時代遅れの光回線とは?いま契約するなら光コラボサービスがいい理由

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「フレッツ光は時代遅れ?」
「光コラボがおすすめな理由は?」
「光コラボに乗り換える方法は?」

光回線の契約でフレッツ光を候補に考えている人もいるでしょう。

しかし最近ではフレッツ光の名前を聞くことも少なくなったことから「時代遅れかも?」と気になっている人もいるかもしれません。

ふじもん
ふじもん

新規に光回線に契約するなら、フレッツ光ではなく光コラボが断然おすすめです。

光コラボはプロバイダ一体型で料金も安く、フレッツ光と通信品質にほとんど差がありません。

本記事ではフレッツ光が時代遅れな理由と、今契約するなら光コラボがよい理由を解説します。

乗り換えの手順も解説しているので、現在フレッツ光を利用中の方もぜひ参考にしてください。

フレッツ光おてがる光GMOとくとくBB光ドコモ光
月額料金戸建て:6,380円
マンション:5,885円
(エリアがNTT東日本で
プロバイダがOCNの場合)
戸建て:4,708円
マンション:3,608円
戸建て:4,818円
マンション:3,773円
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
プロバイダ契約必要なしなしなし
契約期間2年なしなし2年
スマホとのセット割なしなしなし最大1,100円引き/月

