ドコモ光の料金は高い?料金明細の確認方法も解説

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「ドコモ光の月額料金は安い?」
「ドコモ光のプランごとの料金の違いは?」
「ドコモ光の料金を一番安くする方法は?」

ドコモ光の契約で気になるのが料金ですよね。

ふじもん
ふじもん

ドコモ光の料金は他社とほぼ同じですが、ドコモのスマホを使っていれば、スマホセット割でドコモ光の料金を安く利用できます。

またプロバイダの種類や契約年数を上手に選べば、料金をぐんと抑えられますよ。

本記事は、ドコモ光の月額料金を解説します。

ドコモ光内容
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
契約期間2年契約
(自動更新)
事務手数料3,300円
工事費無料キャンペーン中
22,000円
キャッシュバックオプション条件なし
51,000円
特典WiFiルーター無料
訪問設定サポート無料
dポイント2,000円分
スマホ割最大1,100円 / 月
解約違約金戸建て:5,500円
マンション4,180円
撤去費用無料

ドコモ光を一番安く契約する方法や他社の光回線サービスとの料金の違いについて紹介するので、ぜひ申し込みの参考にしてください。

当サイト限定の特別企画

目次

目次へ

ドコモ光の月額料金は安いの?

ドコモ光の月額料金は安いの?

ドコモユーザーの場合、ドコモ光との組み合わせでスマホ料金が割引されるため、ドコモ光が他社回線よりも安くなります。

ここではドコモ光を安く利用する方法について、他社の光回線と比較しながら詳しく解説していきます。

スマホセット割でドコモユーザーは安く利用できる

スマホセット割でドコモユーザーは安く利用できる
サービスドコモ光セット割
対象プラン5Gギガホ プレミア
5Gギガホ
5Gギガライト(1G以上)
ギガホ プレミア
ギガホ
ギガライト(1G以上)
対象範囲ドコモ光契約者と同一「ファミリー割引」グループ内
※離れて住んでいる家族も対象
割引金額最大1,100円/月
対象期間永年
対象回線数20回線まで

ドコモ光とドコモスマホをあわせて契約すると「ドコモ光セット割」が適用され、スマホ料金が割引されます。

ドコモ光セット割は、ドコモ光とドコモのスマホの契約者が同じ場合に適用されるオプションで、スマホの契約プランによって月々のスマホ料金が最大1,100円割引されます。

ドコモ光の料金自体は他社の光回線とほとんど変わりませんが、ドコモのスマホユーザーはドコモ光セット割が適用されるため、実質的に最安の光回線として利用できます。

ドコモ光セット割は最大20回線まで対象にできる

ドコモ光セット割は家族のスマホ代金を永年で最大1,100円割引できる

また家族もドコモのスマホを利用している場合は「ファミリー割引」グループを作ることで、遠方に住む家族も含めて最大20回線までドコモ光セット割の対象にできます。

ファミリー割引とは

ファミリー割引は、主回線から3親等以内の家族が対象になる割引です。

ファミリー割引グループは3親等以内のドコモ契約者なら、離れて暮らしていても対象で、最大20回線までグループに入れられます。

またファミリー割引の「3親等」は、法律上の結婚だけでなく、事実婚や同性パートナーも含みます。

けんた
けんた

家族でドコモのスマホを使っていれば、割引額はかなり大きくなりますよ!

戸建て料金で他の光回線と比較すると

ドコモ光の戸建て料金を他の光回線と比較すると?

戸建て向けのプラン料金を他社の光回線と比較すると、ドコモ光セット割を適用したドコモ光の料金が最安です。

光回線実質料金ドコモ光
セット割
月額料金事務手数料契約期間
ドコモ光
(タイプA)
4,620円-1,100円5,720円3,300円2年
auひかり5,610円5,610円3,300円3年
ソフトバンク光5,720円5,720円3,300円2年
楽天ひかり5,280円5,280円3,300円3年
NURO光5,200円5,200円3,300円3年
ドコモ光のタイプA・タイプBとは

ドコモ光は契約可能な23社のプロバイダがタイプAとタイプBに分かれており、それぞれ月額料金が違います。

タイプAの方が料金が安く、上記の表のドコモ光もタイプAを基準にしています。

こうじ
こうじ

ドコモユーザーは実質料金の安いドコモ光一択ですね!

マンション料金で他の光回線と比較すると

ドコモ光のマンション料金を他の光回線と比較すると?

マンション向けのプラン料金を他社の光回線と比較すると、ドコモ光セット割を適用したドコモ光の料金が最安です。

光回線実質料金ドコモ光
セット割
月額料金事務手数料契約期間
ドコモ光
(タイプA)
3,300円-1,100円4,400円3,300円2年
auひかり3,740~5,500円5,610円3,300円3年
ソフトバンク光4,180円4,180円3,300円2年
NURO光5,200円5,200円3,300円3年
楽天ひかり4,180円4,180円3,300円3年
たかし
たかし

マンションの場合も、ドコモ光は他社よりも実質料金が圧倒的に安いです。

さらにキャンペーンでお得になる

ドコモ光は、キャンペーンでさらにお得に契約できます。

また当サイトは、必要ないオプションに加入しなくても、しっかりキャッシュバックがもらえます。

当サイトで申込することを忘れずに

他のサイトやGoogle検索結果から申し込んでしまうと、DAZNなどのオプションに加入しないと、キャッシュバックが5,000円に減額されてしまう可能性があります。

忘れないうちに当サイトで申し込みするか、本ページをブックマークしておきましょう。

ドコモ光 51,000円キャッシュバック
ドコモ光戸建てプラン
工事費用無料
月額料金5,720円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円
ドコモ光マンションプラン
工事費用無料
月額料金4,400円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円

ドコモ光は、認知度が高い人気の光回線です。

ドコモ光がおすすめな理由
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド
  • スマホがドコモならセット割でお得に使える
  • 工事費無料
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがドコモなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

キャッシュバックも通常プランなら38,000円で、10ギガプランなら当サイト限定でオプション条件なしで51,000円がもらえます。

また高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンも実施しています。

ドコモ光の各料金プランの詳細

ドコモ光の各料金プランの詳細

ドコモ光は複数のプランがあります。

  • ドコモ光1ギガプラン タイプA
  • ドコモ光1ギガプラン タイプB
  • ドコモ光1ギガプラン タイプC
  • ドコモ光1ギガプラン 単独タイプ
  • ドコモ光ミニ
  • ドコモ光10ギガプラン

ここではそれぞれのプランを詳しく解説します。

ドコモ光1ギガプランタイプA|最も安いおすすめプラン

ドコモ光1ギガプランタイプA:最も安いおすすめプラン

ドコモ光1ギガプラン タイプAは、ドコモ光で最も安い一番おすすめのプランです。

ドコモ光1ギガプランはドコモ光の基本となるプランで、タイプAは17社からプロバイダを選べます。

またタイプBのプロバイダよりも料金が安いため、ドコモ光1ギガプランを契約するなら、タイプAがおすすめです。

ドコモ光1ギガプラン タイプAの料金

ドコモ光1ギガ
タイプA
戸建てマンション
2年契約5,720円4,400円
契約期間なし7,370円5,500円
事務手数料3,300円3,300円
工事費最大22,000円
(特典で無料)
最大22,000円
(特典で無料)

ドコモ光1ギガプラン タイプAの工事費は、戸建て・マンション共通で最大22,000円ですが、建物にフレッツ光の設備がすでに設置してある場合は、費用が安くなります。

