一人暮らしにおすすめの光回線【2024年版】

一人暮らしにおすすめの光回線

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「一人暮らしに光回線はいらない?」
「一人暮らしにおすすめの光回線は?」
「一人暮らしに安いインターネット回線は?」

一人暮らしでもインターネットをするなら光回線がおすすめです。

なぜなら光回線は大容量の高速通信を安定して利用できるからです。

ふじもん
ふじもん

ホームルーターという手段もありますが、光回線の方が料金が安いです。

また光回線の方が、通信速度も速いので、一人暮らしでも光回線を選びましょう。

とは言っても、どのサービスが良いかわかりませんよね。

本記事では、一人暮らしにおすすめのネット回線を解説します。

一人暮らし おすすめ 光回線

目次

目次へ

一人暮らしにおすすめの光回線

安定した高速通信でインターネットができる環境は、リモートワークにもオンライン学習にも不可欠です。

オンラインゲームでは少しのラグでゲームの勝敗を分けます。

工事費も無料で、月額料金もモバイル回線と変わらないなら、光回線にしない理由がありません。

そこで一人暮らしにおすすめの光回線を紹介します。

一人暮らしにおすすめの光回線

それぞれ詳しく解説します。

とくとくBB光

とくとくBB光
とくとくBB光戸建てプラン
工事費用26,400円
月額料金4,818円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
最大126,000円
とくとくBB光マンションプラン
工事費用25,300円
月額料金3,773円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
最大126,000円

とくとくBB光 は、契約期間の縛りが無い光回線です。

光コラボアワード2023で最優秀賞を受賞し、満足度や安心感の高いサービスとして注目されています。

とくとくBB光 がおすすめな理由
  • 光コラボアワード2023で最優秀賞受賞
  • 契約の縛りが無い
  • 工事費が実質無料になる
  • WiFiルーターがプレゼントされる
  • 高額なキャッシュバックがある

工事費が実質無料です。

またWiFiルーターのレンタルが0円で、3年以上利用するとプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

\当サイト限定キャンペーン/

とくとくBB光当サイト限定キャッシュバックキャンペーン

詳しくはこちら

おてがる光

おてがる光
おてがる光戸建てプラン
工事費用22,000円
月額料金4,708円
最低利用期間なし
キャンペーン公式特典
+
当サイト限定特典
おてがる光マンションプラン
工事費用22,000円
月額料金3,608円
最低利用期間なし
キャンペーン公式特典
+
当サイト限定特典

おてがる光は、業界最安級の料金プランで、しかも契約期間のしばり(解約違約金)がありません。

おてがる光は、当サイトからの申し込みが、最も安くお得に契約できるようになっています。

おてがるネット特典
ファミリータイプ特別特典

(ファミリータイプ選択制)無線機ルータープレゼント・事務手数料無料

無線機ルータープレゼント・事務手数料無料

①無線機ルータープレゼント(IPv6対応ルーター)
②事務手数料3,300円無料
※2つの特典からいずれかを選択可能です。併用はできません。

基本料金4ヶ月無料

開通初月を1ヶ月目とした4ヶ月目まで月額料金が無料になります。

毎月910円割引

毎月910円割引

開通初月を1ヶ月目として5ヶ月目から8ヶ月目まで毎月910円割引されます。

ファミリータイプ特別特典

(マンションタイプ選択制)無線機ルータープレゼント・月額割引650円×11ヶ月

無線機ルータープレゼント・月額割引650円×11ヶ月

①無線機ルータープレゼント(IPv6対応ルーター)
②月額650円割引が11ヶ月適用(7,150円割引)
※2つの特典からいずれかを選択可能です。併用はできません。

事務手数料無料

事務手数料無料

マンションタイプは事務手数料3,300円が無料になります。
※ファミリータイプの方はキャンペーンで選択したら適用されます。

公式特典(当サイト経由の申し込みも対象)

工事費22,000円 実質無料

工事費22,000円 実質無料

新規お申し込みは、初期・標準工事費の毎月分割払いと同額が割引されます。(2,000円/月×11ヶ月=22,000円分)
※分割払い期間中の解約時は残債の支払いが必要になります。

基本料金初月無料

基本料金初月無料

新規お申し込みは、月額料金が1ヶ月目最大3,608円割引されます。

「無線LANルーターレンタル」でIPv6オプションが永年無料

IPv6オプションが永年無料

「無線LANルーターレンタル」の申込で「IPv6オプション」(月額165円)が永年無料になります。

「U-NEXT for おてがる光」の新規契約でオプション料金が1ヶ月無料&1,000円分のポイントプレゼント

光回線と「U-NEXT for おてがる光」の同時申込で、「U-NEXT for おてがる光」の月額料金を最大2ヶ月無料&U-NEXT内で使える1,000円分のポイントをプレゼントされます。

