が多いよ。

データ容量を使い切った後の制限速度が違う

データ容量を使い切った後の制限速度が違う

LINEMOでは、データ容量を使い切ると速度制限がかかります。

ミニプランスマホプラン
速度制限300kbps1Mbps

1MbpsあればWeb検索・メール・SNSくらいなら使えますが、300kbpsでは何をするにもストレスを感じる速度です。

300kbps1Mbps
メール受信  
Web検索  
X  
LINE  
Instagram 
動画視聴 
音楽アプリ  
漫画アプリ 

スマホプランなら速度制限がかかってもデータチャージせずに最低限の利用が可能ですが、ミニプランで速度制限がかかかるとほぼ使い物になりません。

こうじ
こうじ

速度制限後もLINEアプリだけは制限なく使えるから、連絡手段に困ることはないんだ。

LINEスタンププレミアムの無料特典が違う

LINEスタンププレミアムの無料特典が違う

スマホプランでは、「LINEスタンププレミアム」のベーシックコースを無料で利用できます。

LINEスタンププレミアムとは

1,000万種類以上のスタンプや絵文字が使い放題になるサブスクリプションサービスです。
通常、ベーシックコースは月額240円かかりますが、スマホプランなら無料です。

LINEスタンププレミアムはスマホプランのみ対象のサービスなので、ミニプランで利用する場合は別途月額利用料が必要です。

7月下旬から始まるLINEMOベストプランとの違いは?

7月下旬から始まるベストプランとの違いは?

LINEMOでは2024年7月下旬から新プラン「LINEMOベストプラン」の提供が開始されるため、LINEMOベストプラン提供開始以降は現行のミニプラン・スマホプランの新規受付は終了します。

2024年6月14日~ 10GB 990円キャンペーン開始

ミニプランをこれから契約またはすでに契約中のユーザーが「LINEMOベストプラン発売記念キャンペーン!」にエントリーすると2024年7月下旬から9月末まで10GB 990円で利用可能です。

キャンペーン終了後は、エントリーしたユーザーのみLINEMOベストプランに自動移行します。

「LINEMOベストプラン発売記念キャンペーン!」は、LINEMOベストプランへの移行を条件としたミニプラン対象のキャンペーンです。

LINEMOベストプランの提供開始は7月下旬ですが、キャンペーンにエントリーした場合は9月末まで割引が適用されているので10月1日からプラン移行します。

ベストプランキャンペーン

スマホプランではエントリーできないので注意しましょう。

LINEMOベストプランには3~10GB向けの「LINEMOベストプラン」と20~30GB向けの「LINEMOベストプランV」があります。

ミニプランLINEMO
ベストプラン
容量
料金
3GB:990円3GB:990円
10GB:2,090円
制限速度300kbps10~15GB超過後:300kbps
15GB超過後:128kbps

LINEMOベストプランは使用したデータ容量によって料金が変わります。

毎月のデータ使用量が3~10GB以下の人に特におすすめです。

LINEMOにはデータ通信量の上限を設定する機能はない

3GB以下の使用ならミニプランと同じ990円で使えますが、3GB使用後に制限がかかるような機能は今のところありません。

3GB以上データを消費すると自動的に料金があがるので、データ容量の残量をこまめに確認しましょう。

たかし
たかし

Android端末の場合「データ使用量を制限」をオンにすると一定量でモバイルデータ通信を制限できるけど、正確性に欠けるからあまり意味がないんだ。

また、ミニプランとLINEMOベストプランでは速度制限後の最大通信速度も異なります。

15GB超過後は128kbpsに制限されてほぼ何もできなくなるのでデータチャージが必要です。

スマホプランLINEMO
ベストプランV
容量
料金
20GB:2,728円20GB:2,970円
30GB:3,960円
通話料22円 / 30秒5分 / 回以内の
国内通話無料
制限速度1Mbps30~45GB超過後:1Mbps
45GB超過後:128kbps
LINEスタンプ
プレミアム
対象対象外

LINEMOベストプランVでは20~30GB使用できるので、スマホプランより10GB多く使えるようになります。

スマホプランより20GB使用時の月額料金は242円値上がりしますが、1回5分以内の国内通話無料も含まれているので通話も通信も多い人には特におすすめです。

たかし
たかし

5分以内国内通話無料オプションは通常550円だけど、ベストプランVなら242円で使えるから308円お得!