また現在は工事の無料特典を実施しており、新規利用の場合は工事にかかる費用が全額一括で無料になります。

ドコモ光1ギガプラン タイプAのプロバイダ

ドコモ光1ギガプラン タイプAのプロバイダ
プロバイダ実質
速度
IPv6
接続
ルーター
無料レンタル
無料ルーター
最大速度
キャッシュ
バック
無料
セキュリティ
無料メール
セキュリティ
その他無料
オプション
GMO
とくとくBB
298Mbps
(5位)
4,804Mbps
(1位)
51,000円
(1位)
12ヶ月永年出張サポート
(台数制限あり)
ドコモnet356Mbps
(3位)
12ヶ月永年
ぷらら286Mbps867Mbps24ヶ月永年出張サポート
(初回のみ)
@nifty226Mbps867Mbps20,000円12ヶ月永年VPNサービス
サポートサービス
(初月のみ)
andline236Mbps
(Wi-Fi6対応)
300Mbps12ヶ月永年訪問設定サポート
(初回のみ)
SIS133Mbps非開示永年永年出張サポート
(2回まで)
リモートサポート
(初回のみ)
ic-net176Mbps1,300Mbps永年永年電話リモートサポート
(永年)
訪問サポート
(無期限・3回まで)
hi-ho112Mbps867Mbps12ヶ月永年訪問サポート
(初回のみ)
BIGLOBE276Mbps867Mbps12ヶ月永年訪問サポート
(初回のみ)
BB.excite219Mbps866Mbps10,000ptの
dポイント
36ヶ月永年出張サポート
(初回のみ)
Tigers-net215Mbps866Mbps永年永年出張セットアップ
(初回のみ)
リモートサポート
エディオン
ネット
290Mbps永年
SYNAPSE296Mbps12ヶ月永年出張サポート
(初回のみ)
楽天
ブロード
バンド
199Mbps12ヶ月永年電話設定サポート
(初回のみ)
DTI223Mbps10,000ptの
dポイント
永年
@ネスク193Mbps永年
TikiTiki303Mbps
(4位)
20,000ptの
dポイント
永年

ドコモ光1ギガプラン タイプAは、どのプロバイダもフレッツ光回線を使用する点では共通ですが、プロバイダによって実質速度が違います。

またキャッシュバックの有無や金額、無料ルーターの有無なども異なるため、プロバイダはしっかり比較したうえで選びましょう。

おすすめはキャッシュバック金額が高く通信速度も高速なGMOとくとくBBです。

ひろみ
ひろみ

GMOとくとくBBは、次に紹介するタイプBも含めた全プロバイダでイチオシです。

ほかのプロバイダを選ぶ積極的な理由がないなら、GMOとくとくBBを選んでおけば間違いありません。

ドコモ光1ギガプランタイプB|割高でおすすめしない

ドコモ光1ギガプランタイプB:割高でおすすめしない

ドコモ光1ギガプランのタイプBは、全6社からプロバイダを選べます。

基本的なサービス内容はタイプAと同じですが、タイプAよりも料金が220円高く割高です。

年間で2,640円も高くつくため、選ぶ理由が特になければ、タイプBはおすすめしません。

ドコモ光1ギガプラン タイプBの料金

ドコモ光1ギガ
タイプB
戸建てマンション
2年契約5,940円4,620円
契約期間なし7,590円5,720円
事務手数料3,300円3,300円
工事費最大22,000円
(特典で無料)
最大22,000円
(特典で無料)

ドコモ光1ギガプラン タイプBも工事費はタイプAと共通です。

建物にフレッツ光の設備がすでに設置してある場合は、NTTの局舎内のみの工事になるため、費用が安くなります。

新規利用の場合はタイプAと同様に、現在は特典によって工事にかかる費用が全額一括で無料になります。

ドコモ光1ギガプラン タイプBのプロバイダ

ドコモ光1ギガプラン タイプBのプロバイダ
プロバイダ実質
速度
IPv6
接続
ルーター
無料レンタル
無料ルーター
最大速度
キャッシュ
バック
無料
セキュリティ
無料メール
セキュリティ
その他無料
オプション
OCN279Mbps
(Wi-Fi6対応)
1,201Mbps20,000円12ヶ月永年出張サポート
(初回のみ)
@TCOM263Mbps12ヶ月永年電話訪問サポート
(初月のみ)
TNC391Mbps
(1位)
3ヶ月永年電話訪問サポート
(2ヶ月のみ)
AsahiNet277Mbps永年
ちゃんぷる383Mbps
(2位)
300Mps永年出張サポート
(12ヶ月・台数制限あり)
WAKWAK290Mbps永年

ドコモ光1ギガプラン タイプBは、全6社からプロバイダを選べます。

ただしタイプBは料金が割高なので、あえて選ぶ理由がなければ、タイプBでの契約はおすすめしません。

タイプBには実質速度が高速なプロバイダもありますが、プロバイダの規模やキャッシュバック金額、通信速度などの総合力から、タイプAのGMOとくとくBBをおすすめします。

ドコモ光1ギガプランタイプC|ケーブルテレビを利用できる

ドコモ光1ギガプランタイプC:ケーブルテレビを利用できる

ドコモ光1ギガプラン タイプCは、ケーブルテレビの設備を利用してドコモ光に接続するプランです。

タイプCは、NTTドコモと提携のあるケーブルテレビ会社で利用でき、プロバイダの選択は不要です。

タイプCはプロバイダ選択が不要

ドコモ光のタイプCは、ケーブル会社がプロバイダ機能を提供するため、タイプA・タイプBのようにあらかじめ用意されたプロバイダから1社を選ぶ必要がありません。

ドコモ光1ギガプラン タイプCを新規申込した場合、開通工事はケーブルテレビとして行ないます。

NTTの光ファイバーケーブルの設置は行わないため、ドコモ光の開通工事費の無料特典は適用されません。

ドコモ光1ギガプラン タイプCの料金

ドコモ光1ギガ
タイプC
戸建てマンション
2年契約5,720円4,400円
契約期間なし7,370円5,500円
事務手数料3,300円3,300円
工事費ケーブルテレビに
よって異なる
ケーブルテレビに
よって異なる

ドコモ光1ギガプラン タイプCの工事費の料金は、1ギガプラン タイプAと同じです。

ただし新規の利用の場合の工事は、ケーブルテレビで行うため、工事費はケーブルテレビで設定する価格が請求されます。

ゆかり
ゆかり

工事費はケーブルテレビによって異なるため、直接確認してみてくださいね。

またタイプCの工事はあくまでケーブルテレビの開通工事なので、ドコモの工事費の無料特典の対象にはなりません。

すでにタイプCで利用可能なケーブルテレビを利用している場合は、タイプCの利用にともなう開通工事は不要です。

ドコモ光1ギガプラン単独タイプ|別にプロバイダ料金が必要

ドコモ光1ギガプラン単独タイプ|別にプロバイダ料金が必要

ドコモ光の単独タイプは、プロバイダを別に契約するタイプのプランです。

NTTドコモが用意する23社のプロバイダ以外を利用したい場合に使いますが、金額が割高になるのが難点です。

契約しなければならない特別な理由がない限りは、おすすめしないプランです。

ドコモ光1ギガプラン 単独タイプの料金

ドコモ光1ギガ
単独タイプ
戸建てマンション
2年契約5,500円
+
プロバイダ料金
4,180円
+
プロバイダ料金
契約期間なし7,150円
+
プロバイダ料金
5,280円
+
プロバイダ料金
事務手数料3,300円3,300円
工事費最大22,000円
(特典で無料)
最大22,000円
(特典で無料)