「U-NEXT for おてがる光」を6ヵ月継続で4,000円分のデジタルギフトプレゼント

光回線と「U-NEXT for おてがる光」の同時申込後、開通初月を1ヶ月目とした6ヶ月目までの継続利用で4,000円分のデジタルギフトがプレゼントされます。

おてがる光テレビ同時申込で4,000円分のデジタルギフトプレゼント

光回線と「おてがる光テレビ」の同時申込後、開通初月を1ヶ月目とした6ヶ月目までの継続利用で4,000円分のデジタルギフトがプレゼントされます。

関連サービス同時申込でそれぞれ4,000円分のデジタルギフトをプレゼント

サービスの同時申込により、それぞれ4,000円分のデジタルギフト(デジコ)がプレゼントされます。
①「おてがるでんき」
②「おてがるガス」
③「ウォーターサーバー」

セット割:「おてがるでんき」セット契約

おてがる光の契約と「おてがるでんき」の対象プランを契約の場合「おてがるでんき」の料金を割引されます。


おてがるネット特典と公式特典の両方を適用させるには、本ページからの申し込みに限ります。

  • 本ページからお申し込みをすると自動的に適用されます。
  • おてがる光に新規入会し、回線新規開通することが適用条件です。
  • お申し込み内容の入力に不備があると適用外になります。
  • おてがる光の公式ホームページからお申し込みの場合は適用されません。
  • 転用もしくは事業者変更でおてがる光に乗り換える場合は適用されません。
ゆかり
ゆかり

当サイトから申し込むと、公式サイトよりお得に契約できます。

他サイトのキャンペーンと併用できないので注意してください。

おてがる光がおすすめな理由
  • 光回線人気ランキング1位
  • 通信速度が速い
  • 契約の縛りが無い
  • 当サイトはさらにお得に申し込みできる

おてがる光は、複雑なオプションに加入する必要がありません。

シンプルに光回線で一番安いので、自信を持っておすすめします。

NURO光

NURO光
NURO光戸建てプラン
工事費用44,000円
月額料金5,200円
最低利用期間3年
キャンペーンキャッシュバック
60,000円
NURO光マンションプラン
工事費用44,000円
月額料金2,750円
最低利用期間3年
キャンペーンキャッシュバック
25,000円

NURO光はTVCMもやっているので認知度が高い光回線です。

NURO光がおすすめな理由
  • NURO光(戸建て)は通信速度が速いと評判が良い
  • スマホがソフトバンクならセット割でお得に使える

スマホがソフトバンクなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

対応エリアが全国ではなく一部地域なので、エリア内であれば検討をおすすめしたい光回線です。

ドコモ光

ドコモ光 51,000円キャッシュバック
ドコモ光戸建てプラン
工事費用無料
月額料金5,720円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円
ドコモ光マンションプラン
工事費用無料
月額料金4,400円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円

ドコモ光は、認知度が高い人気の光回線です。

ドコモ光がおすすめな理由
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド
  • スマホがドコモならセット割でお得に使える
  • 工事費無料
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがドコモなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

キャッシュバックも通常プランなら38,000円で、10ギガプランなら当サイト限定でオプション条件なしで51,000円がもらえます。

また高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンも実施しています。

ソフトバンク光

ソフトバンク光
ソフトバンク光戸建てプラン
工事費用26,400円
月額料金5,720円
最低利用期間2年
キャンペーンキャッシュバック
最大36,000円
ソフトバンク光マンションプラン
工事費用26,400円
月額料金4,180円
最低利用期間2年
キャンペーンキャッシュバック
最大36,000円

ソフトバンク光はSoftBankのスマホを使っているならおすすめしたい光回線です。

ソフトバンク光 がおすすめな理由
  • スマホがSoftBankならセット割でお得に使える
  • 工事費が実質無料になる
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがSoftBankなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

また高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンを実施しています。

【一覧表】一人暮らしにおすすめのネット回線

一人暮らしにおすすめのインターネット回線
サービス名回線の種類通信速度
(実質下り)
月額料金データ容量工事の要否
とくとくBB光光回線297Mbpsマンション:3,773円
戸建て:4,818円
無制限必要
※実質無料
おてがる光光回線283Mbpsマンション:3,608円
戸建て:4,708円
無制限必要
※実質無料
NURO光光回線533Mbps1年目:980円~
2年目~:5,200円
無制限必要
※実質無料
ドコモ光光回線277Mbpsマンション:4,400円
戸建て:5,720円
無制限必要
※無料
ソフトバンク光光回線325Mbpsマンション:4,180円
戸建て:5,720円
無制限必要
※実質無料
ドコモhome5Gホームルーター227Mbps4,950円無制限不要
GMOとくとくBB
WiMAX
ホームルーター83Mbps3,553円無制限不要
モバレコAirホームルーター89Mbps1~24ヶ月:3,553円~
35ヶ月:4,103円
ほぼ無制限不要
Rakuten WiFi PocketモバイルWi-Fi21Mbps~3GB:1,078円~
20GB:2,178円
無制限:3,278円
無制限あり不要
AiR-WiFiモバイルWi-Fi21Mbps3,278円~100GB不要
モンスターモバイルモバイルWi-Fi20Mbps20GB:1,980円
50GB:2,530円
100GB:2,948円
100GB不要

