ポケット型WiFiがやめとけと言われる理由|快適なネットは光回線

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「ポケット型WiFiがやめとけと言われる理由は?」
「使うべきなのはどんな場面?」
「代わりにおすすめのネット回線は?」

ポケット型WiFiは自宅でも出先でも使えるため、自宅用回線として利用を検討している人もいるでしょう。

しかしポケット型WiFiは「やめとけ」という口コミも多く、本当に契約してよいか迷ってしまいがちです。

ふじもん
ふじもん

自宅向けのインターネット回線なら、ポケット型WiFiではなく光回線をまず検討しましょう。

通信速度や通信容量、月額料金など、ほぼすべての面で光回線の方が優れていますよ。

実際に光回線、ホームルーター、ポケット型WiFiを比較してみても、ポケット型WiFiはもっともスペックが劣っています。

光回線ホームルーターポケット型WiFi
月額料金2,500~5,800円4,800~5,400円3,000~4,800円
データ
容量
無制限無制限50~200GB
実質平均
通信速度
200~300Mbps30~210Mbps30~50Mbps
同時接続
台数
無制限66台程度5~30台程度

やはりイチオシは通信性能の高い光回線で、建物に導入可能であれば間違いなく光回線を優先すべきです。

本記事では、ポケット型WiFiが「やめとけ」と言われる理由のほか、光回線がおすすめな理由や選ぶべきイチオシの光回線などを解説します。

本記事を最後までしっかりと読んで、失敗のないネット回線選びをしましょう。

ポケット型WiFiがやめとけと言われる理由【口コミあり】

ポケット型WiFiがやめとけと言われる理由

ポケット型WiFiがやめとけと言われる理由は主に4つあります。

  • データ容量が無制限じゃない
  • 通信速度が遅い
  • 料金が安くはない
  • 同時接続できる台数が少ない

それぞれ解説します。

データ容量が無制限じゃない

やめとけと言われる理由:データ容量が無制限じゃない

ポケット型WiFiはWiMAX+5Gなどの一部を除き、月間の通信できるデータ容量が決まっています。

定められたデータ容量を超えると通信速度が制限される仕様で、低下した通信速度は翌月まで回復しません。

速度制限を受けると、通常のインターネットブラウジングですらもたつくほど通信速度が遅くなってしまうため、まともに使えず非常にストレスになってしまいます。

リモートワークのため自宅のネットで仕事するのですが、新居のネット開通工事までまだ1ヶ月なのにポケットWiFiの速度制限がきてポンコツ野郎になった

また動画コンテンツは通信容量を大量に使用するため、数時間程度の視聴でも、速度制限が生じる場合があります。

ポケットwifiでバチェラー3話見たら速度制限かかってしまった

動画配信サービス使うのにポケットwifiにするなら容量上限に気をつけて( ・ω・)

