NURO光の法人契約「NURO Biz」完全ガイド・個人向け契約との違い

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「NURO光の法人契約は?」
「個人契約と法人契約の違いは?」

「NURO Bizって個人も契約できるの?」

NURO光の法人プランは「NURO Biz」というのですが、結論からいうと個人名義では契約できません。

ふじもん
ふじもん

NURO Bizは、NURO光とサービススペックはほぼ同じなのですが、通信保証や固定IPアドレスなどがセットになっているので、料金が高いです。個人事業主は、個人向けのNURO光を契約することをおすすめします。

本記事では、NURO光のビジネスプランである「NURO Biz」について解説します。

項目NURO BizNURO光
用途法人向け個人向け
料金4,743円〜180,000円5,200円〜8,300円
工事費55,000円44,000円
通信保証
(SLA)
ありなし
固定IP
アドレス
ありなし

個人向けのNURO光との違いや、通信保証(SLA)や固定IPアドレスなどのオプションサービスについなど、光回線の法人契約についてくわしく解説します。

ぜひ参考にしてください。

当サイト限定の特別特典あり

NURO光の法人向けサービス「NURO Biz」とは

NURO光の法人向けサービスとは
サービス名NURO Biz
月額料金18,850円
初期費用150,000円
※2年利用で実質無料
工事費用55,000円
最大通信速度最大2Gbps
最低保証速度最低10Mbps
キャンペーンなし
サポート24時間365日
オンサイトおよびリモートによる保守

「NURO Biz」とは、ソニーのグループ会社であるソニービズネットワークスが提供している法人向けのインターネットサービスです。

その中でNURO Bizが提供しているインターネットサービスを「NUROアクセス」と呼びます。

「NURO Biz」には以下の様な特徴があります。

  • 法人だけが契約できる
  • 固定IPアドレスが利用できる
  • セキュリティの高い社内環境を構築できる

それぞれ解説します。

法人だけが契約できる

NURO Bizは法人だけが契約できる

NURO Bizは「法人だけが契約できるサービス」です。

こうじ
こうじ

法人化をしていない個人事業主は契約できません。

NURO Bizで提供される回線の通信速度は、最大で2Gbpsなので、個人向けのNURO光と通信速度は変わりません。

固定IPアドレスが使える

固定IPアドレスとは

NURO Bizは、固定IPアドレスが利用できます。

固定IPアドレスとは

固定IPアドレスは、「123.456.123.1」のような文字列で構成された、インターネット上の住所のようなものです。

通常のIPアドレスは、ルーターやパソコンの再起動でIPアドレスが変わるので動的IPと呼ばれるのですが、固定IPアドレスは、一度割り振られたらずっと変わらず固定されることから固定IPアドレスと呼ばれます。。

固定IPアドレスを持つと、自社サーバーに対して外部からのアクセスを制限できるようになります。

結果として、外部からのアクセスが制限できるので社内のセキュリティの強化されます。

セキュリティの高い社内環境を構築できる

NUROBizはセキュリティの高い社内環境を構築できる

NURO光はセキュリティ関連のオプションサービスが契約できます。

項目機能
UTM
typeW
ウイルスや不正アクセス、スパイウェア、
迷惑メールといった脅威から
ネットワークを守るサービス
リモートワークセキュリティ
Cisco Umbrella
VPN接続でない場合でも安全性の高い
社内ネットワークを実現するサービス
マネージドサービス
typeV
セキュリティ機器のVSRのレンタルや
導入支援、設置、運用保守まで
一気通貫でサポートするサービス
マネージドサービス
typeY
YAMAHAルーターをレンタルで提供し
設置工事から運用保守まで
トータルサポートするサービス

NURO光の法人向けプランのサービス内容

NURO光法人向けプランのサービス内容

NURO光法人向けプランには、以下のようなサービス内容があります。

  • NUROアクセス スタンダード
  • NUROアクセス プレミアム
  • NUROアクセス エントリー(申込終了)
  • NUROアクセス NEXT 10G

