テレワークにおすすめの光回線は?在宅勤務に必要な通信環境を徹底解説

【PR】記事内に広告を含む場合があります

「テレワークにおすすめの光回線は?」
「在宅勤務に必要な通信環境は?」
「テレワークの注意点は?」

テレワークを始めるにあたり、自宅のネット環境に不安を感じていませんか?

どのくらいの性能があれば十分なのか分からず、ネット回線を乗り換えるにしても何に注意すべきかよく掴めていない人も多いでしょう。

ふじもん
ふじもん

テレワークにおすすめなネット回線は、光回線とホームルーターです。

安定した通信環境にしたい方は光回線を、すぐに使い始めたい人はホームルーターを選びましょう。

本記事ではテレワークにおすすめのインターネット回線について解説します。

テレワークに必要な通信速度の目安や、テレワークでの注意点などもあわせてお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのネット回線

テレワークに必要な通信速度の目安

テレワークに必要な通信速度の目安

テレワークに必要な通信速度の目安は、コミュニケーションの方法や仕事への関わり方で大きく変わります。

メールやチャット:1Mbps

バーチャルオフィスやリモートデスクトップ:5~10Mbps

ビデオ会議:10Mbps~30Mbps

ここでは求められる通信速度を用途ごとに見てみましょう。

メールやチャットは1Mbps

メールやチャットは1Mbps

メールやチャットに必要な通信速度は1Mbps程度です。

テキストデータを送受信するだけならもっと遅い通信速度でも十分ですが、動画や画像などを扱う場合は一定の速度がないと送受信に時間がかかってしまいます。

メールやチャットなどの利用が中心の場合でも、1Mbps程度の通信速度は確保しましょう。

けんた
けんた

光回線が普及した現在では、1Mbpsが出ないことはまずありえません。

インターネット回線に接続できれば、簡単に1Mbps以上は出ますよ。

バーチャルオフィスやリモートデスクトップは5~10Mbps

バーチャルオフィスやリモートデスクトップは5~10Mbps

バーチャルオフィスやリモートデスクトップの場合は、5~10Mbps程度の速度があれば十分でしょう。

リモートデスクトップはデスクトップ画面の映像を常時受信しますが、それほど高速な通信速度は必要ありません

またバーチャルオフィスも音声やチャットでのやり取りが中心であれば、通信速度はそこまで要求されません。

こうじ
こうじ

バーチャルオフィスでビデオ通話をよく行なう場合は、ビデオ会議と同様に10Mbps以上を確保しておくと安心です。

ビデオ会議は10Mbps~30Mbps

必要な通信速度の目安:ビデオ会議は10Mbps~30Mbps

ビデオ会議の場合は10Mps~30Mbps程度の通信速度が必要です。

映像だけのやり取りなら10Mbps未満でも十分可能ですが、会議中に大容量のファイルをやり取りするケースを考慮すると、通信速度には余裕があった方がよいでしょう

また多人数で会議を行う場合、自分の接続する通信の速度が十分でないと、自分の映像だけ途切れたり止まってしまうことがあるため、通信速度は余裕を持って確保しましょう。

テレワークなら光回線がおすすめ

テレワークに向いているか3つの回線を比較
光回線ホームルーターモバイル型Wi-Fi
メール・チャット
(速度目安:1Mbps)
通信速度は十分通信速度は十分通信速度は十分
バーチャルオフィス・
リモートデスクトップ
(速度目安:5~10Mbps)
通信速度は十分遅延が気になる可能性あり契約プランと使い方によっては
データ容量が不足する場合あり
ビデオ会議
(速度目安:10~30Mbps)
通信速度は十分遅延が気になる可能性あり契約プランと使い方によっては
データ容量が不足する場合あり

光回線、ホームルーター、モバイル型Wi-Fiの3つを比較した場合、最もテレワークに向いているのは光回線です。

通信速度が高速で容量無制限で利用できるため、使い方に左右されず安定して利用できます。

たかし
たかし

テレワークの環境を整えるなら、光回線がおすすめです。

ホームルーターも通信速度は高速ですが、天候や建物の影響で通信が不安定になりがちなのが難点です。

また映像でのやり取りを頻繁に行う場合は、映像と音声の遅延をストレスに感じることもあるかもしれません。

モバイル型Wi-Fiは月間のデータ容量に上限があるものが多く、短期間の通信容量によって速度制限が課される場合があるなど、テレワーク用の通信としてあまり向いていません。