一人暮らしに光回線はいらないのか

一人暮らしに光回線が必要か確認する方法

一人暮らしの場合、自宅でどの程度インターネットを利用するか、何に利用するかによって、光回線が必要かどうかが変わります。

以下の表を参考にしてあなたに適したものを選びましょう。

光回線ホームルーターモバイルWi-Fi
通信速度300~600Mbps80~200Mbps10~20Mbps
月額料金3,000円~6,000円3,000円~6,000円1,000円~4,000円
安定性安定不安定不安定
工事の有無ありなしなし

光回線以外のインターネット

光回線以外には、以下のインターネットを利用する方法があります。

  • モバイルWi-Fi
  • ホームルーター

モバイルWi-Fi

一人暮らしにおすすめのモバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiは手のひらサイズで持ち運べます。

面倒な設定や工事が不要で、SIMカードを挿入すれば、すぐにインターネットが利用可能です。(SIMカードが不要のモバイルWi-Fiもあります。)

1,000円程度から使えてスマホのパケットを消費しないので、通信費を節約できます。

しかし月間の最大データ使用量の上限が決まっている契約の場合、使用量が上限に達すると極端に通信速度が落ちます。

光回線に比べると通信速度は不安定になりがちです。

たかし
たかし

外出先では動画を視聴しない人や外でもパソコンで仕事をする人には、格安で持ち運び可能のモバイルWi-Fiは最適だ。

ホームルーター

一人暮らしにおすすめのホームルーター

ホームルーターも面倒な設定や工事が不要で、電源コードをコンセントに挿せばすぐにインターネットが利用できます。

モバイルWi-Fiより大人数の同時接続も可能で、たくさん人が集まるときは便利です。

モバイルWi-Fiやスマホより強力な受信アンテナを内蔵しているため、光回線の次に通信が安定しています。

ただし超高層住宅や建物密集地域の低層階など、基地局からの電波が届かない場所での利用はできません。

ひろみ
ひろみ

家の中では持ち運びができるので、インターネットを利用する部屋に持って行って使えるわ。集合住宅で光回線の開通工事ができない時におすすめよ。

光回線を選ぶポイント

一人暮らしで光回線を利用するなら、選ぶ際のポイントが3つあります。

ポイント
  • 月額料金の安さ
  • 通信速度の速さや安定性
  • スマホユーザーならセット割

月額料金の安さ

現在光回線の月額料金は、モバイルWi-Fiやホームルーターと比べても、同じかそれ以下です。

光回線は光コラボの登場で、たくさんの光回線の事業者が安さを競っているので安い光回線を選びましょう。

光コラボや他の光回線について少し解説します。

光回線は全国にNTTが設置した光ファイバーケーブルを利用

光回線で利用される光ファイバーケーブルのほとんどは、NTT東日本・西日本が全国に設置したものです。

NTTは自社でNTTフレッツ光という光回線サービスを提供しつつ、その設備と保守サービスを卸しています。

それ以外も合わせると、光回線は大きく分けて4種類あります。

NTTフレッツ光NTT東日本とNTT西日本が運営している日本全国で利用可能な光回線。
光コラボ各事業者がNTTから卸で提供を受けている光回線設備と保守サービスに、独自サービスをプラスしている光回線(ドコモ光・おてがる光など)。
独自回線NTTの使っていない光ケーブル(ダークファイバー)を借りたり、電力会社から買い取った光ケーブルを使ったりして独自でサービスを提供している光回線(NURO光・auひかりなど)。
電力会社系回線各地域の電力会社が施設した光ケーブルでサービスを提供している光回線(eo光・コミュファ光など)。

これだけ多くの光回線事業者がしのぎを削っているので、光回線はどんどんコスパが良くなっています。

具体的には以下のような点が改善されています。

  • 以前は当たり前だった契約期間の縛りがない事業者が増えた
  • 月額料金の価格競が起きたので安い事業者が増えた
  • 契約期間以外の時期に解約するとかかった違約金が最大月額料金1ヶ月分を超えないよう法改正された
  • キャッシュバックや工事費無料などで利用者の負担を軽減するサービスが増えた

