home5Gとドコモ光はどっちがおすすめ?

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「ドコモ home 5Gとドコモ光はどちらがおすすめ?」
「ドコモ home 5Gとドコモ光は何が違う?」
「それぞれの回線はどういう人におすすめ?」

インターネット回線で、ドコモ home 5Gとドコモ光のどちらにするか迷っている人もいるでしょう。

ふじもん
ふじもん

住んでいる建物で光回線の開通工事が可能なら、通信品質や料金に優れたドコモ光がおすすめです。

工事不可、すぐに使いたいなどの事情がある場合は、ドコモ home 5Gを選びましょう。

本記事では、ドコモ home 5Gドコモ光を徹底比較して、それぞれのメリットやおすすめのユーザーを紹介します。

ぜひ記事内容を参考に、自分の使い方に合った回線を選んでください。

当サイト限定の特別企画

ドコモhome5Gとドコモ光を比較

ドコモhome5Gとドコモ光を比較

ドコモ home 5Gとドコモ光を比較してみましょう。

サービスドコモ
home5G
ドコモ光
(戸建てタイプ)
最大
通信速度
4.2Gbps1Gbps
通信容量無制限無制限
月額料金4,950円5,500円~5,940円
事務
手数料
3,300円3,300円
本体代金HR02:71,280円
HR01:39,600円
36ヶ月利用で
同額割引のため実質無料
なし
工事費用なし最大22,000円
解約金なし最大5,500円
契約期間なし24ヶ月
スマホ
セット割
-1,100円/回線-1,100円/回線
ドコモ
光電話
非対応対応

ここでは2つの回線を下記の要素ごとに比較していきます。

  • 通信速度
  • 工事費用・初期費用
  • 料金
  • エリア
  • 通信制限

それぞれ詳しく見ていきましょう。

通信速度を比較

ドコモhome5Gとドコモ光の比較①:通信速度
ドコモ
home5G
ドコモ光
最大通信速度4.2Gbps1Gbps
実質通信速度178Mbps274Mbps

最大通信速度はドコモ home 5Gが4.2Gbpsドコモ光が1Gbpsです。

ただしこれはベストエフォートとしての理論値で、実質速度はドコモ光が274Mbpsとドコモ home 5Gを上回っています

ベストエフォートとは

ベストエフォートは「最大限の努力」という意味です。

ベストエフォートで表される速度は、通信事業者が最大限に努力した際に提供できる理論値で「最大」○○Gbps(またはMbpsなど)と表現されます。

実際の利用では、さまざまな要因によって、通信速度はこれよりも下がります。

これはそれぞれが利用する通信回線の違いによるもので、ドコモ光が光ファイバーケーブルを利用しているのに対し、ドコモ home 5Gが接続しているのは、モバイル回線です。

モバイル回線は基地局までの通信を無線で行うため、外部の影響を受けやすく、理論値よりも速度が大きく下がりがちです。

時間帯別で速度を比較

ドコモhome5Gとドコモ光の通信速度を時間帯別で比較

時間帯に別に実質速度を見た場合も、通信速度は1日を通して、ドコモ光がドコモhome5Gを上回っています。

サービスドコモ
home5G
ドコモ光
177Mbps366Mbps
299Mbps345Mbps
夕方238Mbps304Mbps
137Mbps244Mbps
深夜173Mbps357Mbps