テレワークにおすすめな光回線

テレワークに一番おすすめなのは光回線

光回線は容量無制限で通信速度も高速なため、インターネット回線のなかでは最もテレワークに向いています。

ここではテレワークにおすすめな光回線を3サービス紹介します。

テレワークにおすすめの光回線

詳しく解説します。

とくとくBB光

とくとくBB光
とくとくBB光戸建てプラン
工事費用26,400円
月額料金4,818円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
最大127,000円
とくとくBB光マンションプラン
工事費用25,300円
月額料金3,773円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
最大127,000円

とくとくBB光 は、契約期間の縛りが無い光回線です。

光コラボアワード2023で最優秀賞を受賞し、満足度や安心感の高いサービスとして注目されています。

とくとくBB光 がおすすめな理由
  • 光コラボアワード2023で最優秀賞受賞
  • 契約の縛りが無い
  • 工事費が実質無料になる
  • WiFiルーターがプレゼントされる
  • 高額なキャッシュバックがある

工事費が実質無料です。

またWiFiルーターのレンタルが0円で、3年以上利用するとプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

\【当サイト限定】最大127,000円もらえる/

当サイト限定高額キャッシュバック

詳しくはこちら

おてがる光

おてがる光
おてがる光戸建てプラン
工事費用22,000円
月額料金4,708円
最低利用期間なし
キャンペーン公式特典
+
当サイト限定特典
おてがる光マンションプラン
工事費用22,000円
月額料金3,608円
最低利用期間なし
キャンペーン公式特典
+
当サイト限定特典

おてがる光は、業界最安級の料金プランで、しかも契約期間のしばり(解約違約金)がありません。

おてがる光は、当サイトからの申し込みが、最も安くお得に契約できるようになっています。

おてがるネット特典
ファミリータイプ特別特典

(ファミリータイプ選択制)無線機ルータープレゼント・事務手数料無料

無線機ルータープレゼント・事務手数料無料

①無線機ルータープレゼント(IPv6対応ルーター)
②事務手数料3,300円無料
※2つの特典からいずれかを選択可能です。併用はできません。

基本料金4ヶ月無料

開通初月を1ヶ月目とした4ヶ月目まで月額料金が無料になります。

毎月910円割引

毎月910円割引

開通初月を1ヶ月目として5ヶ月目から8ヶ月目まで毎月910円割引されます。

工事費22,000円 実質無料

工事費22,000円 実質無料

新規お申し込みは、初期・標準工事費の毎月分割払いと同額が割引されます。(2,000円/月×11ヶ月=22,000円分)
※分割払い期間中の解約時は残債の支払いが必要になります。

ファミリータイプ特別特典

(マンションタイプ選択制)無線機ルータープレゼント・月額割引650円×11ヶ月

無線機ルータープレゼント・月額割引650円×11ヶ月

①無線機ルータープレゼント(IPv6対応ルーター)
②月額650円割引が11ヶ月適用(7,150円割引)
※2つの特典からいずれかを選択可能です。併用はできません。

事務手数料無料

事務手数料無料

マンションタイプは事務手数料3,300円が無料になります。
※ファミリータイプの方はキャンペーンで選択したら適用されます。

基本料金初月無料

基本料金初月無料

新規お申し込みは、月額料金が1ヶ月目最大3,608円割引されます。

公式特典(当サイト経由の申し込みも対象)

工事費22,000円 実質無料

工事費22,000円 実質無料

新規お申し込みは、初期・標準工事費の毎月分割払いと同額が割引されます。(2,000円/月×11ヶ月=22,000円分)
※分割払い期間中の解約時は残債の支払いが必要になります。

「無線LANルーターレンタル」でIPv6オプションが永年無料

IPv6オプションが永年無料

「無線LANルーターレンタル」の申込で「IPv6オプション」(月額165円)が永年無料になります。

「U-NEXT for おてがる光」の新規契約でオプション料金が1ヶ月無料&1,000円分のポイントプレゼント

光回線と「U-NEXT for おてがる光」の同時申込で、「U-NEXT for おてがる光」の月額料金を最大1ヶ月無料&U-NEXT内で使える1,000円分のポイントをプレゼントされます。