速度制限について

ポケット型WiFiはWiMAX+5Gを除き、月間の通信可能なデータ容量が決まっています。

データ容量を超えて通信すると、通信速度が128Kbps程度にまで自動で制限されます。

けんた
けんた

128Kbps程度まで速度制限されると、まともに使える用途はメールの送受信程度になってしまいます。

通信速度が遅い

やめとけと言われる理由:通信速度が遅い

ポケット型WiFiはスマホと同じモバイル回線を使用しているため、通信速度が速くありません。

ホームルーターや光回線と比較すると速度は一番遅いため、大容量の通信には向きません。

私用のポケットwifi遅いな~イライラ

ポケットwifiはマジで回線速度遅いのばっかだからそこは要注意だね

通信容量の大きい動画の場合、再生がとぎれとぎれになることもあり、快適に利用できない場合があります。

ポケットwifi レンタル
動画視聴がひどい
10秒再生するたびに20秒止まるレベル

こうじ
こうじ

ポケット型WiFiは、短期間の通信容量に応じた速度制限を設けている場合があります。

月間の容量を使い切っていなくても速度低下する場合があるのも、ストレスを感じがちなポイントです。

料金が安くはない

やめとけと言われる理由:料金が安くはない

ポケット型WiFiの料金は安くありません。

それぞれの月額料金は大きく違いませんが、月間のデータ容量が決まっているモバイルWiFiに対し、光回線は通信容量が無制限です。

データ容量あたりのコスパはモバイル型WiFiの方が圧倒的に悪く、特に自宅利用には向きません。

ポケットwifiとか割高な上に実質無制限じゃないしスピードもクソですからなあ

ポケットWiFi解約した🙁
月6000円はやっぱり高い🙁🙁

たかし
たかし

自宅用の回線は、無制限で通信できる光回線がおすすめです。

同時接続できる台数が少ない

やめとけと言われる理由:同時接続できる台数が少ない

ポケット型WiFiは同時接続できる台数が少ないのがデメリットです。

台数は提供されるルーターの機種によって異なりますが、ポケット型WiFiの同時接続数は10~16台程度が多く、最大でも30台程度までしか接続できません。

家族で利用する場合などは、接続する端末数が対応する同時接続数を超えてしまうこともあり、利用する端末ごとに接続を切り替える必要があるなど、非常に不便です。

年末の引っ越しに備えて、6月末で2年縛りのあるネット回線を解約、楽天モバイルのポケットWiFiに切り替えました。
分かり切っていたことだけど、光回線に比べると遅いし同時接続に弱く不安定。

端末をいろいろ持ちすぎてるからポケットWiFiの同時接続数マックスを超えてしまいいろいろつけたり消したりしながらじゃないとWiFi接続できなくなってしまった……。

一方の光回線の接続数に制限はありません。

使用するWiFiルーターごとに推奨接続台数がありますが、たとえばバッファロー社のルーターは同時接続台数14~36台の製品が多く販売されており、同時接続数でポケット型WiFiを上回っています。

ひろみ
ひろみ

光回線なら多人数での利用にも対応できますよ!

ポケット型WiFiを使うべき場面は?

ポケット型WiFiを使うべき場面は?

ポケット型WiFiを使うべき場面は、引っ越し外出先などが中心です。

インターネット環境の整っていない場所で一時的に利用するのはアリですが、長期的にメイン回線として利用するのはおすすめできません

特に自宅用の回線として使うなら、光回線などの他のネット回線の方が、快適にインターネットを使用できます。

一時的に利用するなら短期レンタルを活用しよう

旅行などでポケット型WiFiが一時的に必要になった場合は、ポケット型WiFiの短期レンタルがおすすめです。

ポケット型WiFiの短期レンタルは1泊2日からレンタルが可能で、かかる料金も利用した日数分だけなので、費用を最小限に抑えられます。

ゆかり
ゆかり

短期間から数ヶ月単位の長期のレンタルまで可能です。

一方、通常のポケット型WiFiの場合、プランによっては契約期間があるため、途中解約で解約規約金が生じる場合があるほか、端末代金の残債が一括請求されることもあります。