時間帯に関係なく、常に高速の回線を使いたいという人は、ドコモ光がおすすめです。

ゆかり
ゆかり

実質通信速度は、どの時間帯でもドコモ光の方が高速です。

ただしドコモ home 5Gも速度自体は遅くありません。

応答速度(Ping値)を比較

ドコモhome5Gとドコモ光の応答速度(Ping値)を比較
サービスドコモ
home5G
ドコモ光
平均応答速度50ms20ms

応答速度を示すPing値は、ドコモ光が圧倒的に高速で、平均20ms以下です。

Ping値とは

Ping値は通信の応答速度を示す指標で、ms(ミリセカンド・ミリ秒)の数値で表されます。

Ping値の数値が小さい方が通信の反応が速いため、オンラインゲームなどの用途でもラグが生じにくくなります。

たとえばオンラインのFPSゲームで、快適にプレイしたい場合に求められるPing値は、30ms以下です。

ドコモ home 5Gはおよそ50msと非常に反応が遅いため、プレイ中のラグがかなり激しく生じるでしょう。

サービスドコモ
home5G
ドコモ光
49ms19ms
50ms19ms
夕方50ms19ms
49ms22ms
深夜51ms19ms
こうじ
こうじ

オンラインゲームをプレイする人は、ドコモ home 5Gはやめておきましょう。

ドコモ home 5Gは5Gエリア対応の有無でも速度が変わる

ドコモ home 5Gは次世代通信の5Gに対応しています。

5Gでの通信は光回線以上の速度が出ることがありますが、5Gのエリア提供はまだ大都市圏が中心です。

今後5Gエリアが拡大することで、ドコモ home 5Gの通信速度がさらに高速になる可能性はあります。

工事や初期費用を比較

ドコモhome5Gとドコモ光の比較②:工事費用や初期費用
サービスドコモ
home5G
ドコモ光
(戸建てタイプ)
事務手数料3,300円3,300円
本体代金HR02:71,280円
HR01:39,600円
36ヶ月利用で
同額割引のため
実質無料
なし
工事費用なし最大22,000円

置くだけで利用できるドコモ home 5Gに対し、ドコモ光は開通工事が必要です。

すでに建物に光ファイバーケーブルが引き込まれている場合は、工事費用が安くなり、立ち会いが必要ありません。

▼立ち会い工事が不要なケース

  • 光コンセントがすでに設置ずみの場合
  • フレッツ光を使用しており設備が設置ずみの場合
  • 他社光コラボを使用しており設備が設置ずみの場合
  • ケーブルテレビの設備でドコモ光を利用する場合
光コラボとは

光コラボは、プロバイダ事業者がNTTのフレッツ光回線を借り受けて提供する光回線サービスです。

ドコモ光以外の代表的なサービスに、ソフトバンク光やビッグローブ光などがあります。

たかし
たかし

ドコモ光はNTTのフレッツ光回線の設備を使用します。

ドコモ home 5Gのルーター購入費用

一方で、ドコモ home 5Gはルーター本体の購入が必要です。

最新機種のHR02は71,280円、旧機種のHR01は39,600円と高額ですが、それぞれ本体代金が36回に分割されて毎月の請求から割引されるため、実質無料です。

分割割引は途中解約に注意

36ヶ月間の分割割引中にドコモ home 5Gを解約した場合、解約時点で割引が終わってない分のルーター本体代が、一括請求されます。

解約する場合は、ルーターの残債がいくら残っているか注意しましょう。

ドコモ光は工事費無料特典を実施中

ドコモ光は工事費無料特典を実施中

ドコモ光で開通工事を行うと最大22,000円の費用がかかりますが、現在は無料特典を実施しています。

費用全額が一括で無料となるため、実費は発生しません。

ひろみ
ひろみ

ドコモ光が現在実施している特典では、購入時にホームルーター代金がすべて一括で無料になります。

月々の請求から分割で割引されるわけではないので、途中解約しても残債は請求されません。

料金を比較

ドコモhome5Gとドコモ光の比較③:料金
サービスドコモ
home5G
ドコモ光
(戸建てタイプ)
月額料金4,950円タイプA:5,720円
タイプB:5,940円
単独タイプ:5,500円
解約金なし最大5,500円
(2022年7月1日以降
の契約から)
契約期間なし24ヶ月

ドコモ home 5Gの月額料金は4,950円です。

一方のドコモ光はプロバイダや契約プランで異なり、月額料金は5,500~5,940円です。

通常はタイプA・タイプBのいずれかの契約で利用しますが、ドコモ光のプロバイダ以外でプロバイダ契約を行う場合は、単独タイプの契約に加えて別途プロバイダ分の料金がかかります。