「U-NEXT for おてがる光」を6ヵ月継続で4,000円分のデジタルギフトプレゼント

光回線と「U-NEXT for おてがる光」の同時申込後、開通初月を1ヶ月目とした6ヶ月目までの継続利用で4,000円分のデジタルギフトがプレゼントされます。

おてがる光テレビ同時申込で4,000円分のデジタルギフトプレゼント

光回線と「おてがる光テレビ」の同時申込後、開通初月を1ヶ月目とした6ヶ月目までの継続利用で4,000円分のデジタルギフトがプレゼントされます。

関連サービス同時申込でそれぞれ4,000円分のデジタルギフトをプレゼント

サービスの同時申込により、それぞれ4,000円分のデジタルギフト(デジコ)がプレゼントされます。
①「おてがるでんき」
②「おてがるガス」
③「ウォーターサーバー」

セット割:「おてがるでんき」セット契約

おてがる光の契約と「おてがるでんき」の対象プランを契約の場合「おてがるでんき」の料金を割引されます。


おてがるネット特典と公式特典の両方を適用させるには、本ページからの申し込みに限ります。

  • 本ページからお申し込みをすると自動的に適用されます。
  • おてがる光に新規入会し、回線新規開通することが適用条件です。
  • お申し込み内容の入力に不備があると適用外になります。
  • おてがる光の公式ホームページからお申し込みの場合は適用されません。
  • 転用もしくは事業者変更でおてがる光に乗り換える場合は適用されません。
ゆかり
ゆかり

当サイトから申し込むと、公式サイトよりお得に契約できます。

他サイトのキャンペーンと併用できないので注意してください。

おてがる光がおすすめな理由
  • 光回線人気ランキング1位
  • 通信速度が速い
  • 契約の縛りが無い
  • 当サイトはさらにお得に申し込みできる

おてがる光は、複雑なオプションに加入する必要がありません。

シンプルに光回線で一番安いので、自信を持っておすすめします。

ドコモ光

ドコモ光 51,000円キャッシュバック
ドコモ光戸建てプラン
工事費用無料
月額料金5,720円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円
ドコモ光マンションプラン
工事費用無料
月額料金4,400円
最低利用期間2年
キャンペーン※当サイト限定特典
オプション条件なし
51,000円

ドコモ光は、認知度が高い人気の光回線です。

ドコモ光がおすすめな理由
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド
  • スマホがドコモならセット割でお得に使える
  • 工事費無料
  • WiFiルーターが0円でもらえる

スマホがドコモなら、毎月1,100円割引されるスマホ割が適用されます。

キャッシュバックも通常プランなら38,000円で、10ギガプランなら当サイト限定でオプション条件なしで51,000円がもらえます。

また高性能WiFiルーターが0円でもらえるキャンペーンも実施しています。

\週末限定のキャッシュバック増額/

当サイト限定企画

キャンペーン実施中。詳しくはこちら

テレワークに光回線を使う注意点

テレワーク用に光回線を使う注意点

テレワーク用に光回線を使う際の注意点は3つです。

  • 開通工事が必要
  • 10ギガは必要ない
  • セキュリティ対応のルーターを選ぶ

それぞれ確認していきましょう。

開通工事が必要

注意点①:開通工事が必要

光回線を利用するには開通工事が必要です。

光回線に申し込んでから実際に工事が着工されるまで、数週間から1ヶ月以上かかることもあるため、申し込みは早めに行いましょう。

注意

2~4月、7~8月、年末年始などの時期は、引っ越し件数の増加にともない光回線の工事依頼も急増します。

光回線の種類によっては2ヶ月以上待つこともあるため、なるべく早めに契約をしましょう。

また光ファイバーケーブルが通っていない状況から新規に利用を始める場合は、屋外工事と屋内工事の両方を行う場合があります。

作業員が現地に訪れる「派遣工事」を行うため、工事終了まで立ち会いが必要です。

賃貸住宅などでは、以前使われていた設備が残されていることもあり、利用できる場合はNTTの局内工事だけを行う「無派遣工事」だけで終わるため、立ち会いは不要です。

内容
派遣工事建物に作業員が訪れて光ファイバーケーブルの引き込みや光コンセントの設置などを行う。
工事には原則立ち会いが必要。
無派遣工事NTTの局内工事だけて終わるため、作業員が現地には訪れない。立ち会いも不要で、申し込みから工事までの期間も比較的早い。