以上のように、工事費や基本的な月額料金からキャッシュバックを差し引いた実質の月額料金は、モバイルWi-Fiやホームルーターと同等かそれ以下の金額になっています。

通信速度の速さや安定性

光回線の通信速度や安定性は、モバイルWi-Fiやホームルーターより優れています。

なぜなら光ファイバーケーブルを使って通信する光回線は、外的影響を受けず大容量の高速通信が可能だからです。

対して無線で通信するモバイルWi-Fiやホームルーターは、以下のような理由で光回線ほど安定した高速通信ができません。

  • 電磁波や水などの影響を受けやすい
  • 遮蔽物があると信号が届かない
  • 遠くなればなるほど電波が弱くなる
  • 同じ基地局からの電波を利用する端末で分け合う
  • 月間の最大データ使用料の上限を超えると極端に速度が落ちる

モバイルWi-Fiやホームルーターは年々急速に進化していますが、現段階では光回線を追い抜くほどには至っていません。

たかし
たかし

一人暮らしでも、通信が安定していないとできないオンラインゲームや高画質の動画視聴を楽しみたいなら、光回線がおすすめだ。

スマホユーザーならセット割

もしあなたがスマホや格安SIMを使っているなら、光回線を契約すればスマホのセット割でスマホの通信費も安くなる可能性があります。

スマホ割に対応している光回線の一部を紹介します。

スマホキャリアセット割光回線割引額
ドコモドコモ光セット割ドコモ光1,100円割引
ソフトバンクおうち割光セットソフトバンク光
NURO光
1,100円割引
auauスマートバリューauひかり
auひかりちゅら
コミュファ光
eo光
Pikara
MEGAEGG
BBIQ
ひかりゆいまーる
ひかりJ
ビッグローブ光
エディオンネット
So-net光
@Tcomヒカリ
@nifty光
1,100円割引
auDTI光×auセット割DTI光1,320円割引
Y!mobileおうち割光セットソフトバンク光1,188円割引
楽天モバイル楽天ひかりUN-LIMIT楽天ひかり月額基本料
1年間無料
BIGLOBEモバイル光☆SIMセット割ビッグローブ光マンション:1,078円
ファミリー:2,178円
OCNモバイルOCN光モバイル割OCN光220円割引
DTI SIMDTI SIMセット割DTI光165円割引
IIJmiomio割IIJmioひかり月額料金
半年間無料

※ソフトバンク光は家族1人あたり1,100円の割引を受けるために、1,602円のオプション加入が条件なので家族がいないと損をします。

※テザリング:インターネットが利用できるスマホから有線か無線でパソコンと接続することで、インターネットができないパソコンでもインターネット利用を可能にする仕組み

通信速度を重視するなら「光回線」がおすすめ

一人暮らしで速度や安定性を重視するなら光回線がおすすめ

光回線は光ファイバーケーブルでデジタル信号を光信号に変換して情報を送ります。

光ファイバーケーブルは電磁波の影響を受けにくく、伝送距離に関係なく大容量の高速通信が可能です。

通信速度と安定性を重視するなら光回線一択です。

光回線の月額料金を比較

主だった光回線の月額料金の比較を一覧表で紹介します。

光回線戸建
月額料金
マンション
月額料金
新規工事費
とくとくBB光4,818円3,773円実質無料
おてがる光4,708円3,608円実質無料
ドコモ光5,720円4,400円完全無料
NURO光1年目980円
2年目~5,200円
1年目980円
2年目~5,200円
実質無料
auひかり初月無料
以降3年間4,400円
初月無料
以降3年間4,400円
実質無料
ソフトバンク光5,720円4,180円10,560~26,400円
eo光3,280円3,280円
最大24ヶ月550円割引
実質無料
コミュファ光5,170円4,070円完全無料
BBIQ光開通月~3ヶ月:0円
4~12ヶ月:5,280円
13ヶ月~:6,380円
開通月~3ヶ月:0円
4~12ヶ月:3,410~5,280円
13ヶ月~:4,510~6,380円
実質無料
ビッグローブ光5,478円4,378円実質無料
楽天ひかりスマホとセット1年目:0円
光回線のみ1年目:3,080円
2年目~:5,180円
スマホとセット1年目:0円
1年目:1,980円
2年目~:4,180円
3,300~22,000円
So-net光minico4,500円3,400円実質無料
エキサイトMEC光4,428円3,355円完全無料
@スマート光4,730円3,630円完全無料

光回線の通信速度を比較

光回線平均Ping値平均通信速度
下り
平均通信速度
上り
とくとくBB光20ms297Mbps268Mbps
おてがる光18ms283Mbps258Mbps
ドコモ光20ms277Mbps233Mbps
NURO光13ms533Mbps484Mbps
auひかり16ms484Mbps458Mbps
ソフトバンク光17ms325Mbps247Mbps
eo光16ms595Mbps513Mbps
コミュファ光16ms555Mbps493Mbps
BBIQ光25ms426Mbps338Mbps
ビッグローブ光20ms267Mbps226Mbps
楽天ひかり21ms251Mbps213Mbps
So-net光minico16ms268Mbps246Mbps
エキサイトMEC光17ms290Mbps241Mbps
@スマート光31ms270Mbps235Mbps