けんた
けんた

単独タイプは通常の利用方法ではまず選ぶことがないため、タイプA・タイプBの料金で考えておくとよいでしょう。

解約違約金

ドコモhome5Gとドコモ光の解約違約金を比較

ドコモ home 5Gは契約期間がないため、解約違約金がありません

一方でドコモ光を2年契約で利用している場合は、更新月以外の解約で違約金が生じます。

なお更新月は、契約した月から24ヶ月目とその翌月(25ヶ月目)、翌々月(26ヶ月目)です。

サービスドコモ
home5G
ドコモ光
(戸建てタイプ)
解約金なし2022年7月1日以降:5,500円
2022年6月30日以前:14,300円

またドコモ光は2022年7月1日付で解約金が改定され、5,500円と安くなりました。

しかし2022年6月30日以前は最大14,300円と高額なため、ドコモ光から他サービスへの乗り換えを考えている場合には注意が必要です。

エリアを比較

ドコモhome5Gとドコモ光の比較④:提供エリア

エリアはドコモ home 5G、ドコモ光のどちらも非常に広く、人の居住している地域のほぼ全域をカバーしています。

ドコモ
home5G
ドコモ光
カバー率人口カバー率99%以上エリアカバー率約97%
(フレッツ光回線)
人口カバー率とは

人口カバー率とは、人口に対する通信回線のカバーの割合を示す指標です。

カバーしているエリアの人口÷国内の全人口×100」で算出されます。

カバーしているエリアは、全国を約500m四方に区切ったメッシュごとに判断され、メッシュの過半をカバーした場合にそのメッシュのカバーを有効とみなします。

エリアカバー率とは

エリアカバー率は、NTTが公表する2021年時点での全国の固定網施設数に対する光エリアの固定網施設数の比率をもとにしています。

NTTの固定網はほぼ全国に行き渡っているため、非常に高い光回線カバー率です。

ただしドコモ home 5Gはモバイル回線を使用するため、エリア内でも周囲の環境に通信の品質が影響されます。

電波の障害となるような高層ビルが周囲にある場合や、電波を受信する部屋が建物の奥まった場所にある場合は、通信の状態が悪くなる場合があります。

ひろみ
ひろみ

ドコモ home 5Gを利用する場合は、サービスエリアマップでエリア対応をあらかじめチェックしておきましょう。

ドコモ home 5Gは5Gエリアにも対応

NTTドコモの4Gエリア
ドコモの4Gエリア
NTTドコモの5Gエリア
ドコモの5Gエリア

ドコモ home 5Gは、次世代の通信方式「5G」に対応しています。

5Gはモバイル回線ながら光回線に匹敵する高速通信が可能ですが、5Gエリアは従来の4G/LTEエリアほどは広がっておらず、現在は一部のエリアのみに限られています。

こうじ
こうじ

ドコモの5Gエリアは段階的に拡充されています。

現在は非対応でも、今後のエリア対応が見込まれます。

通信制限を比較

ドコモhome5Gとドコモ光の比較⑤:通信制限

ドコモ光は通信制限がなく、無制限で利用可能です。

一方、ドコモ home 5Gは「直近3日間のデータ利用量が特に多い」場合に、通信速度を制限することをアナウンスしています。

当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。

ドコモ home 5G

ただし実際のところ、ドコモ home 5Gで速度制限が実施されたという口コミを見ることはありません。

そのため、ドコモ home 5Gでの速度制限は事実上、実施されていないと見られています。

ドコモhome5Gがおすすめな人

ドコモhome5Gがおすすめな人

ドコモ home 5Gがおすすめなのは、工事ができない人や高速なホームルーターが欲しい人です。

home 5Gがおすすめな人
  • 開通工事ができない
  • すぐに利用を始めたい
  • 通信速度の速いホームルーターが使いたい
  • 引っ越しが多い

特に建物の都合で光回線が利用できない人にとって、ドコモ home 5Gは非常におすすめです。

ドコモ home5g
home5G当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金4,950円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
20,000円