時代遅れの光回線?フレッツ光が古い理由

時代遅れの光回線!フレッツ光が古い理由

フレッツ光が光回線として時代遅れである理由は4つです。

  • プロバイダ契約が別
  • 月額料金が高くなる
  • 契約期間の縛りは古い
  • スマホとのセット割がない

フレッツ光は光回線の最初期に登場したサービスで、光回線の普及には大きな役割を果たしましたが、現在の基準から見るとサービスの設計に古い部分が多く見られます。

ここではそれぞれの理由ごとに詳しく解説します。

プロバイダ契約が別

フレッツ光が古い理由①:プロバイダ契約が別

フレッツ光は回線の契約とプロバイダとの契約が分かれており、それぞれ別に契約が必要です。

プロバイダとは

プロバイダとは、回線をインターネットとを繋げる接続事業者です。

フレッツ光では光ファイバーケーブルの敷設を担う回線事業者と、光ファイバーケーブルを使ってインターネットに接続する役割を担う接続事業者が分かれています。

そのためフレッツ光は料金の総額が分かりにくく、料金比較がしづらいのがデメリットです。

またプロバイダによっては解約時にそれぞれ別に手続きが必要になるなど、手続きが多いのも難点です。

けんた
けんた

プロバイダ料金もプロバイダによってかなり違います。

主要なプロバイダの場合、料金は550~1,320円程度です。

月額料金が高くなる

フレッツ光が古い理由②:月額料金が高くなる

フレッツ光は回線分に加えてプロバイダ分の料金がかかるため、他社と比べて月額料金が割高です。

特にプロバイダ一体型の光回線と比べると、コストパフォーマンスの悪さが目立ちます

プロバイダ一体型の光回線は料金にプロバイダ代を含むうえ、料金自体もフレッツ光と比べて安価に設定されています。

契約期間の縛りは古い

フレッツ光が古い理由③:期間に縛りのある契約は時代遅れ

フレッツ光は契約期間に縛りがあるため、契約期間内に解約すると解約違約金が発生します。

また解約時はプロバイダの解約手続きも別途必要で、更新月以外に解約した場合はプロバイダ分の解約費用も請求される場合があります。

こうじ
こうじ

解約違約金は月額料金の1ヶ月分相当が請求されます。

スマホとのセット割がない

フレッツ光が古い理由④:スマホとのセット割がない

フレッツ光はスマホとのセット割がないため、特定のスマホキャリアとの間で割引されません。

一方、光コラボは特定のスマホキャリアとの間にセット割が適用されるため、スマホにあわせた光回線を選ぶことで通信費を抑えられます。

セット割は家族分のスマホも対象になるため、特に家族でスマホキャリアをそろえている場合は、セット割の効く光コラボに契約した方がお得です。

たかし
たかし

月額料金が高いうえ、割引が効かないのは大きなデメリットですね。

いま契約するなら光コラボがいい

いま契約するなら光コラボがいい

いま新規に契約するなら、光コラボがおすすめです。

理由は4つです。

  • 料金プランがわかりやすい
  • 契約期間に縛りがないサービスがある
  • スマホキャリアと同じならお得になる
  • 選択肢の幅が広い

光コラボはサービス設計において、多くの部分でフレッツ光の欠点が改善されています。

料金も安くプランも契約しやすくなっているので、いま光回線を新規に選ぶなら、光コラボから検討しましょう。

料金プランがわかりやすい

光コラボがよい理由①:料金プランがわかりやすい

光コラボはプロバイダ一体型の光コラボで、回線契約とプロバイダ契約が分かれていません

プロバイダ分の料金も月額料金に含まれているため、料金プランが分かりやすく、他サービスとの価格差を把握しやすいのがメリットです。

また光コラボの方がフレッツ光よりも月額料金は安価です。

ひろみ
ひろみ

フレッツ光のように、プロバイダ料金によって総額が変わることがありません。

契約期間に縛りがないサービスがある

光コラボがよい理由②:契約期間に縛りのないサービスがある

光コラボでは、契約期間に縛りがない料金プラン一本でやっているサービスもあります。

おてがる光やGMOとくとくBB光のプランは契約期間の縛りがないため、利用月数に関わらず都合にあわせて自由に解約できます。

またおてがる光やとくとくBB光は月額料金も安いため、月々の負担を抑えながら利用できます。

たかし
たかし

おてがる光、とくとくBB光は光コラボのなかでも最安クラスです。

キャンペーンも充実しているのでおすすめですよ。

スマホキャリアと同じならお得になる

光コラボがよい理由③:スマホキャリアと同じならお得になる
光回線セット割割引額
ドコモ光ドコモ光セット割スマホ料金
最大1,100円割引
auひかりauスマートバリュースマホ料金
最大1,100円割引
ソフトバンク光おうち割 光セットスマホ料金
最大1,100円割引
楽天ひかり楽天ひかりUN-LIMIT光回線月額料金
1年無料

スマホキャリアと同じ光コラボを使えば、セット割の適用でスマホ代金が割引されます。

たとえばドコモ光やソフトバンク光の場合、それぞれドコモとソフトバンクのスマホと一緒に使うことで、月々1人あたり最大1,100円が通信費から割引されます。

ゆかり
ゆかり

セット割は遠方に住む家族も対象です。

また最大20回線まで割引の対象にできるので大変お得です。

選択肢の幅が広い

光コラボがよい理由④:選択肢の幅が広い

光コラボにはさまざまなサービスがあるため、選択肢の幅が広いのが特徴です。

利用しているスマホキャリアや建物の環境、また実施するキャンペーンの内容などに応じて選べるため、より利用者のニーズに合った光回線を利用できます。

契約にあたっては、自分のこだわりたい要素にあわせて、複数の光回線を比較検討できますよ。

おすすめの光コラボ

特におすすめの光コラボ3選

契約するなら特におすすめの光コラボを3サービス紹介します。

おてがるネット編集部が選ぶおすすめの光回線

それぞれ詳しく解説します。

おてがる光

おてがる光
おてがる光戸建てプラン
工事費用22,000円
月額料金4,708円
最低利用期間なし
キャンペーン公式特典
+
当サイト限定特典
おてがる光マンションプラン
工事費用22,000円
月額料金3,608円
最低利用期間なし
キャンペーン公式特典
+
当サイト限定特典