開通工事は建物の状態を一部変更します。

場合によっては壁面などに加工を加えることもあるため、賃貸住宅の場合は大家や管理会社の許可が必要です。

ひろみ
ひろみ

大家や管理会社に無断で工事を実施するとトラブルに発展しかねません。

必ず事前に許可を得ておきましょう。

10ギガは必要ない

注意点②:10ギガは必要ない

光回線によっては10Gbpsもの超高速プランの提供を開始していますが、ほとんどの場合は必要ありません。

家庭用としての一般的な利用の範囲では1Gbps程度のプランで十分で、10Gbpsもの通信速度は完全にオーバースペックです。

また10ギガプランの提供はエリアも限られていることが多く、市販されている家庭用のルーターでは性能が追い付かず、通信速度を十分引き出せないことも少なくありません。

▼対応エリア(戸建て)

提供エリア
NTT
東日本
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
NTT
西日本
大阪府、和歌山県、京都府、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県

▼対応エリア(マンション)

提供エリア
NTT
東日本
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
NTT
西日本
大阪府、京都府、愛知県、静岡県、岐阜県
ゆかり
ゆかり

せっかくの10Gbpsなのに期待するほどの速度が出ず、体感上も1Gbpsとさほど変わらないこともあります。

現状では、通常プランよりも料金の高い10ギガプランをおすすめできる理由はほぼありません。

セキュリティ対応のルーターを選ぶ

注意点③:セキュリティ対応のルーターを選ぶ

使用するルーターは、高いセキュリティ性能の製品を選びましょう。

具体的には、WPA3に対応したルーターがおすすめです。

Wi-Fiルーターの使用する暗号化の規格にはいくつか種類があり、最新のものほどセキュリティ性能が高くなっています。

規格名説明
WEP最初期の暗号化規格。
脆弱性が高く現在ではほとんど使われていない。
WPAWEPの次の暗号化技術。
WEPの脆弱性が改善されているが、根本的な解決に至っておらず脆弱性が残る。
WPA2WPAの脆弱性を解決する目的で作られた暗号化技術。
米国政府も採用する暗号化方式「AES」を使用しているが、2017年に新たな脆弱性が発見された。
WPA3WPA2の脆弱性を解決する目的で新たに作られた暗号化技術。
現在一般向けのWi-Fiルーターで採用されている規格ではWPA3が最新。

反対に、古い暗号化規格はすでに脆弱性が発見されており、セキュリティの面で不安が残ります。

自宅のWi-Fiルーターの暗号化規格を確認し、古い規格にしか対応していない場合は最新の製品に買い換えましょう

けんた
けんた

どういったかたちで情報漏洩のリスクが潜んでいるか事前には分かりません。

社外秘の情報はもちろん、顧客情報などの保護のためにも、テレワークのセキュリティ対応はしっかりと行いましょう。

ホームルーターでもテレワークはできる?

ホームルーターでもテレワークはできる?

ホームルーターでもテレワークは可能です。

通信速度や安定性は光回線よりも劣りますが、自宅に光回線が引けない場合や、すぐにネット環境が必要な人には特におすすめです。

テレワークにおすすめのホームルーター

ここではテレワークにおすすめのホームルーターを紹介します。

ドコモhome5G

ドコモ home5g
home5G当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金4,950円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
20,000円

ドコモhome5Gは、コンセントに挿すだけですぐ使えるWiFiの中で一番人気です。

ドコモhome5G がおすすめな理由
  • ホームルーター人気ランキング1位
  • 通信速度が速い
  • 契約の縛りが無い
  • 本体代金が実質無料になる
  • 日本最大の通信会社ドコモブランド

home5Gは、ドコモが提供するホームルーターサービスです。

通信速度も速く、口コミ評判が良いので、自信を持っておすすめします。

\限定企画・当サイトだけ!20,000円もらえる/

ドコモhome5G

詳しくはこちら

WiMAX 5G

wimax 5g
WiMAX5G当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金3,762円
最低利用期間3年
キャンペーンキャッシュバック
最大57,000円

WiMAX 5Gの最新ホームルーター「ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L13」を一番安く契約できます。

WiMAX 5G がおすすめな理由
  • 料金が一番安い
  • 通信速度が速い
  • 本体代金が実質無料になる
  • キャッシュバックが高額

WiMAX 5G はコンセントに挿すだけですぐ使えるWiFiの中でコスパが良いと評判です。

\週末限定のキャッシュバック増額/

当サイト限定企画

キャンペーン実施中。詳しくはこちら

5G CONNECT

5g connect
5G CONNECT2年契約プラン
工事費用無料
月額料金4,500円
最低利用期間2年
キャンペーン30日間お試し
モニター
5G CONNECT縛りなしプラン
工事費用無料
月額料金5,250円
最低利用期間なし
キャンペーン30日間お試し
モニター

