So-net光minicoのIPv6とは?V6プラスや対応ルーターを解説

So-net光minicoのIPv6とは?V6プラスや対応ルーターを解説

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「So-net光minicoのIPv6とは?」
「So-net光minicoのIPv6利用方法は?」
「IPv6の利用で速度は速くなる?」

次世代の光回線と言われている「IPv6」について知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

ふじもん
ふじもん

So-net光minicoはオプション追加なしで、IPv6に標準対応です。

混雑する夜間はIPv6利用でも速度低下しますが、日中は快適に利用できますよ。

この記事ではSo-net光minicoのIPv6について解説します。

v6プラスや対応ルーターについても解説しているため、ぜひ参考にしてください。

3/1より「So-net光 S」が提供開始

2024年3月1日より、So-net光minicoは新プラン「So-net光S」にリニューアルしました。

サービス内容はほぼ変わらないため、本記事ではSo-net光minicoを「So-net光S」と置き換えてご覧ください。

通信費を抑えるならここ

IPv6とは

IPv6とは

IPv6は「Internet Protocol Version 6」の略称で、IPv4に次いで登場したインターネット通信の最新規格です。

旧規格IPv4は約43億個のIPアドレスを持っていましたが、IoT技術の進歩により通信デバイスが急増し、IPアドレスが枯渇しました。

そこで登場したのが、約340澗(340兆の1兆倍の1兆倍)個という膨大なIPアドレスが管理できるように開発されたIPv6です。

IPアドレスとは

IPアドレスはインターネットに接続する通信機器ごとに与えられた識別番号です。

IPアドレスが割り当てられることで、ネットワーク上でも特定の通信機器と送受信ができます。

また、IPv6は混雑しにくい最新の接続方法(IPoE方式)に対応しいるため、通信速度が低下しにくい特徴があります。

ひろみ
ひろみ

IPv6の登場はIPアドレス不足の解消だけでなく、通信速度の高速化・安定化を実現しましたよ!

IPv6は膨大な数のIPアドレスを扱える

IPv6は膨大な数のIPアドレスを扱える

IPv6は128ビット(128桁の2進数)で構成されるため、扱えるIPアドレス数は約340澗(2の128乗)個と膨大です。

IPv6のIPアドレスは16ビットごとに「:(コロン)」で8分割し、数字と英字を含む16進数で「0E42:E25C:0794:4F6E:60F9:4733:9308:765E」のように表記されます。

2進数・16進数とは

2進数は「0」と「1」の組み合わせのみ、16進数は「0〜9」までの数字と「A〜F」の組み合わせで表記する方法です。

ビットとは

ビットは情報量の最小単位です。

コンピューターの世界では情報を2進数で表すため、1ビットの場合は2通り(0か1)の情報量を持つことを意味します。

IPv6のIPアドレス数は全人類が1人あたり1兆個使用しても余裕があり、ほぼ無限と言われています。

こうじ
こうじ

IPv4のようにIPアドレスが枯渇する心配は当分ないですね!