ほとんどの光回線は工事費無料

前述の通り、ほとんどの事業者が工事費を無料にしています。

無料には2種類あり、以下の通り内容が少し異なります。

  • 完全無料:契約すると完全に工事費が無料
  • 実質無料:契約後工事費は分割支払いになり毎月分割支払い分が割引になる

実質無料の場合、分割支払いが残っている期間に解約すると残額を一括請求されます。

光回線を導入する際の注意点

一人暮らしで光回線を導入する際の注意点

さんざん光回線をおすすめしてきましたが、実は光回線を導入したくてもできない場合があります。

また導入するにしても注意が必要なことも。

光回線を導入する上で、注意するべき点を4つ紹介します。

注意ポイント
  • 物件によっては利用できない
  • 一括管理されていると選べない
  • 集合住宅で光回線の配線方式によっては高速通信が難しい場合がある
  • 最低利用期間が設けられている場合がある

物件によっては利用できない

物件によっては光回線が利用できない場合があります。

光回線の開通工事では、光ケーブルを留めるために外壁に小さな穴をあけたり、室内に光コンセントを設置する際ビス止めしたりします。

集合住宅で光回線が未導入の場合、賃貸であればオーナーまたは管理会社の許可が、分譲であれば管理組合の許可が必要です。

賃貸住宅の場合、管理会社またはオーナーが外壁や室内に傷がつくのを好まない場合、許可がおりません。

ひろみ
ひろみ

傷をつけない条件で許可が得られるなら、自分の部屋にだけエアコンダクトを通して光ケーブルを引き込む方法もあるわ。

一括管理されていると選べない

すでに賃貸マンションでインターネット回線が一括管理されているときも、光回線は選べません。

基本的に一括管理されているインターネット回線の利用を推奨しているからです。

家賃にインターネット回線の使用料も含まれていることもあります。

すでに専用の回線が導入済みの場合、不動産会社の物件情報に「光回線完備」や「光回線利用可能」と記載されていれば、光回線が導入済みです。

「インターネット完備」または「インターネット利用可能」の場合、光回線ではない可能性もあります。

たかし
たかし

管理会社か不動産会社に確認しよう。

集合住宅で光配線の配線方式によっては高速通信が難しい場合がある

集合住宅では、光回線であっても初めから100Mbpsを超える通信速度が期待できない場合があります。

各部屋への配線方式には光配線方式・VDSL方式・LAN方式の3種類があり、VDSL方式の場合、最大通信速度は100Mbpsだからです。

VDSL方式は建物の共用部まで光ファイバーケーブルが引き込まれていますが、各部屋には電話線(モジュラーケーブル)で信号を送ります。

各部屋には光コンセントではなくモジュラージャックがあり、ONUではなくVDSLモデムを接続します。

比較的古い集合住宅に多い配線方式です。

最低利用期間が設けられている場合がある

契約を検討している事業者が決まっているなら、最低利用期間が設定されているか確認しましょう。

最低利用期間がある場合、2年または3年の自動更新と最低利用期間がセットで設けられていることが多いです。

最低利用期間内もしくは契約更新期間以外に解約すると違約金が発生します。

最低利用期間や自動更新期間の設定がない、いわゆる契約期間の縛りがない事業者を選択すれば、契約後すぐに解約しても違約金は発生しません。

ただし、開通工事費用の残債や手数料は請求されます。

工事不要ですぐにネット利用したいなら「ホームルーター」がおすすめ

一人暮らしで工事不要でネット利用したいならホームルーターがおすすめ

すぐにインターネットを利用したいときや、賃貸住宅で開通工事の許可が下りないときは、ホームルーターをおすすめします。

ホームルーターは光回線には及びませんが、モバイルWi-Fiより受信アンテナが強力なため、比較的安定した高速通信が可能です。

開通工事や接続設定の必要がなく、届けばすぐにWi-Fiでのインターネット環境ができます。

ホームルーターの月額料金を比較

以下はホームルーターの月額料金の比較表です。

ホームルーター月額料金端末代金データ容量スマホセット割
ドコモhome5G4,950円実質無料無制限
※1
1台1,100円
GMOとくとくBB
WiMAX
3,553円実質無料無制限au:1,100円
UQmobile:858円
ビッグローブ
WiMAX+5G
初月:0円
1ヶ月目:2,079円
~24ヶ月:4,268円
実質無料無制限au:1,100円
UQmobile:858円
モバレコAir1~24ヶ月:3,553円~
35ヶ月:4,103円
36回分割:月々605円ほぼ無制限
※2
Y!mobile:1,188円
SoftBank:1,100円