おてがる光は、業界最安級の料金プランで、しかも契約期間のしばり(解約違約金)がありません。

おてがる光は、当サイトからの申し込みが、最も安くお得に契約できるようになっています。

おてがるネット特典
ファミリータイプ特別特典

(ファミリータイプ選択制)無線機ルータープレゼント・事務手数料無料

無線機ルータープレゼント・事務手数料無料

①無線機ルータープレゼント(IPv6対応ルーター)
②事務手数料3,300円無料
※2つの特典からいずれかを選択可能です。併用はできません。

基本料金4ヶ月無料

基本料金4ヶ月無料

開通初月を1ヶ月目とした4ヶ月目まで月額料金が無料になります。

毎月910円割引

毎月910円割引

開通初月を1ヶ月目として5ヶ月目から8ヶ月目まで毎月910円割引されます。

ファミリータイプ特別特典

(マンションタイプ選択制)無線機ルータープレゼント・月額割引650円×11ヶ月

無線機ルータープレゼント・月額割引650円×11ヶ月

①無線機ルータープレゼント(IPv6対応ルーター)
②月額650円割引が11ヶ月適用(7,150円割引)
※2つの特典からいずれかを選択可能です。併用はできません。

事務手数料無料

事務手数料無料

マンションタイプは事務手数料3,300円が無料になります。
※ファミリータイプの方はキャンペーンで選択したら適用されます。

公式特典(当サイト経由の申し込みも対象)

工事費22,000円 実質無料

工事費22,000円 実質無料

新規お申し込みは、初期・標準工事費の毎月分割払いと同額が割引されます。(2,000円/月×11ヶ月=22,000円分)
※分割払い期間中の解約時は残債の支払いが必要になります。

基本料金初月無料

基本料金初月無料

新規お申し込みは、月額料金が1ヶ月目最大3,608円割引されます。

「無線LANルーターレンタル」でIPv6オプションが永年無料

IPv6オプションが永年無料

「無線LANルーターレンタル」の申込で「IPv6オプション」(月額165円)が永年無料になります。

「U-NEXT for おてがる光」の新規契約でオプション料金が1ヶ月無料&1,000円分のポイントプレゼント

光回線と「U-NEXT for おてがる光」の同時申込で、「U-NEXT for おてがる光」の月額料金を最大2ヶ月無料&U-NEXT内で使える1,000円分のポイントをプレゼントされます。

「U-NEXT for おてがる光」を6ヵ月継続で4,000円分のデジタルギフトプレゼント

光回線と「U-NEXT for おてがる光」の同時申込後、開通初月を1ヶ月目とした6ヶ月目までの継続利用で4,000円分のデジタルギフトがプレゼントされます。

おてがる光テレビ同時申込で4,000円分のデジタルギフトプレゼント

光回線と「おてがる光テレビ」の同時申込後、開通初月を1ヶ月目とした6ヶ月目までの継続利用で4,000円分のデジタルギフトがプレゼントされます。

関連サービス同時申込でそれぞれ4,000円分のデジタルギフトをプレゼント

サービスの同時申込により、それぞれ4,000円分のデジタルギフト(デジコ)がプレゼントされます。
①「おてがるでんき」
②「おてがるガス」
③「ウォーターサーバー」

セット割:「おてがるでんき」セット契約

おてがる光の契約と「おてがるでんき」の対象プランを契約の場合「おてがるでんき」の料金を割引されます。


おてがるネット特典と公式特典の両方を適用させるには、本ページからの申し込みに限ります。

  • 本ページからお申し込みをすると自動的に適用されます。
  • おてがる光に新規入会し、回線新規開通することが適用条件です。
  • お申し込み内容の入力に不備があると適用外になります。
  • おてがる光の公式ホームページからお申し込みの場合は適用されません。
  • 転用もしくは事業者変更でおてがる光に乗り換える場合は適用されません。
ゆかり
ゆかり