5G CONNECTの料金プランは「2年契約プラン」と「縛りなしプラン」の2種類です。

機種はモバイルタイプの「Speed Wi-Fi 5G X12」とホームタイプの「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」が選べます。

5G CONNECTがおすすめな理由
  • 契約期間のしばりが無いプランがある
  • WiMAX 5G回線に対応しているので通信速度が速い
  • レンタル型なので、本体代金が無料
  • 30日間お試しできるので、失敗する可能性が低い

WiMAX 5G はコンセントに挿すだけですぐ使えるWiFiの中でコスパが良いと評判です。

とくとくBBホームWiFi

とくとくBBホームWiFi
とくとくBB
ホームWiFi
当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金4,928円
最低利用期間なし
キャンペーンキャッシュバック
最大104,000円

とくとくBBホームWiFiは、最新機種「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」を利用可能で、最大通信速度は4.2Gbpsと非常に高速です。

とくとくBBホームWiFi がおすすめな理由
  • WiMAX 5G回線に対応しているので通信速度が速い
  • 当サイト限定で30,000円以上キャッシュバックが増額される
  • もしとくとくBB光に変更したくなったら、違約金や端末残債が無料でアップグレードできる


とくとくBBホームWiFiは、好きなタイミングでとくとくBB光に無料でアップグレードできます。

大手のGMOインターネットが運営しているので評判が良く安心して利用して良いでしょう。

そもそも、とくとくBBホームWiFiの通常の公式サイトはキャッシュバック72,000円ですが、当サイトは特別でキャッシュバック104,000円と3万円以上もキャッシュバック金額が増額されるので、申し込むならいまがチャンスです!

Rakuten Turbo 5G

Rakuten Turbo
Rakuten Turbo当サイト限定
工事費用工事無し
月額料金4,840円
最低利用期間なし
キャンペーン・月額料金6ヵ月無料
・2万円相当ポイント還元

Rakuten Turboは楽天モバイルが提供するコンセントに挿すだけですぐ使えるWiFiです。

Rakuten Turbo がおすすめな理由
  • キャンペーンで6ヵ月間は月額料金が無料になる
  • 楽天モバイルとセット利用で2万円相当のポイント還元がある
  • 5G通信に対応している
  • 工事不要ですぐインターネットが使える

Rakutenから2023年1月26日に提供開始になったホームルーター「Rakuten Turbo」は、他社のホームルーターと同様に5G通信に対応しています。

楽天ブランドが好きな人におすすめしたいホームルーターです。

テレワーク用にホームルーターを使う注意点

テレワーク用にホームルーターを使う注意点

テレワーク用にホームルーターを使う際の注意点は3つです。

  • 容量が無制限で使える
  • 5Gは対応エリアでしか繋がらない
  • 持ち運びはできない

それぞれ解説します。

容量が無制限で使える

ホームルーターは容量無制限で通信できますが、短期間での通信量が一定の基準を超えると速度制限がかかる場合があります。

速度制限の有無はサービスごとに異なるので、契約をするなら速度制限が実施されず、完全に容量無制限で通信できるホームルーターを選びましょう。

サービスdocomo home5GWiMAX 5GSoftBank AirRakuten Turbo
端末
イメージ
ドコモ home 5G HR02wimax5g l12Airターミナル5rakuten turbo 5g
データ
容量
無制限無制限無制限無制限
速度
制限
3日間の
通信量
で実施
一定期間内の
通信量で実施
通信状況
で夜間帯
に実施
混雑する
時間帯
に実施
けんた
けんた

速度制限は必ず実施されるわけではありません。

ドコモ home 5Gのように、速度制限をうたっていても、実際には制限が実施されたことのないものもあります。

5Gは対応エリアでしか繋がらない

注意点:5Gは対応エリアでしか繋がらない
ドコモの5G対応エリア

5Gは高速で大容量かつ低遅延の通信が可能で、多数接続にも対応した次世代の通信規格です。

最新のホームルーターは5G通信に対応しており、5G回線に接続することで光回線以上の高速通信が可能ですが、5Gはまだ都市部を中心とした一部のエリアでしか対応しておらず、エリア外では接続できません