ドコモhome5Gは、コンセントに挿すだけですぐ使えるWiFiの中で一番人気です。

ドコモhome5G がおすすめな理由
  • ホームルーター人気ランキング1位
  • 通信速度が速い
  • 契約の縛りが無い
  • 本体代金が実質無料になる
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド

home5Gは、ドコモが提供するホームルーターサービスです。

通信速度も速く、口コミ評判が良いので、自信を持っておすすめします。

\限定企画・当サイトだけ!20,000円もらえる/

ドコモhome5G

詳しくはこちら

工事ができない人

ドコモhome5Gがおすすめな人①:工事できない人

建物の都合で光回線の工事ができない場合は、ドコモ home 5Gはおすすめです。

建物が古い場合や賃貸物件の場合は、光回線の開通工事ができない場合がありますが、ドコモ home 5Gはホームルーター本体を電源コンセントに差すだけで使えます。

工事ができなくて悩んでいる人はぜひドコモ home 5Gを検討してみましょう。

たかし
たかし

工事は建物の壁面を加工する場合があります。

賃貸物件では必ず管理会社か大家に承諾を取るようにしてください。

すぐに利用を始めたい人

ドコモhome5Gがおすすめな人②:すぐに利用したい人

開通工事を待つことなくすぐにインターネット回線を利用したい人にも、ドコモ home 5Gはおすすめです。

光回線は開通工事を行うまでに1~2ヶ月程度待たなければなりませんが、ドコモ home 5Gなら本体を設置するだけですぐに使い始められます。

本体もすぐに送られてくるので、急いでインターネット環境を整えたい人にもホームルーターはおすすめです。

こうじ
こうじ

ドコモ光やフレッツ光に限らず、光回線は工事までの期間が非常に長いです。

新生活の開始までに余裕がない場合は、ドコモ home 5Gに申し込むとよいでしょう。

通信速度の速いホームルーターが必要な人

ドコモhome5Gがおすすめな人③:通信速度の速いホームルーターが必要な人
サービスdocomo home5GWiMAX 5GSoftBank AirRakuten Turbo
端末
イメージ
ドコモ home 5G HR02wimax5g l13Airターミナル5rakuten turbo 5g
スペック
通信速度
4.2Gbps2.7Gbps2.1Gbps2.1Gbps
実質
通信速度
210Mbps105Mbps79Mbps33Mbps

ホームルーターは通信性能が低いものが多いなか、ドコモ光は非常に高速で安定感が高いのが特徴です。

ホームルーターで光回線並みの速度が出るのはドコモ home 5Gだけなので、ホームルーターを選ぶなら、断然ドコモ home 5Gをおすすめします。

引っ越しが多い人

ドコモhome5Gがおすすめな人④:引っ越しが多い人

引っ越しが多い人は、ドコモ home 5Gを選びましょう。

ドコモ home 5Gはホームルーターをコンセントに差すだけで利用を開始できるため、引っ越しのたびに工事を行う必要がありません。

もちろん端末は継続して利用でき、住所変更の手続きもオンラインや電話ですぐにできます。

ひろみ
ひろみ

住所変更の手続きをせずに場所を変えて使用するとペナルティとして通信を止められる場合があります。

手続きは絶対に忘れないでくださいね。

ドコモ光がおすすめな人

ドコモ光がおすすめな人

高速な通信を利用したい人、料金を安くしたい人は、ドコモ光がおすすめです。

ドコモ光がおすすめな人
  • 料金を安くしたい人
  • 高速な通信を利用したい人
  • FPSゲームなどでPing値が低い方がよい人

ドコモ光の魅力は高い通信品質と料金の安さ。

開通工事さえ可能なら、ドコモ光が断然おすすめです。

ドコモ光 51,000円キャッシュバック
ドコモ光戸建てプラン
工事費用無料
月額料金5,720円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円
ドコモ光マンションプラン
工事費用無料
月額料金4,400円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円

ドコモ光は、認知度が高い人気の光回線です。

ドコモ光がおすすめな理由
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド
  • スマホがドコモならセット割でお得に使える
  • 工事費無料
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがドコモなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