長期利用しない場合は短期レンタルの利用を検討しましょう。

おすすめのインターネット回線は光回線

おすすめのインターネット回線は光回線

月額料金や通信速度、データ容量などから見た場合、おすすめのインターネット回線は光回線です。

光回線はほぼすべての要素でポケット型WiFiよりも優れているため、インターネット回線を導入するなら、光回線を最優先に検討することをおすすめします。

ここではネット回線で重要な3つの要素について、光回線とポケット型WiFiを比較検討します。

  • 月額料金
  • 通信速度・データ容量
  • 同時接続台数

それぞれ見ていきましょう。

月額料金をポケット型WiFiと比較

光回線ポケット型WiFi
月額料金2,500~5,800円3,000~4,800円

月額料金を比較した場合、光回線とポケット型WiFiではどちらもほとんど違いがありません。

特にマンションタイプは料金が安く、光回線がポケット型WiFiよりも安く収まることが多いです。

またポケット型WiFiは月間のデータ容量が決まっているため、無制限で通信できる光回線と比較すると明らかにコスパがよくありません。

通信速度・データ容量をポケット型WiFiと比較

光回線ポケット型WiFi
データ容量無制限50~200GB
平均通信速度
(実測値)
200~300Mbps30~80Mbps

光回線の通信速度の平均は、実測値で200~300Mbps程度と非常に高速です。

光回線は環境が整えば、800Mbps近くまで速度が出ることもある一方で、ポケット型WiFiは30~80Mbps程度と非常に低速です。

これはポケット型WiFiが使用するモバイル回線が遅いためで、独自回線で通信速度が高速と言われるWiMAX+5Gでも、実質速度は平均で80Mbps程度です。

同時接続できる台数をポケット型WiFiと比較

光回線ポケット型WiFi
同時接続台数無制限5~30台程度

同時接続台数を比較すると、接続台数に制限のない光回線が優れています。

ポケット型WiFiは使用するルーターごとに推奨接続台数が決まっており、上限に近づくほど接続端末の通信速度が低下し、使用感が悪くなります

光回線も使用するWiFiルーターによって推奨接続台数は生じますが、通信回線自体による制限はなく、高速で大容量の通信によって多人数での利用をしっかりとカバーできます。

ポケット型WiFiから光回線へ切り替えた感想

ポケット型WiFiから光回線へ切り替えた感想

ポケット型WiFiの利用者が光回線へ切り替えて、通信の快適さに驚くケースは少なくありません。

筆者も過去にポケット型WiFiを固定回線代わりにしていたことがありますが、引っ越しを機に光回線に変えたところ、通信速度の速さや安定感が段違いなのに驚いた経験があります。

ふじもん
ふじもん

インターネットの快適さが2段階くらい違う感覚です。

特に違いを感じるのが通信の途切れなさで、ポケット型WiFiは周囲の環境を受けやすいため、ネットを使っている最中に常に「切れたらどうしよう」という不安感がありました。

しかし光回線はそのような心配がまったくなく、大人数で使用しても通信品質に影響が生じることはほぼありません。

動画視聴やオンラインゲーム、大容量ファイルの送受信など、自宅向けの用途で使用するなら、間違いなく光回線がおすすめです。

光回線を選ぶ際のポイント

光回線を選ぶ際のポイント

光回線を選ぶ際のポイントは3つです。

  • 対応エリア
  • 料金プラン
  • キャンペーン内容

それぞれ解説します。

対応エリア

光回線を選ぶ際のポイント:対応エリア

光回線を選ぶ際は、対応エリアに気をつけましょう。

光回線はサービスによってはエリアが全国に対応していないものがあります。

サービス利用回線提供エリア
フレッツ光フレッツ
回線
全国
ドコモ光などの
光コラボ
フレッツ
回線
全国
auひかり独自回線中部の一部・
関西・沖縄を除く
NURO光独自回線22都道府県のみ
光コラボとは

光コラボは「光コラボレーション」の略称で、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ回線を借り受けたプロバイダ事業者が、自社ブランドとして提供する光回線サービスです。

NTTドコモのフレッツ光や、フレッツ回線を使う光コラボサービスは全国に対応しているため、エリアの対応状況を気にする必要がありません。

けんた
けんた

また独自回線は提供エリア内でもマンションに設備として引き込まれてないケースが多々あります。

エリア対応の良さで選ぶなら、フレッツ光や光コラボがおすすめです。

料金プラン

光回線を選ぶ際のポイント:料金プラン

光回線によっては、基本料金と別にプロバイダ料金がかかります。

たとえば、フレッツ光は基本料金に加えてるプロバイダ料金を支払う必要がありますが、料金が高くなるうえ契約や支払いも複雑です。

こうじ
こうじ

フレッツ光の場合、500~1,000円程度のプロバイダ代を毎月支払う必要があります。

その点、プロバイダ一体型の光コラボなら、プロバイダ料金はかからないため料金体系はとてもシンプルです。

サービスによっては料金プランが単一のところもあり、シンプルでわかりやすいサービスを探している人にはおすすめです。

キャンペーン内容

光回線を選ぶ際のポイント:キャンペーン内容

光回線はサービスによってキャンペーンを実施しています。

公式によって行われるキャンペーンもあれば、代理店やプロバイダが独自に実施するものもあり、内容は様々です。

代理店によっては高額のキャッシュバックを行っており、実質料金が安くなることもあるので、契約前にキャンペーンの内容をしっかりと確認しましょう。

たかし
たかし

光回線の料金はキャッシュバックや料金の割引を含めて考えることで、正確な費用を比較できますよ。

ポケット型WiFiから切り替えるのにおすすめの光回線3選

ポケット型WiFiから切り替えるのにおすすめの光回線3選

ポケット型WiFiから光回線に切り替えるなら、お得で通信性能のよい光回線を選びましょう。

おすすめの切り替え先は3つです。

それぞれのサービス内容を詳しく解説します。

とくとくBB光

とくとくBB光
とくとくBB光戸建てプラン
工事費用26,400円
月額料金4,818円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
最大128,000円
とくとくBB光マンションプラン
工事費用25,300円
月額料金3,773円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
最大128,000円