ドコモ光1ギガプランの単独タイプは、基本料金と別にプロバイダ料金がかかります。

たとえばYahoo!BBをプロバイダに選んだ場合、戸建て1,320円、マンションで1,045円が追加でかかります。

▼Yahoo!BBをプロバイダにした場合

  • 戸建て:5,500円(2年)+1,320円(プロバイダ料)=6,820円
  • マンション:4,180円(2年)+1,045円(プロバイダ料)=5,225円

2年契約の場合は戸建てで月額6,820円、マンションで月額5,225円となり、毎月約1,000円前後も割高です。

ドコモ光1ギガプラン 単独タイプのプロバイダ

ドコモ光の単独タイプを利用する場合は、契約者がプロバイダを探す必要があります。

国内の主要なプロバイダは、ほぼドコモ光のタイプA・タイプBのプロバイダに含まれています。

そのほかのプロバイダのなかからドコモ光に対応可能なプロバイダを探すのは大変かもしれません。

けんた
けんた

単独タイプは、タイプA・タイプB以外の特定のプロバイダを使う必要がある場合に契約するものと考えましょう。

ドコモ光ミニ|データ利用料が少ない人向け

ドコモ光ミニ:データ利用料が少ない人向け

ドコモ光ミニは、月間のデータ利用量に応じて料金が課金されるプランです。

データ利用量が少なければ通信費を抑えられる反面、データ利用量が一定以上になると逆に割高です。

また単独タイプと同様にプロバイダとの契約が必要で、ドコモ光ミニの料金と別にプロバイダ料金を支払う必要があります。

ゆかり
ゆかり

プロバイダ料金が別にかかるため、ドコモ光ミニで通信をしすぎると、月額料金が9,000円以上になる場合があります。

毎月ほとんどインターネットをしない人向けのプランですね。

ドコモ光ミニは新規受付を停止しており、2025年3月31日でサービスの提供が終了する予定です。

ドコモ光1ギガミニの料金

プラン戸建てマンション
ドコモ光ミニ
(2年契約)
2,970~6,270円
+
プロバイダ料金
提供なし
ドコモ光1ミニ
(契約期間なし)
4,620~7,920円
+
プロバイダ料金
提供なし
事務手数料3,300円
工事費最大22,000円
(特典で無料)

ドコモ光ミニは基本使用料が定められており、それに毎月の通信量に応じた費用が加算される、いわゆる従量課金制のプランです。

毎月200MBまでは基本料金内で通信できますが、200MBを超えると10MBあたり33円が課金されます。

1,200MB以上の利用で上限金額に達しますが、上限金額まで使うと通常のタイプA・タイプBよりも割高です。

ドコモ光ミニの利用料金の変化を示すグラフ
たかし
たかし

通信量が多い場合はドコモ光ミニにすると、明らかに損です。

プロバイダ料金を1,000円と考えた場合、たとえばタイプAの2年契約よりもコスパよく利用できる月間通信量は730MB程度と非常に少ないため、もともとインターネットをほとんど使わない人向けです。

▼タイプAの2年契約(戸建て)よりも損をしない通信量は?

・ドコモ光ミニの固定費用

2,970円(基本料金)+1,000円(プロバイダ料金)=3,970円

ドコモ光ミニでタイプAよりも損をしない通信量分の費用

5,720円(タイプA 2年)-3,970円(ドコモ光ミニ固定費用)=1,750円

・ドコモ光ミニの従量課金部分の費用

10MBで33円

・ドコモ光ミニで1,750円で通信できるデータ容量

1,750円÷33円×10MB=530MB

・ドコモ光ミニでタイプAの料金以下で通信できるデータ容量

200MB(基本使用料で通信できる容量)=530MB(従量課金部分)=730MB

ドコモ光10ギガプラン|戸建て・マンション共通

ドコモ光10ギガプラン:戸建て・マンション共通

ドコモ光10ギガプランは、最大10Gbpsの超高速通信が可能なプランです。

一般的な光回線と同様に実質速度は下がるとはいえ、通常の1ギガプランでは体験できないような驚異的な通信速度でインターネットを利用できます。

10ギガプランは通常のプランと同様2年契約と契約期間なしの2種類があり、プロバイダに応じてタイプA・タイプB・単独タイプが用意されています。

たかし
たかし

ドコモ光10ギガで選べるプロバイダは、タイプAで8社、タイプBで3社と1ギガプランよりも少ないです。

また料金面でおトクなのは、1ギガプランと同じくタイプAです。

10ギガプランは1ギガプランと比べて料金が割高で、対応エリアも大都市圏の一部地域のみにとどまっています。

ドコモ光10ギガプランの料金

ドコモ光10ギガ2年契約契約期間なし
タイプA6,380円8,030円
タイプB6,600円8,250円
単独タイプ5,940円
+
プロバイダ料金
7,590円
+
プロバイダ料金
事務手数料3,300円3,300円
工事費最大22,000円
(特典で無料)
最大22,000円
(特典で無料)

ドコモ光10ギガプランの料金は、戸建てとマンションで共通です。

料金はプロバイダのタイプと契約年数で変わります。

ドコモ光10ギガプランのプロバイダ

ドコモ光10ギガプランのプロバイダ

ドコモ光10ギガのプロバイダはタイプAが8社、タイプBが3社の計11社です。

プロバイダ10G
プラン
10G対応
ルーター
ルーター
最大通信速度
(無線)
ルーター
最大通信速度
(有線)
キャッシュ
バック
無料
セキュリティ
無料メール
セキュリティ
その他無料
オプション
GMO
とくとくBB
A330円/月4,804Mbps1Gbps100,000円
(1位)
12ヶ月永年出張サポート
(台数制限あり)
ドコモnetA12ヶ月永年
ぷららA24ヶ月永年
@niftyA35,000円12ヶ月永年電話リモートサポート
(初回のみ)
訪問サポート
(初回のみ)
andlineA12ヶ月永年電話リモートサポート
(初回のみ)
訪問設定サポート
(初回のみ)
ic-netA永年永年電話リモートサポート
(永年)
訪問サポート
(無期限・3回まで)
hi-hoA12ヶ月永年訪問サポート
(初回のみ)
@TCOMA12ヶ月永年電話訪問サポート
(初月のみ)
BB.exciteB最大35,000ptの
dポイント
36ヶ月永年出張サポート
(初回のみ)
エディオン
ネット
B永年
AsahiNetB2ヶ月

プロバイダの選び方は1ギガプランと同様に、キャッシュバックの有無や無料オプションの充実度から決めるとよいでしょう。

ドコモ光の料金を一番安くする方法

ドコモ光の料金を一番安くする方法

ドコモ光の料金を一番安くしたい場合は、次の点を意識しましょう。

  • タイプAの料金プランを選ぶ
  • 2年契約にする
  • ドコモのスマホセット割を適用する
  • キャンペーンを適用する
  • 不要な有料オプションをつけない
  • dカードゴールドで支払う