キャッシュバックも通常プランなら38,000円で、10ギガプランなら当サイト限定でオプション条件なしで51,000円がもらえます。

また高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンも実施しています。

料金を安くしたい人

ドコモ光がおすすめな人①:料金を安くしたい人

料金を安くしたい方は、ドコモ光を検討してみましょう。

ドコモ光は月額料金が安く、特にマンションの場合はドコモ home 5Gよりも月額料金が低くなります。

ドコモ光
(戸建て)
ドコモ光
(マンション)
ドコモ
home5G
月額
料金
5,720円4,400円4,950円

またルーターの端末代などの諸費用もかからないので、不測の出費が生じることもありません。

家計への負担を抑えながら高品質な回線を使いたいなら、ドコモ光を選びましょう。

ひろみ
ひろみ

ドコモ home 5Gは端末代金が割引されて実質的に無料になりますが、割引は36回に分けて行われます。

途中解約すると残債分を一括で請求されるので、注意してください。

高速な通信を利用したい人

ドコモ光がおすすめな人②:高速な通信を利用したい人
通信速度
ドコモ光274Mbps
GMOとくとくBB光258Mbps
ドコモ home 5G178Mbps

高速な通信を利用したい人は、ドコモ光がおすすめです。

ドコモ光はフレッツ光や光コラボのなかでも通信速度が速く、ドコモ home 5Gよりも高速です。

また通信は1日中安定しているので、YouTubeや動画視聴、大容量のファイルのやり取りなどもストレスなく行えます。

FPSゲームなどでPing値が低い方がよい人

ドコモ光がおすすめな人③:FPSゲームをプレイしていてPing値が低い方がよい人

オンラインでFPSゲームをプレイしている方には、応答速度の速いドコモ光をおすすめします。

ドコモ光はどの時間帯でもPing値はおおむね20ms以下なので、FPSゲームもしっかり遊べます。

通信品質がプレイスキルを妨げることがないので、ゲームを思いっきり楽しみたいなら、ぜひドコモ光を検討してみましょう。

ドコモhome5Gのメリットとデメリット

ドコモhome5Gのメリットとデメリット

メリット

  • コンセントに繋ぐだけで使える
  • データ容量無制限で使い放題

デメリット

  • 光回線よりも通信品質は劣る
  • 持ち運んで使えない
  • 3年以内に解約すると端末代が生じる
  • 応答速度が遅くオンラインゲームに不向き

ドコモ home 5Gのメリットとデメリットを見てみましょう。

ドコモhome5Gのメリット

ドコモhome5Gのメリット

ドコモ home 5Gのメリットは、使い始めるまでのシンプルさと、光回線同様に使える無制限通信にあります。

メリット①:コンセントに繋ぐだけで使える

ドコモ home 5Gのメリット①:コンセントに挿すだけで使える

ドコモ home 5Gはホームルーター本体を電源コンセントに繋ぐだけで、すぐに使い始められます。

光回線のような開通工事は必要ありません。

メリット②:データ容量無制限で使い放題

ドコモ home 5Gは、データ容量に制限がないため、固定回線と同様に使い放題で利用できます。

YouTubeやNetflixなどの動画視聴サービスやオンラインゲーム、ZoomやGoogleMeetなどのビデオ会議も問題なく利用できます。

ドコモhome5Gのデメリット

ドコモhome5Gのデメリット

ドコモ home 5Gは性能面でやや弱みがあるため、事前に把握しておきましょう。

デメリット①:光回線よりも通信品質が劣る

ドコモ home 5Gは光回線と比べると、通信品質がやや劣ります。

通信回線ホームルーター光回線
サービスhome5Gドコモ光
ダウンロード速度237Mbps275Mbps
アップロード速度22Mbps233Mbps
平均応答速度51ms20ms