当サイトから申し込むと、公式サイトよりお得に契約できます。

他サイトのキャンペーンと併用できないので注意してください。

おてがる光がおすすめな理由
  • 光回線人気ランキング1位
  • 通信速度が速い
  • 契約の縛りが無い
  • 当サイトはさらにお得に申し込みできる

おてがる光は、複雑なオプションに加入する必要がありません。

シンプルに光回線で一番安いので、自信を持っておすすめします。

とくとくBB光

とくとくBB光
とくとくBB光戸建てプラン
工事費用26,400円
月額料金4,818円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
最大128,000円
とくとくBB光マンションプラン
工事費用25,300円
月額料金3,773円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
最大128,000円

とくとくBB光 は、契約期間の縛りが無い光回線です。

光コラボアワード2023で最優秀賞を受賞し、満足度や安心感の高いサービスとして注目されています。

とくとくBB光 がおすすめな理由
  • 光コラボアワード2023で最優秀賞受賞
  • 契約の縛りが無い
  • 工事費が実質無料になる
  • WiFiルーターがプレゼントされる
  • 高額なキャッシュバックがある

工事費が実質無料です。

またWiFiルーターのレンタルが0円で、3年以上利用するとプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

\当サイト限定キャンペーン/

当サイト限定キャッシュバック増額

詳しくはこちら

ドコモ光

ドコモ光 51,000円キャッシュバック
ドコモ光戸建てプラン
工事費用無料
月額料金5,720円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円
ドコモ光マンションプラン
工事費用無料
月額料金4,400円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円

ドコモ光は、認知度が高い人気の光回線です。

ドコモ光がおすすめな理由
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド
  • スマホがドコモならセット割でお得に使える
  • 工事費無料
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがドコモなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

キャッシュバックも通常プランなら38,000円で、10ギガプランなら当サイト限定でオプション条件なしで51,000円がもらえます。

また高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンも実施しています。

フレッツ光と光コラボを比較

フレッツ光と光コラボを比較

フレッツ光と、おすすめの光コラボを比較してみましょう。

フレッツ光おてがる光GMOとくとくBB光ドコモ光
月額料金戸建て:6,380円
マンション:5,885円
(エリアがNTT東日本で
プロバイダがOCNの場合)
戸建て:4,708円
マンション:3,608円
戸建て:4,818円
マンション:3,773円
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
プロバイダ契約必要なしなしなし
契約期間2年なしなし2年
セット割なしなしなし最大1,100円引き/月

フレッツ光と光コラボを比べると、月額料金はフレッツ光の方が明らかに割高です。

またフレッツ光ではプロバイダ契約が必要になるため、プロバイダごとの違いのチェックや契約の手間が生じます。

契約期間では、おてがる光とGMOとくとくBB光は期間の縛りがないため、解約の際に更新月を気にする必要がありません。

更新月について

契約期間に縛りのある光回線の場合、契約期間が終了する月を含めた3ヶ月間が更新月です。

解約する場合は更新月に手続きを行うと、解約違約金が生じません。

たかし
たかし

自分の都合にあわせて違約金を気にせず解約できるのは大きなメリットです。

またドコモ光はスマホキャリアのドコモが運営しているため、ドコモのスマホを使用している場合に限り、家族も含めてスマホ1台あたり最大1,100円の料金が割引されます。

家族でドコモのスマホを使用している場合は、割引額もかなり大きくなります。

セット割を適用することで他の光コラボよりも料金が安くなる場合もあるので、事前に試算してみましょう。

フレッツ光から光コラボへ乗り換える方法

フレッツ光から光コラボへ乗り換える方法

転用申込の場合は、事前に「転用承諾番号」の取得が必要です。

転用承諾番号の例
転用承諾番号とは

転用承諾番号は、フレッツ光から光コラボに転用する際に必要な番号です。

申込者がNTT東日本・NTT西日本に取得を申し込みます。

手続きはWEBまたは電話でできます。

転用承諾番号の取得には次の情報が必要になるため、あらかじめ準備しておきましょう。

  • フレッツ光のお客さまID・ひかり電話番号のいずれか
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用場所住所
  • フレッツ光利用料金の支払い方法と関連情報