すべては無理な場合でも、可能な範囲で取り入れることで、料金を極力安くできますよ。

方法①:タイプAの料金プランを選ぶ

ドコモの料金を一番安くする方法①:タイプAの料金プランを選ぶ
プラン戸建てマンション
タイプA
(2年)
5,720円4,400円
タイプA
(契約期間なし)
7,370円5,500円
タイプB
(2年)
5,940円4,620円
タイプB
(契約期間なし)
7,590円5,720円
タイプC
(2年)
5,720円4,400円
タイプC
(契約期間なし)
7,370円5,500円
単独タイプ
(2年)
5,500円
+
プロバイダ料金
4,180円
+
プロバイダ料金
単独タイプ
(契約期間なし)
7,150円
+
プロバイダ料金
5,280円
+
プロバイダ料金
ドコモ光ミニ
(2年)
2,970~6,270円
+
プロバイダ料金
提供なし
ドコモ光ミニ
(契約期間なし)
4,620~7,920円
+
プロバイダ料金
提供なし
ドコモ光10ギガ
タイプA
(2年)
6,380円6,380円
ドコモ光10ギガ
タイプA
(契約期間なし)
8,030円8,030円
ドコモ光10ギガ
タイプB
(2年)
6,600円6,600円
ドコモ光10ギガ
タイプB
(契約期間なし)
8,250円8,250円
ドコモ光10ギガ
タイプC
(2年)
5,940円
+
プロバイダ料金
5,940円
+
プロバイダ料金
ドコモ光10ギガ
タイプC
(契約期間なし)
7,590円
+
プロバイダ料金
7,590円
+
プロバイダ料金

ドコモ光の料金プランはタイプAを選びましょう。

金額ではタイプAとタイプCで同額ですが、タイプAは工事費無料の特典が適用されるので、最大22,000円の工事費用分でタイプAがおトクです。

タイプCは開通工事を実施するのがケーブルテレビのため、ドコモの工事無料特典は適用されません。

けんた
けんた

タイプAのプロバイダから選んでおけば間違いありません。

方法②:2年契約にする

ドコモの料金を一番安くする方法②:2年契約にする

ドコモ光の各プランは、2年契約の方が料金の面で契約期間なしよりもおトクです。

2年契約にすると更新月以外の解約で解約違約金が生じますが、一定の期間利用を継続すれば、解約違約金を支払うことになったとしても、2年契約の方が費用が安くなります

現在のドコモ光の解約違約金は、戸建てタイプで5,500円、マンションタイプで4,180円、ドコモ光ミニで2,970円です。

  • 戸建てタイプ解約金:5,500円
  • マンションタイプ解約金:4,180円
  • ドコモ光ミニ解約金:2,970円

2年契約と契約期間なしのプランでは月額料金が異なりますが、利用月数で比較して、解約金以上に月額料金の差が生じるなら、月額料金の安い2年契約の方がおトクです。

タイプA
(戸建て)
タイプA
(マンション)
2年契約5,720円4,400円
契約期間なし7,370円5,500円
差額(1ヶ月分)1,650円1,000円
差額(4ヶ月分)6,600円4,000円
差額(5ヶ月分)8,250円5,000円
解約違約金5,500円4,180円

たとえばタイプAでは、戸建てタイプは4ヶ月以上、マンションタイプは5ヶ月以上の利用が目安です。

これらの月数以上を利用する場合は、解約違約金を気にせず2年契約にした方が、途中解約で違約金を払ったしたとしてもトータルではおトクです。

方法③:ドコモのスマホセット割を適用する

ドコモのスマホを一番安くする方法③:ドコモのスマホセット割を適用する
サービスドコモ光セット割
対象プラン5Gギガホ プレミア
5Gギガホ
5Gギガライト(1G以上)
ギガホ プレミア
ギガホ
ギガライト(1G以上) など
対象範囲ドコモ光契約者と同一「ファミリー割引」グループ内
※離れて住んでいる家族も対象
割引金額最大1,100円/月
対象期間永年
対象回線数20回線まで

ドコモ光セット割は、ドコモ光とドコモのスマホをセットで利用している利用者のスマホ料金を最大で1,100円も割引してくれるサービスです。

またドコモのスマホ利用者がファミリー割引グループに入っていれば、そのグループ内のドコモのスマホ料金も割引の対象になります。

ファミリー割引とは

ファミリー割引は、主回線から3親等以内の家族が対象になる割引です。

ファミリー割引グループは3親等以内のドコモ契約者なら、離れて暮らしていても対象で、最大20回線までグループに入れられます。

またファミリー割引の「3親等」は、法律上の結婚だけでなく、事実婚や同性パートナーも含みます。

ドコモのスマホセット割の割引額

料金プランドコモ光
(タイプA・B・C・単独)
ドコモ光ミニ
5Gギガホ
プレミア
永年-1,100円永年-550円
5Gギガホ永年-1,100円永年-550円
ギガホ
プレミア
永年-1,100円永年-550円
ギガホ永年-1,100円永年-550円
5Gギガライト/
ギガライト
~7GB:永年-1,100円
~5GB:永年-1,100円
~3GB:永年-550円
~1GB:対象外
~7GB:永年-550円
~5GB:永年-550円
~3GB:永年-220円
~1GB:対象外

ドコモのスマホセット割の割引額はプランによって変わりますが、最大1,100円が割引されます。

またドコモ光ミニの場合は割引額が減額される点に注意してください。

ドコモのスマホセット割は新規受付を終了したプランも割引対象

ドコモのスマホセット割はすでに終了したスマホプランも割引の対象です。

パケット
パック
ドコモ光
(タイプA・B・C・単独)
ドコモ光ミニ
ウルトラ
シェア
パック100
-3,850円-550円
ウルトラ
シェア
パック50
-3,190円-550円
ウルトラ
シェア
パック30
-2,750円-550円
ベーシック
シェア
パック
~30GB:-1,980円
~15GB:-1,980円
~10GB:-1,320円
~5GB:-880円
~30GB:-550円
~15GB:-550円
~10GB:-550円
~5GB:-550円
ウルトラ
データ
LLパック
-1,760円-550円
ウルトラ
データ
Lパック
-1,540円-550円
ベーシック
パック
~20GB:-880円
~5GB:-880円
~3GB:-220円
~1GB:-110円
~20GB:-550円
~5GB:-550円
~3GB:-220円
~1GB:-110円

ahamoはドコモ光セット割の対象外

ahamoはドコモ光セット割の対象外

またドコモ光セット割の対象はドコモのスマホユーザーだけで、ahamoは対象ではないので注意してください。

ドコモ光とペア回線にしても割引の対象になりません。

ペア回線とは

ペア回線は、ドコモ光とドコモのスマホの契約者の名義を同じにすることです。

ペア回線にすることで、ドコモ光セット割が適用されます。

たかし
たかし

ahamoはドコモ光セット割の適用がなくても、セット割が適用されたドコモのスマホとの組み合わせよりも安くなります。

セット割のために乗り換える必要はありません。

方法④:キャンペーンを適用する

ドコモのスマホを一番安くする方法④:キャンペーンを適用する

ドコモ光を申し込む際は、キャンペーンを実施しているプロバイダを選びましょう。

ドコモ光では、ドコモ光自体が実施する各種のキャンペーンや特典に加えて、プロバイダや代理店が独自にキャンペーンを行っています。

特にプロバイダによってはキャッシュバック金額が非常に高額なので、契約プロバイダを上手に選ぶことで実質的な費用を安くできます。

Wi-Fiルーターの無料レンタルなどを利用する

プロバイダによっては、Wi-Fiルーターの無料レンタルなども実施しています。

GMOとくとくBBではWi-Fiルーターを無料でレンタルできるので、ルーターの購入費用を節約できます。

一般的なグレードのWi-Fiルーターを買うと10,000円前後はするので、通信費を抑えたい人にはかなり大きいですね。

ゆかり
ゆかり

有料レンタルはたくさんありますが、無料でWi-Fiルーターを借りられるプロバイダは珍しいですね!