※1 通信の混雑状況によって速度が遅くなったり繋がりにくくなることがあります。
※2 時間帯や状況によって通信速度が低下することがあります。

上記の月額料金から当サイト限定のキャッシュバックキャンペーンを利用することで、さらにお得に利用できます。

ホームルーターの通信速度を比較

ホームルーターは各社が公開している最大通信速度と、利用者からの投稿でわかる実際の通信速度があります。

ホームルーター最大
通信速度
下り平均上り平均Ping値平均同時接続数
ドコモhome5G下り4.2Gbps
上り183Mbps
227Mbps21Mbps51ms65台
有線1台含む
GMOとくとくBB
WiMAX
下り2.7Gbps
上り183Mbps
89Mbps15Mbps45ms40台
ビッグローブ
WiMAX+5G
下り2.7Gbps
上り183Mbps
84Mbps16Mbps48ms30台
モバレコAir下り2.1Gbps
上り不明
77Mbps8Mbps67ms128台

一人暮らしにおすすめのホームルーター

ホームルーターは光回線に次いで高速通信が可能で、複数の端末で同時に接続ができます。

なぜならホームルータには、モバイルWi-Fiやスマホより強力な受信アンテナが内蔵されているからです。

おすすめのホームルーター

工事も設定も不要で、電源コンセントにケーブルを繋ぐだけなので、光回線の工事ができない住宅でもすぐにインターネットが利用できます。

ドコモhome5G

ドコモ home5g
home5G当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金4,950円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
20,000円

ドコモhome5Gは、コンセントに挿すだけですぐ使えるWiFiの中で一番人気です。

ドコモhome5G がおすすめな理由
  • ホームルーター人気ランキング1位
  • 通信速度が速い
  • 契約の縛りが無い
  • 本体代金が実質無料になる
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド

home5Gは、ドコモが提供するホームルーターサービスです。

通信速度も速く、口コミ評判が良いので、自信を持っておすすめします。

\限定企画・当サイトだけ!20,000円もらえる/

ドコモhome5G

詳しくはこちら

WiMAX 5G

wimax 5g
WiMAX5G当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金3,762円
最低利用期間3年
キャンペーンキャッシュバック
最大57,000円

WiMAX 5Gの最新ホームルーター「ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L13」を一番安く契約できます。

WiMAX 5G がおすすめな理由
  • 料金が一番安い
  • 通信速度が速い
  • 本体代金が実質無料になる
  • キャッシュバックが高額

WiMAX 5G はコンセントに挿すだけですぐ使えるWiFiの中でコスパが良いと評判です。

RakutenTurbo5G

Rakuten Turbo
Rakuten Turbo当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金4,840円
最低利用期間なし
キャンペーン・月額料金6ヵ月無料
・2万円相当ポイント還元

Rakuten Turboは楽天モバイルが提供するコンセントに挿すだけですぐ使えるWiFiです。

Rakuten Turbo がおすすめな理由
  • キャンペーンで6ヵ月間は月額料金が無料になる
  • 楽天モバイルとセット利用で2万円相当のポイント還元がある
  • 5G通信に対応している
  • 工事不要ですぐインターネットが使える

Rakutenから2023年1月26日に提供開始になったホームルーター「Rakuten Turbo」は、他社のホームルーターと同様に5G通信に対応しています。

楽天ブランドが好きな人におすすめしたいホームルーターです。

SoftBankAir5G

SoftBank Air
SoftBank Air当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金5,368円
最低利用期間3年
キャンペーンキャッシュバック
37,500円

SoftBank Airはソフトバンクが提供するコンセントに挿すだけですぐ使えるWiFiです。

SoftBank Air がおすすめな理由
  • スマホがソフトバンクならセット割でお得に使える
  • 本体代金が実質無料になる

過去は「通信速度が遅い」という口コミ評判が多いサービスでしたが、最新機種の「Airターミナル5」は通信速度も速いです。

ソフトバンクブランドが好きな人におすすめしたいホームルーターです。

ホームルーターの注意点

一人暮らしでホームルーターを導入する際の注意点

ホームルーターを導入する際には注意する点が2つあります。

注意ポイント
  • 光回線より速度や安定性が劣る
  • 設置場所に注意する必要がある

一つひとつ解説します。

光回線より速度や安定性が劣る

モバイルWi-Fiやスマホより安定した高速通信が可能とはいえ、光回線に比べると速度や安定性では劣ります。

なぜならホームルーターは最寄りの基地局からの信号を、外的影響を受けやすい無線で受信しているからです。

例えばソフトバンクエアーでは、以下のような説明があります。

  • ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
  • 特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合、該当エリアのお客さまについては、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。
引用:SoftBank Air(ソフトバンクエアー) の速度制限などについて | ソフトバンク