とくとくBB光 は、契約期間の縛りが無い光回線です。

光コラボアワード2023で最優秀賞を受賞し、満足度や安心感の高いサービスとして注目されています。

とくとくBB光 がおすすめな理由
  • 光コラボアワード2023で最優秀賞受賞
  • 契約の縛りが無い
  • 工事費が実質無料になる
  • WiFiルーターがプレゼントされる
  • 高額なキャッシュバックがある

工事費が実質無料です。

またWiFiルーターのレンタルが0円で、3年以上利用するとプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

\当サイト限定キャンペーン/

当サイト限定キャッシュバック増額

詳しくはこちら

おてがる光

おてがる光
おてがる光戸建てプラン
工事費用22,000円
月額料金4,708円
最低利用期間なし
キャンペーン公式特典
+
当サイト限定特典
おてがる光マンションプラン
工事費用22,000円
月額料金3,608円
最低利用期間なし
キャンペーン公式特典
+
当サイト限定特典

おてがる光は、業界最安級の料金プランで、しかも契約期間のしばり(解約違約金)がありません。

おてがる光は、当サイトからの申し込みが、最も安くお得に契約できるようになっています。

おてがるネット特典
ファミリータイプ特別特典

(ファミリータイプ選択制)無線機ルータープレゼント・事務手数料無料

無線機ルータープレゼント・事務手数料無料

①無線機ルータープレゼント(IPv6対応ルーター)
②事務手数料3,300円無料
※2つの特典からいずれかを選択可能です。併用はできません。

基本料金4ヶ月無料

基本料金4ヶ月無料

開通初月を1ヶ月目とした4ヶ月目まで月額料金が無料になります。

毎月910円割引

毎月910円割引

開通初月を1ヶ月目として5ヶ月目から8ヶ月目まで毎月910円割引されます。

ファミリータイプ特別特典

(マンションタイプ選択制)無線機ルータープレゼント・月額割引650円×11ヶ月

無線機ルータープレゼント・月額割引650円×11ヶ月

①無線機ルータープレゼント(IPv6対応ルーター)
②月額650円割引が11ヶ月適用(7,150円割引)
※2つの特典からいずれかを選択可能です。併用はできません。

事務手数料無料

事務手数料無料

マンションタイプは事務手数料3,300円が無料になります。
※ファミリータイプの方はキャンペーンで選択したら適用されます。

公式特典(当サイト経由の申し込みも対象)

工事費22,000円 実質無料

工事費22,000円 実質無料

新規お申し込みは、初期・標準工事費の毎月分割払いと同額が割引されます。(2,000円/月×11ヶ月=22,000円分)
※分割払い期間中の解約時は残債の支払いが必要になります。

基本料金初月無料

基本料金初月無料

新規お申し込みは、月額料金が1ヶ月目最大3,608円割引されます。

「無線LANルーターレンタル」でIPv6オプションが永年無料

IPv6オプションが永年無料

「無線LANルーターレンタル」の申込で「IPv6オプション」(月額165円)が永年無料になります。

「U-NEXT for おてがる光」の新規契約でオプション料金が1ヶ月無料&1,000円分のポイントプレゼント

光回線と「U-NEXT for おてがる光」の同時申込で、「U-NEXT for おてがる光」の月額料金を最大2ヶ月無料&U-NEXT内で使える1,000円分のポイントをプレゼントされます。

「U-NEXT for おてがる光」を6ヵ月継続で4,000円分のデジタルギフトプレゼント

光回線と「U-NEXT for おてがる光」の同時申込後、開通初月を1ヶ月目とした6ヶ月目までの継続利用で4,000円分のデジタルギフトがプレゼントされます。

おてがる光テレビ同時申込で4,000円分のデジタルギフトプレゼント

光回線と「おてがる光テレビ」の同時申込後、開通初月を1ヶ月目とした6ヶ月目までの継続利用で4,000円分のデジタルギフトがプレゼントされます。

関連サービス同時申込でそれぞれ4,000円分のデジタルギフトをプレゼント

サービスの同時申込により、それぞれ4,000円分のデジタルギフト(デジコ)がプレゼントされます。
①「おてがるでんき」
②「おてがるガス」
③「ウォーターサーバー」

