auひかりの法人契約完全ガイド・個人名義契約との違いを解説

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「auひかりは法人契約できる?」
「法人契約と個人契約の違いは?」

auひかりを法人契約したいと思っている人も多いと思います。

ふじもん
ふじもん

法人プランの「auひかりビジネス」はサービス終了しています。

auひかりは法人名義で契約できますが、あまりメリットはありません。

本記事では、auひかりの法人契約についてくわしく解説します。

法人名義で契約するメリットやデメリットも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

キャッシュバックが高額

auひかり法人契約個人契約
初期費用3,300円3,300円
戸建て
月額料金
5,610円5,610円
戸建て
工事費
19,800円19,800円
マンション
月額料金
4,810円4,810円
マンション
工事費
16,500円16,500円
キャッシュバック最大94,000円最大94,000円
スマホ割1,100円1,100円
支払方法クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替

法人プラン「auひかりビジネス」はサービス終了している

法人プラン「auひかりビジネス」はサービス終了している

以前は「auひかりビジネス」というサービスがありましたが、2016年3月31日をもって新規受付を終了しています。

現在では「auひかりビジネス」は、新しく「KDDI光ダイレクト」に変わりましたが、光回線の法人向けプランではなく、IP電話サービスです。

ゆかり
ゆかり

「KDDI光ダイレクト」は光回線サービスとはちょっと違うので注意してください。

KDDI光ダイレクトは、アクセス回線に光ファイバーを利用し、電話機、電話番号はそのままでIPネットワークをバックボーンとした高品質IP電話サービスを利用できます。

法人サービスなので、担当者がサポートしてくれます。

法人名義契約と個人名義契約の違い

法人名義契約と個人名義契約の違い

auひかりは、法人名義で契約可能です。

ただし個人名義で契約する内容と一緒です。

こうじ
こうじ

法人契約だからと言って、特別な割引や特典はありません。

auひかり法人契約個人契約
初期費用3,300円3,300円
戸建て
月額料金
5,610円5,610円
戸建て
工事費
19,800円19,800円
マンション
月額料金
4,810円4,810円
マンション
工事費
16,500円16,500円
キャッシュバック最大94,000円最大94,000円
スマホ割1,100円1,100円
支払方法クレジットカード
口座振替
クレジットカード
口座振替

法人名義でも個人名義でも、auひかりの月額料金や特典など、すべて一緒です。

auひかり
auひかり戸建てプラン
工事費用41,250円
月額料金5,610円
最低利用期間3年
キャンペーン特典総額
153,250円
auひかりマンションプラン
工事費用33,000円
月額料金4,180円
最低利用期間3年
キャンペーン特典総額
153,250円

auひかり はauのスマホを使っているならおすすめしたい光回線です。

auひかり がおすすめな理由
  • auひかり(戸建て)は通信速度が速いと評判が良い
  • 工事費が実質無料になる
  • スマホがauならセット割でお得に使える
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがauなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

特典の総額も最大153,250円とお得なうえ、高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンを実施しています。

auひかり法人契約のメリット

auひかり法人契約のメリット

auひかりを法人契約するメリットは正直言って、ほぼありません。

あえていえば料金明細表が法人名義になるので、経理処理がしやすいというぐらいです。

  • 法人名義で明細が出力される
  • 法人名義で契約しているauスマホが安くなる

また法人で契約しているスマホが、auスマホであれば、1台あたり1,100円の割引が適用されます。

同一名義のauスマホの料金が安くなる

auひかりを契約している名義で、auスマホを契約していれば最大10台まで割引が適用されます。

つまり法人契約しているauスマホが10台あれば、月で11,000円も安くなり、年間で計算すると132,000円も通信費を削減できます。

くわしくはauスマートバリューをチェックしてください。

auひかり法人契約のデメリット

法人名義のデメリット

auひかりを法人契約するデメリットもあります。

  • プロバイダが限定される
  • 固定IPがついているわけではない
  • 専門の担当者がいるわけではない

プロバイダが限定される

auひかりを法人契約できるプロバイダは、au one net、nifty、TCOM、ASAHIネット、BIGLOBE、DTI、So-netの7社です。

GMOとくとくBBは、auひかりを法人名義で契約できません。

プロバイダ法人名義契約
au one net可能
nifty可能
TCOM可能
ASAHIネット可能
GMOとくとくBB不可
BIGLOBE可能
DTI可能
So-net可能

固定IPがついているわけではない

エンジニアは固定IPを使う

固定IPを使う機会が多いのは、開発環境にアクセスするデザイナーやエンジニアです。

一般的に、企業の開発環境というのはセキュリティを強化していて、誰でもアクセスできないように、特定のIPアドレスだけをアクセスできるようにしています。

auひかりは固定IPサービスがありません。

どうしても固定IPを使いたければ、インターリンク社の提供しているマイIPといったサービスを利用すれば、auひかりでも固定IPアドレスを利用できます。

専門の担当者がいるわけではない

auショップ

法人契約というと専門のサポートスタッフがついてくれると思う人もいるかと思いますが、auひかりを法人契約しても専門のサポートスタッフはつきません。

個人契約と同様で、なにかトラブルがあった時は、auショップやauひかりのカスタマーセンターに問い合わせすることになります。

auひかりの法人契約の口コミ

auひかりの法人契約の口コミ

auひかりの法人契約に関する口コミをピックアップしました。

auひかりを法人契約してたって、個人契約よりも契約上お得にはならん。

「スマホのセット割が適用されます」って営業電話うざいな。

とりあえず売りつけたい感すごい。

twitter

auひかりを法人契約している人は、あまり多くないようです。

Twitterなどで口コミを探しても、わずかしか見当たりませんでした。

また実際にauひかりを法人契約しても「お得ではない」ということを投稿している人がいるので、法人契約を検討している人は参考にしましょう。

auひかりの法人契約によくある質問

よくある質問faq

auひかりの法人契約によくある質問をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

auひかりの法人契約と個人契約の違いは?
法人名義でも個人名義でもサービスの違いはありません。
auひかりの月額料金や特典などすべて一緒です。
>> 法人名義と個人名義の違いについて詳しく見る
auひかりを法人契約できるプロバイダは?
auひかりを法人契約できるプロバイダは、au one net、nifty、TCOM、ASAHIネット、BIGLOBE、DTI、So-netの7社です。GMOとくとくBBは、auひかりを法人名義で契約できません。
>> auひかりを法人契約できるプロバイダ一覧
auひかりを法人契約するのはおすすめ?
個人契約とサービス内容に違いはなく、月額料金や特典も同じなので、特におすすめするポイントはありません。

法人契約のまとめ

auひかりの法人専用プラン「auひかりビジネス」は2016年3月31日をもって新規受付を終了しています。

現在auひかりを法人名義で契約することは可能ですが、あまりメリットがありません。

法人契約だからと言って専用のサポートスタッフがつくわけでもないし、auひかりの月額料金や特典など、個人契約とすべて一緒です。

法人契約を検討している人は、他の光回線も検討してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。