IPv6は通信方式「IPoE」で混雑しにくい

IPv6は通信方式「IPoE」で混雑しにくい

IPv6はプロバイダを介し、インターネットに直接接続する「IPoE方式」に対応のため、回線が混雑しにくく通信速度は低下しません

プロバイダとは

プロバイダは「Internet Service Provider」の略称で、光回線をインターネットにつなぐ役割の事業者です。

インターネット利用には、回線事業者とプロバイダの2つと契約が必要になります。

一方で、従来のIPv4はネットワーク終端装置を経由する「PPPoE方式」のため、通信量が増えると混雑しやすく通信速度は低下します。

ネットワーク終端装置とは

ネットワーク終端装置は光信号とデジタル信号を相互変換する装置です。

光ファイバーからの光信号をデジタル信号に変換しなければデバイス側では認識できません。

IPv6はIPoE方式によって通信速度が速くなるわけではなく、混雑時でも通信速度が遅くなりにくいが正しい解釈です。

ゆかり
ゆかり

IPoE方式はネットワーク終端装置が不要だから、混雑する原因がないと理解してくださいね。

IPv6とIPv4の違い

IPv6とIPv4の違い

IPv6とIPv4の違いはIPアドレスの扱える数と、通信方式です。

規格IPv6IPv4
IPアドレス数
(ビット数)
約340澗
(128ビット)
約43億個
(32ビット)
表現方法16進数10進数
区切り方16ビット
(8分割)
8ビット
(4分割)
区切り
の記号
:
(コロン)
.
(ピリオド)
IPアドレス
の表記例
0E42:E25C:
0794:4F6E:
60F9:4733:
9308:765E
580.469.
916.137
通信方式・PPPoE方式
IPoE方式
PPPoE方式

通信方式が「IPoE方式」に対応するかどうかは、インターネットを快適に利用できるどうかにも大きく影響します。

こうじ
こうじ

通信方式による違いを詳しく見ていきましょう。

PPPoEはネットワーク終端装置がボトルネックになりやすい

PPPoEはネットワーク終端装置がボトルネックになりやすい

PPPoE方式はネットワーク終端装置がボトルネックで回線を混雑させて、通信速度の低下を引き起こします

PPPoE方式は電話回線の利用を前提に、通信規格PPP(Point to Point Protocol)の応用で開発されています。

そのためインターネット接続はネットワーク終端装置を経由しなければ通信ができません。

たかし
たかし

ネットワーク終端装置は高速道路の料金所をイメージしましょう。

IPoEは直接インターネットに接続できるため遅くなりにくい

IPoEは直接インターネットに接続できるため遅くなりにくい

IPoE方式はインターネットに直接接続のため混雑しにくく、通信速度も低下しにくいです。

IPoE方式はPPPoE方式とは異なり、有線LAN接続を前提に設計されています。

そのためIPoE方式はネットワーク終端装置の経由不要で、プロバイダを介して直接インターネットに接続のため混雑する原因がありません。

ひろみ
ひろみ

IPoE方式は混雑しにくい設計のため、利用者の多い時間帯でも快適に利用できますよ!

IPv6に対応する通信方式

IPv6に対応する通信方式

IPv6に対応する通信方式は3つです。

  • IPv4 over IPv6方式
  • IPoE方式
  • PPPoE方式

詳しく解説していきます。

①:IPv4 over IPv6方式

①:IPv4 over IPv6方式

IPv4 over IPv6方式はIPoE方式でIPv4とIPv6のどちらにも通信できる最新の接続方法です。

IPv4がIPEo方式でも通信可能になったため、利用者の多い時間帯でも混雑せず、快適な通信速度で利用できます。

ただし、IPv4 over IPv6方式はルーターやプロバイダがIPv6に対応していないと利用できないためご注意ください。

ゆかり
ゆかり

So-net光minicoのように、IPv6対応ルーターがレンタルできる光コラボがおすすめですよ。

②:IPoE方式

②:IPoE方式

IPoE方式は有線LAN接続を前提に設計された、プロバイダを介して直接インターネットにつなげる接続方法です。

ネットワーク終端装置の経由が不要なため、利用者の多い時間帯でも混雑しにくく、通信速度も低下しにくい特徴があります。

ただし、IPoE方式はIPv6にしか対応していないため、IPoE通信ではIPv4サイトに接続できません。

こうじ
こうじ

IPoE方式でもIPv4への通信を可能にした技術が「IPv4 over IPv6方式」ですよ!