特に重要なのがSLA(Service Level Agreement:通信保証)です。

SLAとは

SLAとは、Service Level Agreementの略で、通信品質を保証する時に使われます。

個人向けサービスではありませんが、法人向けサービスではSLAを設定していることが多いです。

例えばWebサーバーであれば、「SLA99.99%」と表記されていれば、1ヶ月でアクセスが不可能になる時間は5分以内と認識されています。

このようにWebサービスを提供している企業にとって、アクセスできない時間を発生させることは許されない場合に、SLAがあるサービスを契約することが多くなっています。

ゆかり
ゆかり

NURO光の法人向けサービスは、このSLAが設定できるので、個人向けのサービスより高額になっていると考えて良いでしょう。

NURO光の法人向けサービスは、いくつか種類があるので、簡単に紹介します。

NUROアクセス スタンダード

サービス名NUROアクセス
スタンダード
月額料金18,850円
初期費用150,000円
2年利用で実質無料
工事費用55,000円
最大通信速度最大2Gbps
最低保証速度10Mbps
キャンペーンなし
サポート24時間365日
オンサイトおよびリモートによる保守

「NUROアクセス スタンダード」はNUROBizの中で最も手ごろな価格で契約できる、法人向けサービスです。

通信速度を10Mbpsに設定しているのが、個人向けNURO光との違いです。

また24時間365日のリモートによる保守サービスもあります。

NUROアクセス プレミアム

サービス名NUROアクセス
プレミアム
月額料金30Mbpsプラン:50,000円
50Mbpsプラン:150,000円
初期費用150,000円
2年利用で実質無料
工事費用55,000円
最大通信速度最大2Gbps
最低保証速度30Mbpsプラン:30Mbps
50Mbpsプラン:50Mbps
キャンペーンなし
サポート24時間365日
オンサイトおよびリモートによる保守

「NUROアクセス プレミアム」は最低速度が30Mbps・50Mbpsを保証している法人向けサービスです。

先ほどの「NUROアクセス スタンダード」は、保証する最低の回線速度が10Mbpsとなっていましたが、NUROアクセス プレミアムは「30Mbps」・「50Mbps」を保証しています。

NUROアクセス スタンダードよりも高額ですが、大規模なネットワークに導入されることが多いです。

航空会社や、土木会社に導入事例があります。

ゆかり
ゆかり

「NUROアクセス スタンダード」との違いは、最低保証速度が速くなるだけです。

それ以外は変わりません。

NUROアクセス エントリー(申込終了)

サービス名NUROアクセス エントリー
月額料金戸建てオフィス:4,743円
オフィスビル:6,190円
初期費用30,000円
2年利用で実質無料
工事費用55,000円
最大通信速度最大2Gbps
最低保証速度なし
キャンペーンなし
サポート24時間365日
オンサイトおよびリモートによる保守

NURO アクセスエントリーは、法人向けサービスの中でも最も安い安価なプランだったのですが、2021年6月30日に新規受付を終了しており、現在は申込できません。

NUROアクセス NEXT 10G

サービス名NUROアクセス スタンダード
月額料金180,000円
初期費用150,000円
2年利用で実質無料
工事費用55,000円
最大通信速度最大10Gbps
最低保証速度なし
キャンペーンなし
サポート24時間365日
オンサイトおよびリモートによる保守

「NUROアクセス NEXT 10G」は、通信速度が10Gbpsの法人向けプランです。

一般的なNURO光は最大2Gbpsの回線を利用しているのですが、最近登場している10GbpsのNURO光の法人向けプランです。

月額料金は180,000円とかなり高額です。

個人向けNURO光との違い

個人向けNURO光との違い

法人向けの「NURO Biz」と個人向けの「NURO光」の違いについて解説します。

項目NURO BizNURO光
用途法人向け個人向け
料金4,743円〜180,000円5,200円〜8,300円
工事費55,000円44,000円
通信速度下り:最大2〜10Gbps下り:最大2〜10Gbps
通信保証
(SLA)
ありなし
固定IP
アドレス
ありなし