ドコモ光と通信速度を比較すると、アップロードと応答速度がかなり劣ります。

大容量のデータを取り扱う動画編集者や、応答速度を求められるオンラインゲーマーには、ドコモ home 5Gはおすすめできません。

デメリット②:持ち運んで使えない

ドコモ home 5Gは持ち運んで使用できないのもデメリットです。

据え置き型で、利用できる住所も1か所に固定されているため、出張や外出先でインターネットを使いたい人にはおすすめできません。

ゆかり
ゆかり

ドコモ home 5Gを持ち運んで使うと、規約違反で通信が強制的に停止されるので、注意してください。

デメリット③:3年以内に解約すると端末代が生じる

ドコモ home 5Gは端末代金の無料特典を実施していますが、契約から3年(36ヶ月)以内に解約すると、端末代の残債を請求されます。

これは特典が端末代金を36回に分割して月々の請求から割引していくためで、端末代金を完全に無料にするには、36ヶ月間使い続ける必要があります。

ドコモ home 5Gの端末代金は非常に高額なので、途中で解約する可能性がある人は要注意です。

ひろみ
ひろみ

高額な新型端末HR02は残債も高額になりがちです。

購入前によく検討しましょう!

デメリット④:応答速度が遅くオンラインゲームに不向き

ドコモ home 5Gは応答速度が遅いため、オンラインのアクション系ゲームに不向きです。

Ping値は快適なプレイの目安といわれる30msを超えています。

プレイ中にラグが生じる可能性も高いため、FPSゲームや対戦格闘ゲームを楽しみたい人は、ドコモ home 5Gは避けておいた方がよいでしょう。

ドコモ光のメリットとデメリット

ドコモ光のメリットとデメリット

メリット

  • 通信速度が高速で安定している
  • Ping値が低く応答速度が速い
  • 料金が安い
  • フレッツ光回線を使用していると工事不要で乗り換えられる
  • 光電話や光テレビをオプション利用可能

デメリット

  • 開通工事が必要で利用までに時間がかかる
  • 解約時の費用が高額になりがち

ドコモ光のメリットとデメリットを見てみましょう。

ドコモ光のメリット

ドコモ光のメリット

ドコモ光は非常にメリットの多い光回線で、他社の光回線と比べてもおすすめの回線です。

メリット①:通信速度が高速で安定している

ドコモ光@nifty光フレッツ光
実質
通信速度
274Mbps186Mbps274Mbps

ドコモ光はフレッツ光や他社の光コラボと比べても通信速度が高速で、時間帯を問わず安定しています。

もちろんホームルーターのドコモ home 5Gよりも高速なので、速い回線が欲しい人には非常におすすめです。

メリット②:Ping値が低く応答速度が速い

ドコモ光のメリット:Ping値が低く応答速度が速い
時間帯ドコモ光のPing値
19ms
19ms
夕方19ms
22ms
深夜19ms

ドコモ光は応答速度が速いのが特徴です。

Ping値も1日を通してほぼ20ms以下と非常に低いため、FPSゲームをプレイする人も十分に満足できる環境が整えられます。

ping値オンラインゲーム
10ms以下最高レベルで快適にできる
10~15ms快適にできる
15~30ms快適にできる
30~50msできるがラグが発生する可能性アリ
50~70msゲームに影響するレベルのラグが発生する
70~100msゲーム途切れる可能性がある
100~200msゲームがまともにできない可能性がある
200ms以上ゲームがまともにできない

メリット③:料金が安い

ドコモ光
(戸建て)
ドコモ光
(マンション)
ドコモ
home5G
月額
料金
5,720円4,400円4,950円

ドコモ光は料金が安いのもメリットのひとつです。

月額料金が安く、マンションタイプならドコモ home 5Gよりも月額料金はおトクです。

また現在ドコモ光に申し込むと工事費無料の特典が適用されて、工事費が全額無料になります。

ゆかり
ゆかり

工事費用は全額が一括無料です。

初期費用もかからないため、利用を開始しやすいのもドコモ光のメリットと言えるでしょう。

メリット④:フレッツ光回線を使用していると工事不要で乗り換えられる

ドコモ光のメリット:フレッツ光回線を使用していると工事不要で乗り換えられる

フレッツ光や他社の光コラボを利用していれば、工事不要で乗り換えが可能です。

工事費用がかからないのはもちろん、開通の立ち会い工事がないため、比較的短期間で利用を始められます。

けんた
けんた

基本的に行うのはNTTの局内工事だけ。

速やかに利用を始められるのはうれしいですね!