またプロバイダの用意するオプションのなかには、初回限定で無料や12ヶ月間無料など、お得な条件で利用できるものがあります。

▼プロバイダの無料オプションの例

  • セキュリティソフト
  • 出張サポート
  • 電話サポート

オプションで継続的に利用しそうなものがあれば、本来これらにかかる費用も含めて考えると、よりおトクに利用できるでしょう。

方法⑤:不要な有料オプションをつけない

ドコモのスマホを一番安くする不要な有料オプションをつけない

ドコモ光を安く利用するためには、不要な有料オプションはつけないようにしましょう。

NTTドコモやプロバイダが用意するオプションはとても便利ですが、不用意にオプション契約を増やすと支払い料金は簡単に上がってしまいます。

本当に必要なオプションに厳選して利用するようにしましょう。

方法⑥:dカードゴールドで支払う

ドコモのスマホを一番安くする方法⑥:dカードゴールドで支払う

ドコモ光の料金は、dカードゴールドで支払うようにしましょう。

dカードゴールドはドコモの発行するクレジットカードで、ドコモのサービスの支払いに使うとポイントが貯まりやすいのが特徴です。

通常1%のポイント還元のところ、ドコモ光とドコモスマホの支払いでは、利用料金1,000円ごとに10%が還元されます。

  • dカードゴールドは通常1%をdポイントで還元
  • dカードゴールドはドコモ光・ドコモのスマホの支払いでは、利用料金1,000円ごとに10%を還元
  • ahamo契約者はドコモ光分だけを10%還元

非常に高いポイント還元率なので、ドコモ光を利用するならぜひあわせて活用しましょう。

けんた
けんた

ドコモ光とドコモのスマホの支払いで毎月10,000円は超えるはずなので、あっという間に1ヶ月分のドコモ光の支払い分がたまりますよ!

節約したいならとてもおすすめのカードです。

ドコモ光を安く契約できるプロバイダはGMOとくとくBB

ドコモ光を安く契約できるプロバイダはGMOとくとくBB

ドコモ光を安く契約できるプロバイダとしておすすめなのが、GMOとくとくBBです。

ドコモ光を安く契約できるおすすめプロバイダ

特に料金面では、ほかのプロバイダと比べて優れている点が多く、ドコモ光を安く契約したいなら最優先に検討すべきプロバイダです。

GMOとくとくBBはキャッシュバックが非常に高額で、充実した特典を多数用意しています。

GMOとくとくBBがドコモ光を安く契約できる理由
  • キャッシュバック金額が高額
  • 他社からの乗り換えで生じた解約違約金を最大10,000円還元
  • Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる
  • インターネットセキュリティのオプションが12ヶ月無料
  • オプションの訪問サポートを初回無料で利用できる

ドコモ光 51,000円キャッシュバック
ドコモ光戸建てプラン
工事費用無料
月額料金5,720円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円
ドコモ光マンションプラン
工事費用無料
月額料金4,400円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円

ドコモ光は、認知度が高い人気の光回線です。

ドコモ光がおすすめな理由
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド
  • スマホがドコモならセット割でお得に使える
  • 工事費無料
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがドコモなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

キャッシュバックも通常プランなら38,000円で、10ギガプランなら当サイト限定でオプション条件なしで51,000円がもらえます。

また高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンも実施しています。

ひろみ
ひろみ

ここではドコモ光のおすすめ申込窓口のプロバイダ(GMOとくとくBB)のメリットについて、それぞれ詳しく解説します。

理由①:キャッシュバック金額が高額

プロバイダ名キャッシュバック条件申請振込時期
GMO
とくとくBB
51,000円
2,000pt
なしメールのみ5ヶ月後
ドコモnet
(ドコモ公式)
10,000ptなしメールのみ2ヶ月後
NNコミュニ
ケーションズ
30,000円
2,000pt
ドコモスマホメールのみ2ヶ月後
ネットナビ20,000円
2,000pt
オプション加入フォーム
メール
6ヶ月後
@nifty20,000円
2,000pt
なしメールのみ8ヶ月後
OCN20,000円
2,000pt
なしメールのみ6ヶ月後
TikiTiki20,000ptなしメールのみ6ヶ月後
BB.excite10,000ptなしメールのみ2ヶ月後
DTI10,000ptなしメールのみ2ヶ月後

理由②:他社からの乗り換えで生じた解約違約金を最大15000円還元

ドコモ光への乗り換えで生じた解約違約金を最大で15000円分も還元してくれるので、違約金の高さで乗り換えをためらっている人にはおすすめのプロバイダです。

解約違約金補助の内容
摘要条件・2年定期契約プランへの加入
・回線開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約する
・指定された方法で他社サービスの解約違約金明細の写真を提出する
還元金額15,000円
振込時期キャッシュバックと同タイミングで振り込み

金銭的な負担が理由で解約をためらっている人は、ぜひ活用してください。

理由③:Wi-Fiルーターを無料でレンタルできる

GMOとくとくBBはWi-Fiルーターを無料でレンタルできる

GMOとくとくBBでは、Wi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

Wi-Fiルーターの無料レンタルを行っているプロバイダはほかにもありますが、GMOとくとくBBでレンタルできる機種はほかのプロバイダよりも高性能なのが特徴です。

プロバイダ下り速度Wi-Fi6V6
プラス
GMOとくとくBB4804Mbpsなし
ic-net1300Mbpsなし
OCN1201Mbps
andline1201Mbps
ぷらら867Mbpsなし
BIGLOBE867Mbpsなし
@nifty867Mbpsなし
hi-ho867Mbpsなし
SIS867Mbpsなし
BB.excite866Mbpsなし
Tigers-net866Mbpsなし

Wi-Fiルーターを持っておらず、なるべく高性能なルーターをレンタルしたい人は、GMOとくとくBBを検討してみましょう。

ひろみ
ひろみ

GMOとくとくBBでレンタルできるWi-Fiルーターなら、光回線のスピード感を十分に実感できますよ!

理由④:インターネットセキュリティのオプションが12ヶ月無料

GMOとくとくBBはインターネットセキュリティのオプションが12ヶ月無料

GMOとくとくBBはオプションでインターネットセキュリティを提供しており、ドコモ光の申し込みから12ヶ月無料で利用できます。

提供されるセキュリティソフトは「マカフィーマルチアクセス」で、スパイウェアやウイルスなどからしっかりと通信を保護してくれます。

インターネット
安心
セキュリティ
内容
提供ソフトマカフィーマルチアクセス
無料期間12ヶ月
月額料金550円
利用可能台数最大3台まで
主な機能・ウイルス・スパイウェア対策
・フィッシングサイトからの個人情報保護
・Webサイトの安全性評価
・双方向ファイアウォール
・外部メディアのスキャン
・バックアップ機能
・紛失・盗難時の遠隔ロック
・TrueKeyによる生体認証・パスワード一元管理