ここからはフレッツ光からおてがる光に転用の手続きをする手順を解説します。

転用承諾番号を取得する

自分の居住地のエリアに応じてNTT東日本・NTT西日本に申し込み、転用承諾番号を取得します。

▼転用承諾番号の問い合わせ先

  • NTT東日本:0120-140-202(受付時間 9:00~17:00 年末年始を除く) Web申し込み先
  • NTT西日本:0120-553-104(受付時間 9:00~17:00 年末年始を除く) Web申し込み先
おてがる光の専用申し込みページにアクセスする

おてがるネットからおてがる光の申し込みページにアクセスします。

入力フォームのエリアまで、画面を下方向にスクロールします。

おてがる光の専用申し込みページにアクセスする
申し込み情報を入力する

おてがる光申込フォームのお客様情報などを入力します。

おてがる光申込フォームのお客様情報などを入力する

氏名・電話番号・メールアドレス・ご利用場所・希望プランなどを入力します。

確認連絡希望日は入力した日時で連絡がくるので、電話を受けられる日時で指定しましょう。

確認連絡希望日を入力する

すべての入力が終わったら規約と注意事項にチェックを入れて「申込」をタップします。

同意にチェック後、申込をタップする
電話による料金プランの確認

入力した連絡希望日に、おてがる光から電話連絡が入ります。

入力内容に関する確認を行い、切り替え日の確認などを行います。

あわせて取得した転用承諾番号を伝えます。

おてがる光の利用案内を受領する

おてがる光から利用案内が届きます。

おてがる光のID・パスワードを受領する

おてがる光から受け取ったプロバイダIDとパスワードなどをもとにインターネット設定を行います。

利用開始

時代遅れの光回線についてよくある質問

よくある質問faq

時代遅れの光回線についてのよくある質問と回答です。

フレッツ光が時代遅れな理由は?
フレッツ光が古いと言われる理由は4つです。
・プロバイダ契約が別
・月額料金が高くなる
・契約期間の縛りは古い
・スマホとのセット割がない

フレッツ光はプロバイダ契約が別のため、月額料金が高くなりがちです。
また契約期間に縛りがある場合、更新月以外の解約には違約金が発生しますが、別途プロバイダの方の手続きも必要です。
場合によってはプロバイダ分の解約費用もかかるため、費用が高くなることがあります。
>> フレッツ光が時代遅れな理由を詳しく見る
今契約するならおすすめは?
今契約するならおすすめは光コラボです。
おすすめの理由は4つです。
・料金プランが分かりやすい
・契約期間に縛りがないサービスがある
・スマホキャリアと同じならお得になる
・選択肢の幅が広い

光コラボはプロバイダ一体型で料金プランが分かりやすいのが特徴です。
各サービスで契約期間の縛りがないプランも多く、スマホキャリアとのセット割にも対応しています。
サービスごとに特色も違うので、選択肢の幅が広いのもメリットです。
>> 今契約するなら光コラボがおすすめな理由を詳しく見る
フレッツ光から光コラボに乗り換える方法は?
フレッツ光から光コラボに乗り換える場合は「転用」の手続きを行います。
転用する場合はNTT東日本・西日本から転用承諾番号を取得のうえで、移行先の光コラボで転用手続きで乗り換えます。
>> フレッツ光から光コラボに乗り換える方法を詳しく見る

まとめ

最後に時代遅れの光回線のおさらいです。

  • フレッツ光はプロバイダ料金が別で月額料金が高くなるなど時代遅れ
  • 今新たに契約するならプロバイダ一体型の光コラボがおすすめ
  • フレッツ光から光コラボへの乗り換えは転用の手続きを行う

フレッツ光はプロバイダ契約が別になるため、料金の高さや契約の煩雑さなどを考えるとあまりおすすめではありません。

今はプロバイダ一体型の光コラボがあり、契約期間に縛りのないおてがる光やとくとくBB光といったサービスは料金の安さや利用のしやすさからもおすすめです。

フレッツ光を検討している人は、ぜひ光コラボをチェックしてみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。