ドコモhome5Gでは以下のような説明文があります。

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。

引用:GMOとくとくBB|ドコモhome 5G お申込み

最近は5G対応のホームルーターが一般的になり、高速通信可能とうたっていますが、5Gの提供エリアは一部地域に限られます。

ひろみ
ひろみ

データ通信量無制限とはいえ、基地局周辺で利用する端末で信号を分け合うので不安定になりがちよ。

光回線は外的影響を受けない光ファイアーケーブルで直接建物まで信号を届けているので、大容量のデータを高速で安定して届けられます。

設置場所に注意する必要がある

超高層階(11階~13階以上)のマンションでは、基地局からの信号を受け取れないことがあります。

高さ約40mの基地局に設置されているアンテナは、40m以下の低い位置(車や歩行者)にも信号が届くようにアンテナが下向きに設置されているため、40mより高い位置には信号が届きにくいのです。

ソフトバンクAirは以下のケースでは提供自体してもらえない場合があります。

  • 11F 以上の高層階
  • 周辺高層ビル地域内
  • 建物密集地域内の低層階

基地局から信号を受け取れるかどうかは、窓口で問い合わせましょう。

外出先でもネットを利用したいなら「モバイルWi-Fi」がおすすめ

一人暮らしですぐにネット利用したいならモバイルWi-Fiがおすすめ

インターネットをなるべく安く利用したい場合や、外出先でもWi-Fiが必要な場合はモバイルWi-Fiをおすすめします。

なぜならモバイルWi-Fiは月額1,000円程度からでも利用でき、持ち運びができるからです。

通信速度や安定性では光回線やホームルーターに及びませんが、端末代金も無料なケースが多く、気軽に利用したい方には最適です。

モバイルWi-Fiの月額料金を比較

モバイルWi-Fiの月額料金を一覧表にしました。

モバイルWi-Fi月額料金端末代金データ容量契約期間事務手数料お試し期間最大接続数
Rakuten WIFI Pocket
2B/2C
~3GB:1,078円~
20GB:2,178円
無制限:3,278円
実質無料無制限あり
(楽天回線エリアのみ)
16台
AIR-WiFi
らくらくプラン
3,377円~無料レンタル100GB1年※13,300円30日間10台
AIR-WiFi
まるっとプラン
3,608円~無料レンタル100GB1年※13,300円30日間5台
AIR-WiFi
サクッとプラン
3,278円~無料レンタル100GB1年※13,300円30日間5台
MugenWiFi2,988円~無料レンタル100GB実質2,988円※230日間10台
それがだいじWiFi30GB:2,585円
100GB:3,267円
実質無料100GB2年自動更新
3,300円30日間10台
モンスターモバイル
2年更新プラン
20GB:1,980円
50GB:2,530円
100GB:2,948円
無料レンタル20/50/1002年3,300円14日間10台
モンスターモバイル
縛りなしプラン
20GB:2,640円
50GB:3,190円
100GB:3,938円
無料レンタル20/50/1003,300円14日間10台

※1 契約期間なしオプション(月額)を選択すると契約期間はなくなります。
※2 実質月額はキャッシュバック10,000円を受け取り、24ヶ月間利用された場合の実質の月額料金です。

モバイルWi-Fiの通信速度を比較

モバイルWi-Fiの通信速度を比較表にしました。

モバイルWi-Fi最大通信速度下り平均上り平均Ping値平均最大利用時間※
Rakuten WIFI Pocket下り150Mbps
上り50Mbps
21.45Mbps24.36Mbps50.36ms約3000時間
待機可能
AIR-WiFi下り150Mbps
上り50Mbps
20.66Mbps11.75Mbps45.56ms12~13時間
利用可能
MugenWiFi下り150Mbps
上り50Mbp
14.64Mbps12.17Mbps65.5ms約3000時間
待機可能
それがだいじWiFi下り150Mbps
上り50Mbp
12.52Mbps13.68Mbps41.6Mbps最大15時間
モンスターモバイル下り150Mbps
上り50Mbp
20.36Mbps9.04Mbps38.0ms最大20時間※

※各社の実験データであり、実際の利用状況や通信状況により異なる場合があります。

一人暮らしにおすすめのモバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiの魅力は気軽にインターネットを利用できる点です。

端末代金もレンタルか実質無料で、お試し期間があるか1,000円程度から利用できます。

中でも特におすすめなのが以下の3種類です。

それぞれ解説します。

Rakuten WiFi Pocket

Rakuten WiFi Pocket
Rakuten
WiFi Pocket
当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金3,278円
最低利用期間なし
キャンペーン本体代金
1円