セット割:「おてがるでんき」セット契約

おてがる光の契約と「おてがるでんき」の対象プランを契約の場合「おてがるでんき」の料金を割引されます。


おてがるネット特典と公式特典の両方を適用させるには、本ページからの申し込みに限ります。

  • 本ページからお申し込みをすると自動的に適用されます。
  • おてがる光に新規入会し、回線新規開通することが適用条件です。
  • お申し込み内容の入力に不備があると適用外になります。
  • おてがる光の公式ホームページからお申し込みの場合は適用されません。
  • 転用もしくは事業者変更でおてがる光に乗り換える場合は適用されません。
ゆかり
ゆかり

当サイトから申し込むと、公式サイトよりお得に契約できます。

他サイトのキャンペーンと併用できないので注意してください。

おてがる光がおすすめな理由
  • 光回線人気ランキング1位
  • 通信速度が速い
  • 契約の縛りが無い
  • 当サイトはさらにお得に申し込みできる

おてがる光は、複雑なオプションに加入する必要がありません。

シンプルに光回線で一番安いので、自信を持っておすすめします。

ドコモ光

ドコモ光 51,000円キャッシュバック
ドコモ光戸建てプラン
工事費用無料
月額料金5,720円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円
ドコモ光マンションプラン
工事費用無料
月額料金4,400円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円

ドコモ光は、認知度が高い人気の光回線です。

ドコモ光がおすすめな理由
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド
  • スマホがドコモならセット割でお得に使える
  • 工事費無料
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがドコモなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

キャッシュバックも通常プランなら38,000円で、10ギガプランなら当サイト限定でオプション条件なしで51,000円がもらえます。

また高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンも実施しています。

ポケット型WiFiについてよくある質問

ポケット型WiFiのよくある質問

ポケット型WiFiに関するよくある質問と回答を紹介します。

ポケット型WiFiがやめとけと言われる理由は?
ポケット型WiFiがやめとけと言われる理由は4つです。
・データ容量が無制限じゃない
・通信速度が遅い
・料金が安くはない
・同時接続できる台数が少ない
ポケット型WiFiは光回線と比べてサービススペックが低いため、光回線が利用できるのであれば、あえてポケット型WiFiを選ぶ理由がありません。
>> ポケット型WiFiがやめとけと言われる理由を詳しく見る
ポケット型WiFiを使うべき場面は?
引越しや入院、外出先など、自宅外で短期的にインターネット回線が必要な場合は、ポケット型WiFiを使用するのもよいでしょう。
ただしポケット型WiFiは通信性能が高くはないため。光回線の方が快適に使えます。
メインのネット回線は光回線などを用意し、ポケット型WiFiはあくまで一時的な利用にとどめることをおすすめします。
>> ポケット型WiFiを使うべき場面を詳しく見る
ポケット型WiFiの代わりに選ぶべきおすすめのインターネット回線は?
おすすめのインターネット回線は光回線です。
通信速度が速く、毎月の通信容量に上限もないため、非常に快適に利用できます。
また月額料金もポケット型WiFiと比べて安いため、光回線が使えるなら光回線を優先して契約しましょう。
>> ポケット型WiFiの代わりに選ぶべきおすすめのインターネット回線を詳しく見る

まとめ

最後にポケット型WiFiがやめとけと言われる理由のおさらいです。

  • ポケット型WiFiはデータ容量に制限があり通信速度は低速で料金も安くないためおすすめできない
  • ポケット型WiFiを使うのは引っ越し時や外出先などの一時的な利用がメイン
  • 自宅向けなら高速かつデータ無制限で使える光回線が圧倒的におすすめ

ポケット型WiFiは利用を始めやすいという利点はありますが、通信性能では光回線に適いません。

インターネットを快適に使いたいなら、データ無制限で通信品質の高い光回線がおすすめです。

おてがるネット編集部がおすすめする光回線は3つです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の参考元