自宅が5Gのエリア外の場合、5G通信は利用できないことは頭の片隅に入れておきましょう。

持ち運びはできない

注意点:持ち運びはできない

ホームルーターは機器をコンセントに接続して使うため、持ち運んでの利用はできません。

また一部のホームルーターを除き、登録した特定の住所でしか利用できないことが利用規約で定められており、登録外の住所で利用した場合は強制的に利用を停止されるほか、最悪の場合は強制解約されることもあります。

外出先に持ち出しての利用はできないため、注意してください。

ゆかり
ゆかり

引越しの場合は住所変更の手続きで対応できますが、頻繁な変更はできません。

外出先でもテレワークするならモバイルWiFiも検討

外出先でもテレワークするならモバイルWiFiも検討

外出先でもテレワークがしたいなら、モバイルWi-Fiを検討しても良いでしょう。

ただし、通信速度はそれほど速くなく、通信容量も光回線やホームルーターに比べると劣ります

月額料金も安くないため、コストパフォーマンスが優れているとは言えません。

こうじ
こうじ

特に通信容量の少ないプランは通信容量あたりの料金が割高です。

一時的に利用するだけなら、モバイルWi-Fiの短期レンタルサービスやスマホのテザリング機能などでも十分間に合います。

カフェやホテルなどはWi-Fiが完備されているケースも多いので、契約する際は利用環境をよく確認のうえで決めましょう。

テレワークにおすすめのネット回線についてよくある質問

テレワークにおすすめのネット回線についてよくある質問

テレワークにおすすめのネット回線によくある質問に回答します。

テレワークに必要な通信速度の目安は?
テレワークに必要な通信速度の目安は作業内容によって異なります。
・メールやチャットは1Mbps
・バーチャルオフィスやリモートデスクトップは5~10Mbps
・ビデオ会議は10Mbps~30Mbps

上記未満の速度でも快適に操作可能な場合もありますが、作業内容や接続人数によっては速度低下が気になる場合もあります。
極端に速い通信速度までは不要ですが、ある程度の負荷の増加も想定して、余裕のある通信環境を用意しましょう。
>> テレワークに必要な通信速度の目安を詳しく見る
テレワークに一番向いているインターネット回線は?
光回線、ホームルーター、モバイル型Wi-Fiのなかで一番テレワークに向いているのは光回線です。
定額制で速度が速く、通信も安定しているので安心して利用できます。
次点で向いているのがホームルーターですが、光回線よりも安定感にやや欠けるのが難点です。
モバイル型Wi-Fiは使用できる毎月のデータ容量が決まっている場合が多く、通信量の多いテレワークにはあまり向いていません。
>> テレワークに向いているインターネット回線を詳しく見る
テレワーク用に光回線を使う際の注意点は?
テレワークで光回線を使う際は次の点に気をつけましょう。
・開通工事が必要
・10ギガは必要ない
・セキュリティ対応のルーターを選ぶ

光回線は開通工事が必要な場合があり、申し込んでから利用開始までに1ヶ月以上かかることがあります。
すぐに利用できるわけではないためなるべく早めに申し込みましょう。
また通信速度は1~2ギガの回線で十分ですが、情報漏洩を起こさないよう、セキュリティがしっかりとしたルーターを選びましょう。
>> テレワーク用に光回線を使う際の注意点を詳しく見る

まとめ

最後にテレワークにおすすめのネット回線のおさらいです。

  • テレワークに必要な通信速度は用途によって異なるが30Mbpsあれば十分
  • テレワークに一番向いているのは光回線
  • 光回線は開通工事まで数週間~1ヶ月程度かかるため利用の開始が遅くなりがち
  • ホームルーターでもテレワークが可能だが速度制限に注意
  • 外出先でのテレワークはモバイルWi-Fiの短期レンタルやテザリングの利用を検討する

安定したテレワーク環境を整えたいのであれば、光回線がもっともおすすめです。

通信速度が高速で通信も安定しているので、導入可能であれば、光回線を選択しましょう。

おてがるネット編集部では、3つの光回線をおすすめします。

建物の都合で光回線が導入できない場合や、すぐにインターネット回線を使いたいのであれば、ホームルーターを検討しましょう。

開通工事が不要なので、家に届き次第すぐに使えますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。