③:PPPoE方式

③:PPPoE方式

PPPoE方式は電話回線時代からの通信規格を応用して開発された、古くからある接続方法です。

インターネットに接続するには、認証ID・パスワードの設定やネットワーク終端装置の経由が必要になります。

利用者の多い時間帯は、ネットワーク終端装置の処理が間に合わないため混雑して通信速度が低下します。

たかし
たかし

週末や夜間に速度が遅くなる原因は、ネットワーク終端装置で混雑するからですよ。

So-net光minicoでIPv6を利用するには

So-net光minicoでIPv6を利用するには

So-net光minicoは回線が開通した時点でv6プラスが適用されるため、手続きや設定をしなくてもIPv6通信が利用できます

v6プラスは「IPv4 over IPv6」と呼ばれるIPoE方式で、IPv6とIPv4のどちらの通信にも対応できる最新の接続方法です。

ただし、v6プラス利用にはv6プラス対応ルーターが必要で、ルーターがない場合はIPv4への通信ができないためご注意ください。

So-net光minicoはIPv6に無料で標準対応

So-net光minicoはIPv6に無料で標準対応

So-net光minicoはIPv6が標準対応のため、有料オプションの追加は必要ありません。

So-net光minicoは回線を開通した時点でv6プラスが適用されるため、IPEo方式でIPv4とIPv6に通信可能です。

PPPoE方式を利用しないため、利用者の多い時間帯でも混雑しにくくなっています。

たかし
たかし

ただし、So-net光minicoの利用帯域は狭いため、夜間はIPEo方式でも速度低下しますよ。

IPv4サイトを見るにはV6プラス対応ルーターが必要

IPv4サイトを見るにはV6プラス対応ルーターが必要

So-net光minicoはv6プラス対応ルーターがないとIPoE方式のIPv6通信のみのため、IPv4サイトが閲覧できません

IPv4サイトの閲覧には、PPPoE方式かIPv4 over IPv6方式(v6プラン)が必要です。

しかし、So-net光minicoはPPPoE方式が利用できないため、IPv4 over IPv6方式でないとIPv4サイトに接続できません。

v6プラス
対応ルーター
v6プラス
非対応ルーター
接続方式IPv4 over IPv6方式IPv6方式
接続できる
Webサイト
IPv4、IPv6IPv4のみ

また、2022年度の総務省資料ではIPv6対応済みサイトは9.8%であるため、v6プラス対応ルーターなしでは約9割のサイトが見れなくなります。

ひろみ
ひろみ

有名なIPv4サイトには「Yahoo! JAPAN」「X(旧Twitter)」「Amazon」などがあるよ。

ルーターがIPv6に対応しているか確認しよう

ルーターがIPv6に対応しているか確認しよう

So-net光minicoではv6プラス対応ルーターを利用しないとIPv4サイトが見れないため、ルーターがv6プラス対応どうかは重要です。

v6プランに対応のルーターかどうかを確かめるには、ルーターがIPv6に対応しているかを確認してください。

製品には「IPv6対応」や「IPv6 IPoEサービス対応」などの表記があります。

ただし、海外メーカーのルーターは、IPv6対応の表示があっても国内の通信サービスに対応しないこともあるためご注意ください。

こうじ
こうじ

国内大手メーカー「NEC」「バッファロー」「IODATA」のルーターが安心ですよ!

So-net光minicoでIPv6を使った場合の速さは?

So-net光minicoでIPv6を使った場合の速さは?

So-net光minicoのIPv6を利用した通信速度は他社の光回線と比較するとやや遅めです。

平均下り速度
(ダウンロード)
平均実測速度
(アップロード)
Ping値
So-net光
minico
175Mbps70Mbps18ms
ドコモ光261Mbps278Mbps19ms
ソフトバンク光305Mbps322Mbps15ms
楽天ひかり215Mbps228Mbps19ms

特に利用者が多くて通信回線の混み合う夜間は、IPv6を利用していても速度制限によって速度低下します。

下り実測速度
(ダウンロード)
上り実測速度
(アップロード)
Ping値
199Mbps204Mbps34ms
182Mbps79Mbps25ms
夕方280Mbps251Mbps18ms
16Mbps224Mbps15ms
深夜230Mbps230Mbps16ms