LINEMOにはデータ通信量の上限を設定する機能はない

20GB以上データを消費すると自動的に料金が上がるので、データ容量の残量をこまめに確認しましょう。

今のところ、通信量の上限を設定する機能はありません。

また、LINEMOベストプランVはLINEスタンププレミアムの月額料金無料の対象外なので、サービスを利用したい場合は別途月額料金が必要です。


すでにLINEMOを契約中のユーザーは引き続きミニプランおよびスマホプランを利用できますが、一度LINEMOベストプランに移行するとプランは戻せないので注意しましょう。

LINEMOミニプランとスマホプランの共通ポイント

LINEMOミニプランとスマホプランの共通ポイント

LINEMOのミニプランとスマホプランには共通の利用条件も多数あります。

順番に見ていきましょう。

LINEギガフリーの対応

LINEギガフリーの対応

ミニプランもスマホプランもLINEギガフリーに対応しています。

LINEギガフリーとは

LINEMOでは、LINEアプリのトーク・音声通話・ビデオ電話使用時のデータ消費ゼロで利用できます。
速度制限がかかってもLINEアプリの通信速度は落ちないので連絡手段に困りません。

ただし、LINEアプリ内のすべての機能がLINEギガフリーになるわけではありません。

▼LINEギガフリー対象外の機能

  • トークでの位置情報の共有
  • Liveの利用
  • ニュース記事詳細の閲覧
  • OpenChatの利用
  • スタンプショップの利用
  • 着せかえショップの利用
  • 他社サイトへの接続
  • 他社アプリへの遷移など
ひろみ
ひろみ

速度制限がかかってもLINEが使えるなら安心よね。

通話料や通話オプション料

通話料や通話オプション料
料金
通話料22円 / 30秒
通話準定額
5分以内の国内通話無料
月額550円
通話定額
国内通話無料
月額1,650円
留守電パック月額220円
SMS送信料3.3円 / 1通