法人向けの「NURO Biz」と個人向けの「NURO光」で違うのは月額料金と通信保証(SLA)とオプション(固定IPアドレス)です。

  • 月額料金が高い
  • 通信保証(SLA)がある
  • 固定IPアドレスに対応できる

法人向け「NURO Biz」と個人向け「NURO光」の違いは、この3つと考えて良いでしょう。

法人向けの「NURO Biz」はさらにリモートでサポートスタッフをつけてもらうことができます。

ゆかり
ゆかり

一般的な高速通信に対応している光回線だけを契約したいなら、個人向けのNURO光で充分です。

NUROBizを導入している法人の事例

NUROBizを導入している法人の事例

NURO Bizを導入している事例を2つ紹介します。

NURO光の公式サイトで導入事例は他にも紹介されています。

日本航空株式会社

航空会社最大手の日本航空株式会社は、NUROアクセスプレミアムを導入しています。

項目内容
契約プランNUROアクセスプレミアム30M
事例事例日本航空 インタビュー

日本航空は、客室乗務員に対して5,500台のiPadを貸与した影響で、障害が発生する可能性が出てきていたことからNURO光の法人向けプラン「NUROアクセスプレミアム30M」を検討したようです。

各空港とデータセンターの通信量は膨大で利便性に課題があったということですが、NUROアクセスプレミアムはコストパフォーマンスが良く、導入したのは正解だったとインタビューでお話しされていました。

株式会社ヴィエリス

脱毛サロン「キレイモ」を運営する株式会社ヴィエリスは、NUROアクセススタンダードを導入しています。

項目内容
契約プランNUROアクセススタンダード
事例事例脱毛サロンキレイモ インタビュー

ヴィエリスは、脱毛サロンを増やし続け5年間で全国に60店舗を展開させたころ、インターネット回線の切り替えを検討していたものの、法人向けサービスの選択肢が少ない中で、コスト・スピード・品質をバランスよく満たしている「NUROアクセススタンダード」を検討したようです。

SLA99.9%の稼働率や、10Mbpsの帯域保証が担保されていることも選定に至った理由とお話しされていました。

NURO光の法人向けによくある質問

よくある質問faq

NURO光の法人向けサービスによくある質問と回答を紹介します。

NURO Bizは個人事業主でも契約できる?
NURO Bizは個人事業主では契約できません。
法人のみ契約できます。
>>NURO Bizの契約対象について詳しく見る
NURO Bizと個人向けのNURO光の違いは?
法人向けの「NURO Biz」は個人向けの「NURO光」と大きく3つの違いがあります。
・月額料金が高い
・SLA(Service Level Agreement)が標準装備されている
・固定IPアドレスが利用できる
>> NURO光との違いをくわしく見る
NURO Bizは開通するまでどのぐらい時間がかかる?
NURO Bizですが、申し込みから開通まで少なく見積もっても2ヶ月程度はかかると見て良いでしょう。
理由として、現地調査や開通工事を2回、テストを行うためです。
NURO Bizは途中で解約すると違約金がある?
NURO Bizは2年契約で、利用期間が13ヶ月以内だと残月分の月額料金が一括請求されます。
また、初期費用が150,000円ですが24回の分割払いとなっており、途中解約した場合は残債が一括で請求されるので注意してください。

まとめ

NURO BizとNURO光の違いをおさらいしましょう。

  • NURO Bizは月額料金が高い
  • NURO BizはSLA(Service Level Agreement)が標準装備されている
  • NURO Bizは固定IPアドレスが利用できる
  • 通信速度は個人向けNURO光と変わらない

このように、法人向けサービスは通信品質やセキュリティを強化したい場合にはおすすめですが、通信速度でいえば個人向けのNURO光とは変わりません。

つまり個人で契約をする場合は、NURO光の性能で充分です。

最後までお読みいただきありがとうございました。