メリット⑤:光電話や光テレビをオプション利用可能

ドコモ光はオプションで光電話光テレビを利用可能です。

これらは光回線の設備を利用したもので、ドコモ home 5Gではオプション利用できません。

生活にかかわる環境をあわせて用意できるのもドコモ光のメリットです。

ドコモ光のデメリット

ドコモ光のデメリット

ドコモ光にはデメリットもあります。

デメリット①:開通工事が必要で利用までに時間がかかる

ドコモ光は開通工事までに時間がかかります。

申し込みから工事までに1~2ヶ月かかり、フレッツ光の設備が通っていない場合は室内まで光ファイバーケーブルを通すため、工事に立ち会いが必要です。

すぐに利用を始めたい人には向いていません。

デメリット②:解約時の費用が高額になりがち

タイプ契約時期解約違約金
戸建て2022年7月1日以降5,500円
戸建て2022年6月30日以前14,300円
マンション2022年7月1日以降4,180円
マンション2022年6月30日以前8,800円

現在すでにドコモ光を利用中の場合、解約時の費用が高額になる可能性があります。

2022年6月30日以前にドコモ光に加入した場合、ドコモ光の解約費用は最大14,300円とやや高額です。

しかしそれ以降の契約に対する解約違約金は、費用は約1ヶ月分の月額料金程度に改定されています。

ドコモhome5Gとドコモ光の比較でよくある質問

よくある質問faq

ドコモ home 5Gとドコモ光の比較でよくある質問と回答を紹介します。

ドコモ home 5Gとドコモ光はどっちがお得ですか?
戸建てで36ヶ月以上利用する場合は、費用面ではドコモ home 5Gがドコモ光よりもお得です。
ただし、マンションで利用する場合や36ヶ月未満の解約で端末残債が発生する場合などは、ドコモ光の方が安くなります
ドコモ光は工事費用がかかる場合がありますが、現在は無料特典を実施しており、費用はかかりません。
>> ドコモ home 5Gとドコモ光の費用を詳しく見る
ドコモ home 5Gとドコモ光はどっちが速いですか?
通信速度が速いのはドコモ光です。
すべての時間帯でドコモ光の方がドコモ home 5Gよりも速く、応答速度も圧倒的に高速です。
ホームルーターは天候や電波などの影響も受けやすいため、通信速度にこだわりたい人、オンラインゲームをプレイする人はドコモ光がおすすめです。
>> ドコモ home 5Gとドコモ光の通信速度を詳しく見る
ドコモ home 5Gとドコモ光の違いは何ですか?
光回線のドコモ光に対して、ドコモ home 5Gはホームルーターとしてモバイル回線で通信します。
ホームルーターは、光回線のような開通工事やLAN配線の必要なく、コンセントに差すだけでインターネットに接続できます。
ただしホームルーターは通信を無線で行うため、天候や電波、障害物などの影響を受けやすいというデメリットもあります。
>> ドコモ home 5Gとドコモ光の違いを詳しく見る

ドコモhome5Gとドコモ光の比較まとめ

最後にドコモ home 5Gとドコモ光を比較した場合のポイントについておさらいします。

  • ドコモ光は通信速度が速く1日を通して通信が安定
  • ドコモ光は応答速度も速いためFPSゲームに対応可能
  • ドコモ光をマンションで使うならドコモ home 5Gよりも料金がおトク
  • ドコモ home 5Gは工事不要ですぐに使える
  • ドコモ home 5Gは周囲の環境に影響を受けやすく通信品質が不安定

ドコモ home 5Gとドコモ光を比べると、絶対におすすめなのはドコモ光です。

建物が工事ができない場合はドコモ home 5Gをおすすめしますが、やはり通信速度の速さと安定感、料金の安さを考えると、ドコモ光を優先して契約すべきでしょう。

ドコモ home 5Gもホームルーターながら光回線並みの通信速度を提供してくれますが、安定感に欠けるうえ、応答速度もかなり遅いです。

開通工事が可能なら光回線を選びましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。