Rakuten WiFi Pocket は、持ち運びできるWiFiの中で一番人気です。

Rakuten WiFi Pocket がおすすめな理由
  • モバイルWiFi人気ランキング1位
  • 料金が安い
  • 契約の縛りが無い
  • 本体代金が実質1円になる

Rakuten WiFi Pocketはスマホやタブレットなど、もう1回線申し込むと3,000円相当分のポイントがもらえます。

データ容量無制限で、料金も安く、口コミ評判が良いので、自信を持っておすすめします。

AiR-WiFi

AiR-WiFi
AiR-WiFi縛りなしプラン
工事費用無料
月額料金3,278円
最低利用期間なし
キャンペーン1ヶ月お試し

AiR-WiFiは、レンタル型の持ち運びできるWiFiサービスです。

AiR-WiFiがおすすめな理由
  • 1ヶ月お試しキャンペーンがある
  • 業界最安級で契約期間の縛りなしで契約できる
  • docomoやSoftBankなど通信回線を使い分けるクラウドSIMを採用している

AiR-WiFiは、データ容量は20GBと100GBを選べて、通信回線はクラウドSIMという最新の技術を採用しています。

お試しできるので、一度チェックしてみてください。

モンスターモバイル

モンスターモバイル
モンスター
モバイル
当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金1,980円~
最低利用期間2年契約
キャンペーン14日間お試し
初月半額

モンスターモバイルは、レンタル型の持ち運びできるWiFiサービスです。

モンスターモバイル がおすすめな理由
  • 14日間お試しキャンペーン
  • 契約期間の縛りなしでも契約できる
  • docomoやSoftBankなど通信回線を使い分けるクラウドSIMを採用している
  • プランを途中で変更できる
  • 2年契約プラン:初月半額キャンペーン実施中

データ容量は20GB~100GBまでそろえており、通信回線はクラウドSIMという最新の技術を採用しています。

円形の本体がカワイイと女性を中心に人気です。

2024年3月1日~4月30日まで、モンスターモバイルの2年契約プランを選択すると、初月の月額料金が半額になるキャンペーンを実施しています。

モバイルWi-Fiの注意点

一人暮らしでモバイルWi-Fiを導入する際の注意点

モバイルWi-Fiを導入する際には、以下のような点に注意が必要です。

注意ポイント
  • 大人数での接続には向いていない
  • 充電する必要がある

それぞれ解説します。

大人数での接続には向いていない

モバイルWi-Fiに「最大何台まで同時接続が可能」と各社が公表している数字はあまりあてになりません。

なぜなら基地局からの信号は、モバイルWi-Fi1台で分け合うわけではないからです。

モバイルWi-Fiは、最寄りの基地局からの信号を周囲で利用する端末で分け合い、さらにそれをモバイルWi-Fiに接続している複数の端末で分け合います。

おそらく10台も接続したら通信速度はかなり低速になるでしょう。

充電する必要がある

モバイルWi-Fiは充電が必要です。

アプリでゲームをしたり動画を観ると、それだけ多くの電力が消費されます。

状況やアプリの消費量にもよりますし、待機状態でも電力は消費します。

持って出かける際はバッテリー残量に注意が必要です。

一人暮らしの光回線によくある質問

よくある質問faq

一人暮らしの光回線によくある質問をまとめました。

一人暮らしにおすすめのネット回線は?
一人暮らしでインターネットをするなら、光回線がおすすめです。
>> おすすめの光回線を見る
それぞれのネット回線はどんな目的に合っているの?
オンラインゲームや高画質の動画視聴、動画配信などであれば、光回線がおすすめです。
光回線の工事ができなかったり、配線や機器を少なく室内をスッキリさせたい場合は、ホームルーターを検討しましょう。
外出先でもネット利用が多かったり、短期間だけ利用したいのであればモバイルWi-Fiが適しています。
>> おすすめのインターネット回線を見る
光回線以外にはどんなネット回線がある?
光回線以外には、以下のインターネットを利用する方法があります。
・ホームルーター
・モバイルWi-Fi
環境や目的に合わせて選びましょう。

まとめ

この記事では、一人暮らしでの光回線の必要性や、光回線を選ぶ際の気を付けるべきポイントなどについて解説しました。

インターネットで何をしたいか、光回線が導入できる環境かなどによって、一概にこれが正解というものはありません。

  • 一人暮らしでもオンラインゲームや動画視聴するなら光回線がおすすめ
  • 光回線は光ファイバーケーブルだから大容量を安定して高速通信できる
  • 光回線の工事ができない場合はホームルーターモバイルWi-Fiがおすすめ

一人暮らしにおすすめは、大前提として光回線一択です。

こあなたにぴったりのインターネット環境を手に入れて、一人暮らしの生活がより充実したものになると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。