しかし、通信速度が100Mbps以上あれば大容量のオンラインゲームも快適に利用できるため、夜間以外の利用は問題ありません。

たかし
たかし

IPv6通信対応でも、夜間は速度低下するためご注意ください。

So-net光ではV6プラス対応ルーターを永年で無料レンタル可能

So-net光ではV6プラス対応ルーターを永年で無料レンタル可能

So-net光では契約と同時申し込みで、v6プラス対応ルーターが永年無料でレンタル可能です。

2024年2月時点では、バッファローのWSR-1500AX2Lが貸出されています。

詳細
メーカーバッファロー
機器名称WSR-1500AX2L
対応OS・Windows 11
・Windows 10 64ビット/32ビット
・Windows 8 64ビット/32ビット
・macOS 10.13以降
・iOS 17
・iOS 12以降
・iPadOS 17
・Android 7以降
外形寸法55×159×130mm
質量338g
無線LAN規格・IEEE 802.11ax
・IEEE 802.11ac
・IEEE 802.11n
・IEEE 802.11a
・IEEE 802.11n
・IEEE 802.11g
・IEEE 802.11b

契約後にレンタルする場合は、利用開始月とその翌月(最大2ヶ月)は無料ですが、それ以降は月額660円かかります。

v6プラス対応ルーターを持っていない方は契約と同時に申し込みしておくのがおすすめです。

ひろみ
ひろみ

ただし、25ヶ月以内の解約はルーターの返却が必須で、返却を忘れると未返却違約金6,200円が請求されるためご注意ください。

So-net光minicoのIPv6によくある質問

So-net光minicoのIPv6によくある質問

So-net光minicoのIPv6について、よくある質問にお答えします。

IPv6とは?
IPv6はIPv4に次いで登場したインターネット通信の最新規格です。
約340澗個の膨大なIPアドレスを持ち、IPoE対応のため混雑時でも通信速度が低下しにくい特徴があります。
>> IPv6について詳しく見る
IPv6とIPv4の違いは?
IPv6とIPv4の違いはIPアドレスの扱える数と通信方式です。
通信方式がIPoEに対応するかどうかで通信速度に大きな影響があります。
IPoEに対応するIPv6は回線が混雑しにくいため、夜間などの混雑時でも快適に利用可能です。
>> IPv6とIPv4の違いについて詳しく見る
So-net光minicoでIPv6を利用するには?
So-net光minicoはIPv6が標準対応です。
IPv6の利用にはIPv6対応のルーターとプロバイダが必要になります。
>> So-net光minicoでIPv6を利用する方法を詳しく見る
So-net光minicoでIPv6利用時の速さは?
So-net光minicoのIPv6利用時の通信速度は、他社の光回線と比較するとやや遅めです。
しかし、夜間を除けば大容量のオンラインゲームも快適に利用できます。
>> So-net光minicoでIPv6利用時の速さを詳しく見る

まとめ

最後にSo-net光minicoのIPv6について、おさらいします。

  • IPv6はIPv4に代わる最新の通信規格
  • IPv6とIPv4の違いはIPアドレスの数と通信方式
  • PPPoEはネットワーク終端装置が原因で速度低下する
  • IPoEは混雑時でも遅くなりにくい
  • IPv6に対応の通信方式は「IPv4 over IPv6」「IPoE」「PPPoE」
  • So-net光minicoは無料でIPv6が利用可
  • IPv6の利用には対応ルーターが必要
  • So-net光は契約と同時申し込みでIPv6対応ルーターが永年無料

IPv6は大容量かつ安定した通信を実現する次世代の光回線のため、これから光回線を導入する方はIPv6対応は必須です。

So-net光minicoは有料オプションなしでIPv6に標準対応し、IPv6対応ルーターが永年無料レンタルできます。

ただし、So-net光minicoは狭い帯域を利用する専用設計のため、IPv6を利用しても混雑しやすい夜間は速度低下するためご注意ください。

夜間以外の通信速度は100Mbps以上あり、快適に利用できるためSo-net光minicoは日中利用がメインの方におすすめです。

  • So-net光minico

最後までお読みいただき、ありがとうございました。