またマカフィーマルチアクセスは、フィッシング詐欺防止機能やファイアウォールに加えて、パスワード一元管理機能や生体認証に対応しているのも特徴です。

パスワード漏洩に不安感を覚えている人にもしっかりと対応してくれる、オールマイティなセキュリティソフトと言えるでしょう。

このインターネット安心セキュリティーは本来、月額550円のオプションなので、12ヶ月間の無料利用で6,600円を節約できます。

理由⑤:オプションの訪問サポートを初回無料で利用できる

GMOとくとくBBはオプションの訪問サポートを初回無料で利用できる

GMOとくとくBBは、有料オプションの訪問サポートを初回無料で利用できます。

「ドコモ光専用無料訪問サポートメニュー」では、初回限定で訪問サポートを受けられるので、インターネットの初期設定などに不安を感じている人は安心してドコモ光を導入できます。

ドコモ光専用
無料訪問
サポートメニュー
設定可能台数
インターネット
接続設定
各1台
Wi-Fi設定Wi-Fi親機1台+子機1台
メール設定1アカウント
ひかりTV
接続設定
各1台

このような出張サービスは、パソコンサポート業者に頼むと、作業料が非常に高額です。

GMOとくとくBBなら無料なうえ、作業者も作業内容に精通しているので、安心して作業を任せられますよ。

ゆかり
ゆかり

インターネットやパソコンの設定に自信がない人でも安心して契約できますね!

当サイト限定の特別企画

ドコモ光の料金を安くできる申し込み方法

ドコモ光の料金を安くできる申し込み方法

ドコモ光のタイプAの申し込み方法を解説します。

ここではドコモ光の料金を安くする方法として、GMOとくとくBBでの申し込み方法を紹介します。

GMOとくとくBBの申し込みページにアクセスする

GMOとくとくBBのドコモ光の申し込みページにアクセスし「お申込み」をタップします。

アンケートが表示されたら、回答を入力します。

入力したら「次に進む」をタップします。

申し込み情報を入力する

申し込みに必要な情報を入力します。

入力する情報は氏名・電話番号・連絡希望日の3つです。

入力したら「確認画面へ進む」をタップします。

入力内容を確認したら「申し込み」をタップします。

電話による料金プランの確認

入力した連絡希望日に、GMOとくとくBBから電話連絡が入ります。

入力内容に関する確認を行い、料金プランやキャッシュバックや特典内容の説明を受けます。

GMOとくとくBBからNTTドコモに申し込み情報を連携する

GMOとくとくBBからNTTドコモに申し込み情報を連携します。

連携には1日程度かかります。

連携に関してユーザーがやることはありません。

ドコモ光サービスセンターと工事の日程の調整

ドコモ光サービスセンターへ電話し、工事の日程を確認します。

▼ドコモ光サービスセンター連絡先
一般電話:0120-766-156(通話料無料)
ドコモの携帯:15715
受付時間:9:00~21:00 365日受付

希望がある場合、都合がつかない場合は、変更の相談をします。

郵送物(開通のご案内など)の受領

工事日までの間に、郵送物が届きます。

「開通のご案内」などの契約書類一式が入っていることを確認します。

Wi-Fiルーターのレンタル申し込み

Wi-Fiルーターをレンタルする場合は、GMOとくとくBBの専用フォームから申し込みます。

工事日よりも前に申し込みをすませておくと、工事後にスムーズに利用を始められます。

開通工事の立ち会い

屋外工事と屋内工事を行います。

工事自体は数時間で終わりますが、立ち会いが必要です。

念のために当日は工事予定の時間以降も予定を空けておきましょう。

機器の設定

受領したONU(光回線終端装置)、Wi-Fiルーターの設定をします。

ONU(光回線終端装置)とは

ONU(光回線終端装置)は、光信号とデジタル信号間の変換を行う装置です。光回線とパソコンの間に設置します。

利用開始

ドコモ光の初期費用

ドコモ光の初期費用
初期費用戸建てマンション
工事費
(派遣工事あり)
22,000円22,000円
工事費
(屋内配線なし)
11,660円11,660円
工事費
(派遣工事なし)
3,300円3,300円
契約事務手数料3,300円3,300円

ドコモ光でかかる初期費用は、工事費契約事務手数料の2つです。

工事費と契約事務手数料は、戸建てタイプとマンションタイプで共通です。

また、現在は工事費用の無料特典により、いずれの場合も工事費はかかりません

  • 派遣工事あり:屋外工事・屋内工事の両方を実施する
  • 屋内配線なし:派遣工事で屋内配線工事を行わない
  • 派遣工事なし:NTT局舎内の工事のみで派遣工事は行わない

ここではドコモ光の初期費用で注意すべきポイントについて詳しく解説していきます。

工事費はキャンペーンで無料になる

工事費はキャンペーンで無料になる

ドコモ光では工事費の無料特典を実施しており、工事費はかかりません。

工事は最大22,000円と額面上は高額ですが、全額が割引されるため、契約にあたっては工事費を気にする必要はありません。

こうじ
こうじ

工事は金額にかかわらず全額が無料です。

またドコモ光の工事費無料特典は、一括で全額無料なのもポイントです。

他社の工事費無料キャンペーンでは、工事費用を分割して毎月の請求から割引するものがありますが、途中解約をすると残債分が一括請求されてしまいます。

しかしドコモ光では一括で初回の請求時に全額分を完全に無料にしてくれるので、安心して特典を利用できます。

ひろみ
ひろみ

キャンペーンは期間限定です。

終了や中断の可能性もあるので、チャンスを逃さないようにしてくださいね!

転用や事業者変更は工事不要

手続き乗り換えの内容
転用フレッツ光からドコモ光への乗り換え
事業者変更他社の光コラボからドコモ光への乗り換え
光コラボとは

光コラボは「光コラボレーション」の略語で、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光回線をプロバイダ事業者が借り受け、自社ブランドのサービスとして提供する光回線サービスを指します。

光コラボでは、フレッツ光では実現できなかった独自サービスやオプションなどを提供できるなど、サービスの自由度が高いのが特徴です。

フレッツ光や他社光コラボから移転する「転用」や「事業者変更」では、工事は必要ありません

工事費用はそもそもかからないため、初期費用として気にする必要はありません。

光電話やひかりテレビは別途初期費用がかかる

ドコモ光電話ドコモ光
テレビオプション
ひかりテレビ
初期費用1,100~12,100円13,530〜28,160円0円
(チューナー購入・
レンタル費用は別途必要)

ドコモ光のオプションとして、ドコモ光電話やドコモ光テレビを申し込めますが、それぞれ別途初期費用がかかります

ひかりテレビはサービスの利用開始で請求される初期費用はありませんが、専用チューナーの購入・レンタルが必要です。

ドコモ光の有料オプション

ドコモ光の有料オプション
オプション月額料金
ドコモ光電話550円
ドコモ光電話バリュー1,650円
ドコモ光テレビオプション825円
ひかりTV1,100円~
ひかりTV for docomo2,750円~
(新規申込終了)
スカパー!基本料金:429円

パック料金:1,980円~
DAZN for docomo3,700円
dTV550円
(新規申込終了)
Lemino990円
dアニメストア550円
ネットワークセキュリティ385円
デジタル機器補償サービス550円
ネットトータルサポート550円