ミニプラン・スマホプランの通話料やかけ放題などの通話オプション料金は共通です。

通話オプション割引キャンペーン2の適用

通話オプション割引キャンペーン2の適用

LINEMOには2種類の通話オプションがあり、ミニプラン・スマホプラン共にLINEMO契約から最大7カ月間毎月550円割引されます。

通話準定額
(5分以内無料)
通話定額
(かけ放題)
月額料金550円1,650円
割引後0円1,100円

通話オプション割引キャンペーン2は契約月から無料期間がカウントされるので、LINEMOとの同時申し込みが一番お得です。

データチャージの金額

データチャージの金額

LINEMOではデータ容量を使い切って速度制限がかかった場合は、1GB 550円でデータチャージすると制限が解除されます。

データチャージの料金はミニプラン・スマホプランとも共通です。

データチャージは割高なので、ミニプランで何度もチャージするならスマホプランに切り替えたほうがお得に使えます。

データチャージミニプラン
3GB 990円
1GB1,540円
2GB2,090円
3GB2,640円
4GB3,190円
スマホプランより
462円割高

5Gへの対応

ミニプラン、スマホプラン共に5Gに対応しています。

追加料金も不要です。

LINEMOの速度
けんた
けんた

ミニプランで通信速度を測ってみたよ。

5Gだと光回線並みの速度が出るから快適に使えるし、4Gでも動画やゲームがストレスフリーでできるんだ。

テザリングの利用

テザリングの利用

ミニプラン・スマホプランのどちらもテザリングに対応しています。

ただし、パソコンでテザリングする場合はスマホよりデータ消費量が多くなります。

ミニプランではすぐに容量を使い切ってしまうので注意しましょう。

eSIMの対応

eSIMの対応

ミニプラン・スマホプランのどちらもeSIMに対応しています。

eSIMとは

通信事業者からインターネット経由でスマホ本体に契約情報を書き込めるスマホ一体型のSIMです。

SIMカードの到着を待つ必要がないので、申し込みの時間帯によっては即日の開通もできます。

ただし、スマホ本体がeSIMに対応していないと使えないので事前に確認しておきましょう。

ゆかり
ゆかり

eSIMは即日開通できるだけでなく、SIMカードのように差し替えの手間もカードの破損リスクもないからおすすめよ。

LINEMOミニプランとスマホプランのおすすめの人

LINEMOミニプランとスマホプランのおすすめの人

「LINEMOのミニプランとスマホプランのどちらが合っているかわからない」と迷っている人も多いと思います。

順番に見ていきましょう。

ミニプランがおすすめの人

ミニプランがおすすめの人

スマホの利用が必要最低限の人にはミニプランがおすすめです。

ミニプランがおすすめの人
  • 1カ月のデータ通信量が3GB以下
  • なるべく料金を抑えたい
  • LINEをよく使う
  • デュアルSIMを検討中
  • 子ども用に契約したい

ミニプランは、SNS・メール・Web検索などがメインのライトユーザー向きのプランです。

LINEギガフリーにも対応しており、速度制限がかかっても連絡手段には困りません。

月額990円で使えて通信費を節約できるので、デュアルSIMや子ども用のスマホを検討している人にもピッタリです。

スマホプランがおすすめの人

スマホプランがおすすめの人

移動中や休憩中によくスマホを使う人はスマホプランがおすすめです。

スマホプランがおすすめの人
  • 1カ月のデータ通信量が20GB以下
  • 動画視聴やオンラインゲームをよくする
  • テザリングを使いたい
  • PayPayポイントをたくさんもらいたい

スマホプランは1カ月で20GB使えるので、スマホゲームや動画視聴が多めの人でも安心して利用できます。

また、スマホプランはPayPayポイントのキャッシュバック金額が多いので、ポイントがたくさん欲しい人はキャンペーンを活用しましょう。

LINEMOは他社と比べてどれくらいお得?

LINEMOは他社と比べてどれくらいお得?

LINEMOと他社の料金を比較しました。

順番に見ていきましょう。

3GBのプランで比較

3GBのプランで比較

他社の3GBプランと比較すると、LINEMOのミニプランは高くもなく安くもなく平均的な料金設定です。

3GBプラン月額料金昼間の
通信速度
HISモバイル770円5Mbps
NUROモバイル792円20Mbps
irumo880円
(割引適用後)
16Mbps
LINEMO990円57Mbps
povo990円112Mbps
楽天モバイル1,078円77Mbps
イオンモバイル1,078円9Mbps
BIGLOBEモバイル1,320円3Mbps

HISモバイルとNUROモバイルは3GB 700円台と業界最安級ですが、自社回線を持っていないため昼12時台の通信速度が遅いというデメリットがあります。

LINEMOは時間帯によって速度が著しく落ちることはないので、200円程度の差ならLINEMOはコスパ良く快適に使えておすすめです。

LINEMO
LINEMOプラン
月額料金990円/3GB
2,728円/20GB
最低利用期間なし
キャンペーン5分以内の通話
7ヵ月目まで無料
LINEMO音声
通話料金30秒 / 22円
無料通話550円/5分かけ放題
1,650円/時間無制限
キャンペーン5分以内の通話
7ヵ月目まで無料

LINEMOのプランは、ミニプラン(3GB)とスマホプラン(20GB)の2種類です。

なんといってもLINE通話が無料で使い放題のLINEギガフリーが最大の特徴です。

メリット

  • LINE関連のデータが無料になる
  • 5G通信にも対応
  • 通信速度が遅くなりにくい

デメリット

  • プランが2種類しかない
  • 端末とセットで購入できない

LINEMOは超人気の格安SIMです。少しでも料金を安くしたい人はミニプラン、LINEスタンプを大量に追加たい人は「LINEスタンププレミアム」が使えるスマホプランがおすすめです。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

20GBのプランで比較

20GBのプランで比較

他社の20GBプランと比較すると、LINEMOのスマホプランはあまり安くありません。

20GBプラン月額料金昼間の
通信速度
IIJmio2,000円13Mbps
楽天モバイル2,178円77Mbps
mineo2,178円19Mbps
ワイモバイル2,178円
(割引適用後)
62Mbps
povo2,700円112Mbps
LINEMO2,728円57Mbps
ahamo2,970円
(5分無料通話付)
64Mbps
UQモバイル3,278円
(10分無料通話付)
59Mbps