ドコモ光で用意されているオプションには上記の12種類があります。

ひとつひとつの金額は少額ですが、複数を登録するとオプション料金だけですぐに数千円にふくれあがります。

ドコモ光の料金を安くしたければ、有料オプションはできるだけ付けないようにしましょう。

オプション①:光電話の月額料金

オプション月額料金
ドコモ光電話550円
ドコモ光電話バリュー1,650円

ドコモ光で選べる光電話のオプションは、ドコモ光電話とドコモ光電話バリューの2種類です。

ドコモ光電話の料金は非常にシンプルで、基本料金の550円に通話した分が課金されます。

光電話の通話料

通話料も非常に安く、NTTの加入電話よりも圧倒的におトクです。

項目NTTの加入電話
の通話料
ドコモ光電話
の通話料
市内/3分9.35円8.8円
県内市外/3分22~44円8.8円
県外/3分22~88円8.8円
国際電話
アメリカ宛て/1分
(一部を除く)
60円9円
携帯電話宛て/1分17.6円17.6円

ドコモ光電話バリューの付加サービス

ドコモ光電話バリューは、ドコモ光電話に6つの有料サービスと528円分の無料通話をセットにしたもので、無料通話分が余れば翌月繰り越しもできます。

▼ドコモ光バリューで利用できるサービス

  • 通話中着信
  • 転送でんわ
  • 発信者番号表示
  • ナンバー・リクエスト
  • 迷惑電話ストップサービス
  • 着信お知らせメール

それぞれ別に追加すると、220~550円の料金がかかりますが、ドコモ光バリューではすべて無料で利用できます。

ひろみ
ひろみ

固定電話をよく使う人は、ドコモ光バリューの方が使いやすいでしょう。

オプション②:ひかりテレビの月額料金

オプション月額料金サービス内容
ドコモ光テレビ
オプション
825円アンテナ不要で地デジ・BSを視聴可能
新4K8K衛星放送にも対応
ひかりTV1,100円~アンテナ不要で地上・BSを視聴可能
専門チャンネルと動画配信サービスも視聴可能
ひかりTV
for docomo
2,750円~
(新規申込終了)
専門チャンネルと動画配信サービス、
地デジ・BSを視聴可能

現在、新規に申し込みできるひかりテレビのオプションは、ドコモ光テレビオプションとひかりTVの2種類です。

ドコモ光テレビオプションは月額825円、ひかりTVは月額1,100円からで視聴内容にあわせて3種類のプランを選べます。

地デジとBSだけならドコモ光テレビオプションを、専門チャンネルと動画配信サービスも見るならひかりTVを選びましょう。

オプション③:動画配信サービスの月額料金

オプション月額料金サービス内容
スカパー!基本料金:429円

パック料金:1,980円~
国内外の映画やスポーツなどを
チャンネル単位で配信
DAZN
for docomo
3,700円国内外のスポーツを配信
リアルタイム配信もあり
dTV550円
(新規申込終了)
国内外の映画やドラマ、アニメなどが
視聴できる動画配信サービス
2023年6月にサービス終了予定
Lemino990円dTVの後継サービスで、
映画やドラマ、アニメを視聴可能
dアニメストア550円アニメ専門の動画配信サービス

スカパーは見たいチャンネルを選択して視聴する形式で、基本料金のほかにチャンネル分がセットになったパック料金がかかります。

そのほかのサービスは月額定額制で、料金を払うことでスマホやタブレット、パソコンなどで動画を楽しめます。

新作の動画など、一部サービス内に課金コンテンツもあるので、注意してください。

けんた
けんた

動画配信サービスは無料トライアルを実施しているものもあるので、気になるサービスがあればぜひ体験してみましょう。

オプション④:セキュリティサービスの月額料金

オプション月額料金
ネットワークセキュリティ385円

セキュリティサービスでは、ネットワークセキュリティを月額385円で利用できます。

パソコンやインターネットのセキュリティ対策が可能です。

オプション⑤:サポートの月額料金

オプション月額料金
ネットトータルサポート550円

ネットトータルサポートは月額550円で、インターネットに関するトラブルを総合的にサポートしてくれるオプションです。

電話や訪問サポートに加えて、修理やデータ復旧、買取、オンラインパソコン教室まで利用できます。

ドコモ光の料金明細を確認する方法

ドコモ光の料金明細を確認する方法

ドコモ光の料金明細を確認する方法を解説します。

ここではGMOとくとくBBのBBnaviで明細を確認する方法を紹介します。

BBnaviにログイン

ブラウザからBBnaviにログインします。

ログイン会員IDとパスワードは登録証に記載があるので、不明な場合はそちらで確認してください。

ドコモ光の料金明細を確認する方法①:BBnaviにログインする
BBnaviのメニューの「ご利用料金」をタップ

BBnaviのトップ画面に表示されている「ご利用料金」をタップします。

請求履歴を確認

表示された請求履歴から、料金明細を確認します。

注意

当月の請求金額が表示されるのは、請求金額の確定以降です。

請求金額がするまでは、画面に表示されません。

確認完了

また、BBnaviでは料金明細の確認ができますが、領収書は発行できません。

ゆかり
ゆかり

BBnaviでできるのは料金明細の確認のみです。

ドコモ光と他社の料金プランをシミュレーション比較

ドコモ光と他社の料金プランをシミュレーション比較

ドコモ光と他社の光回線の料金プランを比較してみましょう。

サービスごとに解説していきます。

ドコモ光とauひかり

ドコモ光とauひかりの料金プランをシミュレーション比較
サービスドコモ光
(タイプA 2年)
auひかり
(3年)
戸建て4,620円
(セット割適用後)
5,610円
マンション3,300円
(セット割適用後)
4,455円

auひかりの料金は戸建てで5,610円、マンションで4,455円なので、ドコモユーザーの場合はドコモ光セット割を適用したドコモ光の方が安くなります

また年間の通信費を比較すると、戸建てで11,880円、マンションで13,860円もドコモ光がおトクです。

サービス年間差額ドコモ光
(タイプA 2年)
auひかり
(3年)
戸建て
(12ヶ月分)
11,880円55,440円
(セット割適用後)
67,320円
マンション
(12ヶ月分)
13,860円39,600円
(セット割適用後)
53,460円
けんた
けんた

年間で10,000円以上の差は大きいですね!

auひかり
auひかり戸建てプラン
工事費用41,250円
月額料金5,610円
最低利用期間3年
キャンペーン特典総額
153,250円
auひかりマンションプラン
工事費用33,000円
月額料金4,180円
最低利用期間3年
キャンペーン特典総額
153,250円

auひかり はauのスマホを使っているならおすすめしたい光回線です。

auひかり がおすすめな理由
  • auひかり(戸建て)は通信速度が速いと評判が良い
  • 工事費が実質無料になる
  • スマホがauならセット割でお得に使える
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがauなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

特典の総額も最大153,250円とお得なうえ、高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンを実施しています。

ドコモ光とソフトバンク光

ドコモ光とSoftbank光の料金プランをシミュレーション比較
サービスドコモ光
(タイプA)
ソフトバンク光
(2年)
戸建て4,620円
(セット割適用後)
5,720円
マンション3,300円
(セット割適用後)
4,180円

ソフトバンク光の料金は戸建て5,720円、マンション4,180円なので、ドコモユーザーはドコモ光セット割を適用したドコモ光の方が安くなります

また年間の通信費を比較した場合、戸建てで13,200円、マンションで10,560円もドコモ光がおトクです。

サービス年間差額ドコモ光
(タイプA 2年)
ソフトバンク光
(2年)
戸建て
(12ヶ月分)
13,200円55,440円
(セット割適用後)
68,640円
マンション
(12ヶ月分)
10,560円39,600円
(セット割適用後)
50,160円
ソフトバンク光
ソフトバンク光戸建てプラン
工事費用26,400円
月額料金5,720円
最低利用期間2年
キャンペーンキャッシュバック
最大36,000円
ソフトバンク光マンションプラン
工事費用26,400円
月額料金4,180円
最低利用期間2年
キャンペーンキャッシュバック
最大36,000円