3GBプラン同様、自社回線を持っていないIIJmioやmineoでは昼間の通信速度が遅くなります。

コスパで選ぶなら、通話料無料で使える楽天モバイルがお得です。

楽天モバイル
楽天モバイルプラン
月額料金1,078円/3GB
2,178円/20GB
3,278円/無制限
最低利用期間なし
キャンペーン家族や友達に紹介
最大20,000ポイント
楽天モバイル音声
通話料金30秒 / 22円
無料通話1,100円/15分かけ放題
キャンペーン家族や友達に紹介
最大20,000ポイント

楽天モバイルの料金プランは「段階性」で、データ消費が3GB未満の場合は1,078円で、たくさん使っても3,278円なので、データをたくさん消費する人にとっては、ものすごく安いのでおすすめです。

しかもテザリングも無料なので、Rakuten WiFi PocketのようなモバイルWiFi代わりとしても活用できるので、ビジネスマンに大変評価が高いです。

「通信品質が悪い」「人口密集地だと繋がりにくい」と言われていた時代もありましたが、現在は対応エリアも広がり問題なく使えているし、おてがるネット編集部スタッフの半分以上が契約しているような格安SIMです。

メリット

  • 新型iPhoneも契約可能
  • テザリングも無料
  • データは実質無制限

デメリット

  • 過去は評判が良くなかった
  • 会社の業績が心配

唯一の懸念とも言われるのが、楽天株式会社の業績不振により、本当に楽天モバイルは大丈夫なの?という運営会社に対しての不安があります。

ただサービス自体の評価は高いので、スマホ料金を安くして、さらにデータを気にすることなく使いたいという人にはおすすめのサービスです。乗換なら三木谷キャンペーンを活用するのがおすすめです。

LINEMOのプランによくある質問

よくある質問

LINEMOミニプランとスマホプランによくある質問をまとめました。

LINEMOのミニプランとスマホプランの違いは何?
一番大きな違いはデータ容量と月額料金で、ミニプランは3GB 990円、スマホプランは20GB 2,728円です。
その他には速度制限時の通信速度やLINEスタンププレミアムの有無、適用されるキャンペーンが異なります。
>> LINEMOのミニプランとスマホプランの違いを見る
LINEMOミニプランのデメリットは?
データ容量を使い切った後の速度制限が300kbpsと遅いのがデメリットです。
300kbpsではネットの利用がほぼできません。
>> データを使い切った後の速度制限を見る
「LINEギガフリー」はミニプランも対応している?
LINEギガフリーはプランに関係なく対応しています。
>> LINEギガフリーについて見る
「通話オプション割引」で24時間かけ放題も無料になる?
かけ放題は無料にはならず、キャンペーン期間中は550円割引されます。
5分間無料通話の「通話準定額」は無料です。
>> 通話オプション割引について見る
LINEMOミニプランとスマホプランはどっちがおすすめ?
必要なデータ容量によって異なります。
月間のデータ使用量が3GB以下ならミニプラン、20GB以下ならスマホプランがおすすめです。
>> どちらのプランがおすすめか見る

まとめ

最後にLINEMOのミニプランとスマホプランをおさらいしましょう。

  • 3GB以下のライトユーザーはミニプランがおすすめ
  • 3~20GBくらい使うならスマホプランがおすすめ
  • LINEギガフリーはどちらのプランでも使える
  • キャッシュバックはスマホプランの方が充実している
  • 2024年7月下旬から新プラン「LINEMOベストプラン」がスタート

LINEMOのおすすめの料金プランは、必要なデータ容量によって異なります。

毎月どれくらいのデータ容量を消費しているのか確認してから申し込みましょう。

LINEMOの3GBプランは通信速度も込みで他社と比較するとコスパがよくおすすめですが、20GBプランは他社と比較するとあまり安くありません。

20GBなら通話料無料の楽天モバイルがおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。