ソフトバンク光はSoftBankのスマホを使っているならおすすめしたい光回線です。

ソフトバンク光 がおすすめな理由
  • スマホがSoftBankならセット割でお得に使える
  • 工事費が実質無料になる
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがSoftBankなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

また高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンを実施しています。

ドコモ光と楽天ひかり

ドコモ光と楽天ひかりの料金プランをシミュレーション比較
サービスドコモ光
(タイプA)
楽天ひかり
(3年)
戸建て4,620円
(セット割適用後)
5,280円
マンション3,300円
(セット割適用後)
4,180円

楽天ひかりの料金は戸建てタイプが5,280円、マンションタイプが4,180円です。

楽天ひかりの場合も、ドコモユーザーはドコモ光セット割を適用したドコモ光の方が安いです。

また年間の通信費を計算すると、戸建てで7,920円、マンションで10,560円もドコモ光がおトクになります。

サービス年間差額ドコモ光
(タイプA 2年)
楽天ひかり
(3年)
戸建て
(12ヶ月分)
7,920円
55,440円
(セット割適用後)
63,360円
マンション
(12ヶ月分)
10,560円39,600円
(セット割適用後)
50,160円

楽天ひかり
楽天ひかり戸建て
プラン
工事費用22,000円
月額料金5,280円
最低利用期間2年
キャンペーン月額料金
6ヵ月0円
楽天ひかりマンション
プラン
工事費用22,000円
月額料金4,180円
最低利用期間2年
キャンペーン月額料金
6ヵ月0円

楽天ひかりは、楽天ひかりに初めての申し込み&楽天モバイルご利用で月額基本料最大6カ月無料キャンペーンを実施しています。

楽天ひかり がおすすめな理由
  • 楽天ポイントの還元率がアップする
  • 楽天ポイントが貯まりやすくなる
  • 楽天モバイルとセットで使うのがおすすめ

楽天カードや楽天モバイルなど、楽天サービスと一緒に使えば、楽天ポイントが貯まりやすくなるので、楽天経済圏の人におすすめしたい光回線です。

ゆかり
ゆかり

楽天ひかりは3年契約なのでその分基本料金が低くなりますが、ドコモユーザーはドコモ光の方が安くなります。

ドコモ光とNURO光

ドコモ光とNURO光の料金プランをシミュレーション比較
サービスドコモ光
(タイプA)
NURO光
(3年)
戸建て4,620円
(セット割適用後)
5,200円
マンション3,300円
(セット割適用後)
2,750円

NURO光の料金は戸建てタイプで5,200円、マンションタイプで2,750円です。

NURO光はマンションの料金が非常に安く、ドコモ光セット割を適用してもドコモ光よりも安くなります。

一方で戸建ての場合はドコモ光の方が安いので、ドコモユーザーはドコモ光を選びましょう。

ひろみ
ひろみ

ただしNURO光のマンションタイプは建物の対応がいまだに進んでない印象です。

必ずしも使えるとは限らないことに注意しておきましょう。

また年間の通信費を比較すると、戸建てタイプではドコモ光が6,960円分のトクになりますが、マンションタイプではNURO光の方が6,600円分トクになる計算です。

サービス年間差額ドコモ光
(タイプA 2年)
NURO光
(3年)
戸建て
(12ヶ月分)
6,960円55,440円
(セット割適用後)
62,400円
マンション
(12ヶ月分)
-6,600円39,600円
(セット割適用後)
33,000円

NURO光
NURO光戸建てプラン
工事費用44,000円
月額料金5,200円
最低利用期間3年
キャンペーンキャッシュバック
60,000円
NURO光マンションプラン
工事費用44,000円
月額料金2,750円
最低利用期間3年
キャンペーンキャッシュバック
25,000円

NURO光はTVCMもやっているので認知度が高い光回線です。

NURO光がおすすめな理由
  • NURO光(戸建て)は通信速度が速いと評判が良い
  • スマホがソフトバンクならセット割でお得に使える

スマホがソフトバンクなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

対応エリアが全国ではなく一部地域なので、エリア内であれば検討をおすすめしたい光回線です。

ゆかり
ゆかり

マンションがNURO光に対応していれば、NURO光を検討してみましょう。

ドコモ光の料金でよくある質問

よくある質問faq

ドコモ光の料金によくある質問と回答を紹介します。

ドコモ光の料金を一番安くする方法は?
ドコモ光の料金を一番安くしたい場合は、次の条件で利用しましょう。
・プロバイダをタイプAから選ぶ
契約期間を2年にする
・ドコモのスマホとのドコモ光セット割で最大1,100円/回線を割引する
・プロバイダのキャッシュバックなどの特典を受ける
・不要な有料オプションを契約しない
・dカードゴールドで支払う
>> ドコモ光の料金を一番安くする方法を詳しく見る
ドコモ光の料金明細を確認する方法は?
ドコモ光をGMOとくとくBBで契約した場合は、アカウント管理画面の「BBnavi」で料金明細を確認できます。
>> ドコモ光の料金明細を確認する方法を詳しく見る
ドコモ光が安くなる人はどんな人?
ドコモのスマホを利用していてドコモ光と同一名義の場合は、ドコモ光との組み合わせで「ドコモ光セット割」が適用され、ドコモのスマホ料金が1回線につき最大1,100円安くなります。
またその対象者と同じ「ファミリー割引」グループの人も、ドコモのスマホ料金が割引されます。
ドコモ光とドコモ光ミニの違いは?
ドコモ光ミニは戸建て向けの2段階定額制プランで、データ使用量に応じて料金が変わります
データ使用量が200MBまでは基本使用料が2,970円で、200~1,200MBの間は10MBあたり33円が追加されます。
データ通信量が1,200MB以上になった場合は、上限料金として6,270円が請求されます。
またドコモ光ミニはプロバイダがセットになっていないため、プロバイダ契約を別に行う必要があります。
そのため、プロバイダ料金がドコモ光ミニの料金とは別にかかります。
ドコモ光は月額定額制で、どれだけ通信しても基本料金は変わりません。
>> ドコモの各料金プランの詳細を見る
ドコモ光のおすすめプロバイダは?
ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめです。
キャッシュバックやオプションが充実しているので、より実質料金を下げられます。
>> ドコモ光を安く利用できるプロバイダを詳しく見る

ドコモ光の料金まとめ

最後にドコモ光の料金についておさらいします。

  • ドコモユーザーはドコモ光セット割が適用されてドコモ光をほぼ最安で利用可能
  • ドコモ光はプロバイダのキャッシュバックや無料特典でさらにおトクに契約できる
  • ドコモ光を契約するなら2年契約のタイプAが安くておすすめ
  • プロバイダを選ぶならキャッシュバック金額がトップクラスのGMOとくとくBBがベスト
  • 工事費用はどのプランで契約しても特典で一括無料

ドコモユーザーはドコモ光を選ぶことで、ドコモ光セット割の適用を受けられます。

1回線あたり最大1,100円がスマホ代から割引され、最大20回線分の家族のスマホも割引可能なので、ドコモユーザーで光回線を安く使いたいなら、まずドコモ光を検討すべきでしょう。

ドコモ光への申し込みは、キャッシュバック金額の多いGMOとくとくBBがおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました。